ししとうの育て方

 はてなブックマークに追加

ししとうの育て方はプランターでも露地でも簡単!ししとう栽培はコツさえ知っていれば上手に収穫まで辿りつけます。初心者でも安心、ししとうの育て方を丁寧にレクチャー。家庭菜園で立派なししとうを育てましょう!

ししとう育て方と栽培のコツ

シシトウ栽培
難易度★☆☆☆☆

シシトウはナス科の野菜で正式名は獅子唐辛子と言い、実の先端部分が獅子の頭に見える事から「ししとう」と呼ばれています。

トウガラシを略してししとうと呼び、原産地は南アフリカで高温に強い夏野菜。ししとうガラシは品種改良されたトウガラシの甘味種で丈夫で育てやすい品種のひとつです。

どの品種でも基本的な育て方は同じですが、環境や天候(雨)などによって辛さが変わることがあります。辛みが苦手な方は甘長など辛みを抑えた品種を育てると良いでしょう。

ししとうはビタミンCやカロチン・ビタミンEなど抗酸化作用の強い栄養素多く含む健康野菜。匂いの成分であるピラジンは血液をサラサラにし、脳梗塞や心筋梗塞の予防に良いとされています。

このページの目次
植え付け時期
育て方のポイント
種から育てる
苗の植え付け方
支柱の立て方
水やりと追肥のタイミング
収穫時期
病害虫対策

 
 

ししとうの栽培カレンダー

ししとうの種蒔きは2月上旬~3月中旬。
苗の植付時期は4月下旬~6月上旬
収穫時期は6月下旬~10月中旬頃まで。
ししとう植え付け収穫カレンダー
種から植える時は2月上旬~3月中旬頃に種まきを行います。種から植える時は育苗箱に種を撒き、発芽後にポットに移し替えて定植までの間育てましょう。

種から植えた時は定植までおよそ70日~80日ほど。初心者は良い苗を育てることが難しいので、市販の苗から育てると上手に育てられます。
 

ししとうを上手に育てるポイント!

  • ししとうの生育適温は22~30℃で、高温にはかなり強い。
  • ししとうは次々と実がなります。実に養分を取られて株が疲れない為に早期収穫を心掛けましょう。
  • 水不足や肥料切れになると辛みが出てしまうので注意しましょう。
  • ししとうの根は浅く張り出す為、土壌の乾燥には注意が必要です。
  • ナス科とウリ科の野菜との連作障害があります。最低でも3年は間隔を空けましょう。
  • ししとうの花は雨に当たると落花してしまうため、軒下などの雨に当たらない場所で育てるのがポイントです。
 
 
 

プランターサイズと土づくり

ししとう栽培に使うプランターの大きさ

ししとう栽培に適したプランターサイズは標準タイプ以上(60㎝~)がおすすめ。

ししとうは根を浅く張る野菜で加湿を嫌うため、深型のプランターで育てましょう。

シシトウの土作り(畝立て)

ししとう栽培の土作り(畝作り)

ししとうの苗を植える約2週間前に土づくりを済ませておきましょう。

苗と苗の株間は約40㎝以上とし、苗は浅植えするようにしましょう。植え付け後はたっぷりと水やりを行ってください。

ししとうの栽培用土は市販の培養土を利用するのが簡単ですが、自分で作る時は
赤玉土6:腐葉土3:バーミキュライト1それに石灰を用土10ℓ当たり10gと化学肥料を用土10ℓ当たり10~30gを混ぜ合わせた物を用意しましょう。

露地栽培でししとうを育てる時は、植え付けの2週間前に苦土石灰を100g/㎡、植え付けの1週間前に堆肥2㎏/㎡・化成肥料100g/㎡を畑の前面にまいて良く耕しておきます。

畝幅70~80㎝、畝高10~15㎝、株間は45㎝以上は確保しましょう。

ししとうのプランター栽培

ししとう栽培では水はけを良くするために、メッシュ付きのプランターか網に入れた発泡スチロールを底が見えない程度まで敷き詰めてやります。

その上はウォータースペースを残し、鉢の8分目程度まで土を入れます。
 

ししとうの種まき(種から育てる)

ししとうを直まきする時のコツ

ししとうを直まきする場合は、育苗箱に種を撒いて発芽してからポットに移し替えて一番花が咲くまで苗を育てます。

種から植える場合は植え付け可能まで70日以上かかるため、マルチングをしっかり行い、土の湿度と温度の管理を徹底して行いましょう。

ししとうの苗の植え付けは中間地で4月下旬以降なので、2月下旬から3月上旬が種まき適期となります。

セルトレイに培養土を入れくぼみをつけて種を一粒ずつまき覆土しておきます。

種蒔き後は水をたっぷりと与え、日中の気温は25~30℃、夜間の気温は15℃以上で温度管理をして下さい。

3月中旬から下旬に本葉が出たら3号以上のポットに植え替えを行いそのまま植え付け時期まで育てましょう。
 

ししとうの良い苗の選び方

ししとう良い苗の選び方

ししとうの苗の選び方のコツは、色艶の良い本葉が10枚程度の節間が詰まっていて全体ががっちりしていて茎が太いものが良い苗です。

その中でも一番花が付いた苗を選ぶのがポイント。早くに売り出されている苗は一番花が咲いていない事があるので、すぐには植え付けず1廻り大きなポットで一番花が咲くまで育ててから定植しましょう。
 

ししとうの苗の植え付け

ししとうの苗を定植する時のコツ

ししとうの苗を定植する時は予めポットより少し大きめの植え穴を空けて置いて、苗の根元を指で挟み根鉢が崩れないように丁寧に植え付けましょう。

苗と苗の株間はプランターでは約20cm以上、露地では30㎝以上空けて、苗は浅植えにしましょう。植え付けた後に周辺の土を株元に寄せて株の根元を手で軽く抑えてやります。

植え付けは晴れた日の午前中に行うと根が上手く定着します。植え付け後は根付くまでの間は仮支柱を立ててたっぷりと水やりを行ってください。
 
 

ししとうの水やり頻度と与える量

ししとうの水やり頻度(灌水)と与える量

ししとうは乾燥に弱く水分を多く必要とする野菜です。用土の表面が乾いた時にたっぷりと水を与えるようにしましょう。

ししとうは水やりの回数を増やすよりも一度の水やり時に多めに与えるほうが効果的です。

気温が上がる夏場だけは朝と夕方の合計2回の水やりを行います。ししとうは水やりの回数が少なすぎると実が辛くなってしまうので注意しましょう。
 

ししとうの追肥の頻度と与える量

ししとうの追肥のタイミングししとうは1番果が付いた時に第1回目の追肥を施してやりましょう。

次の果実がつき始めたら、2週間に1回、1株当たりに化成肥料を5g程度を株の周辺にパラパラっと撒くようにして与えましょう。

ししとうの1回あたりの肥料の量プランターで育てる場合は水やりを兼ねて週に1回薄めの液肥を与えるのも効果的です。

ししとうの収穫期間は6月~10月下旬までと長く、途中で肥料切れを起こしてしまうと辛みも増してしまうため、肥料切れにならない様にしっかりと追肥を行いましょう。

窒素分が多い肥料を追肥で与えると草勢が強くなり過ぎてしまって葉が必要以上に茂ってしまいます。実がなりだしたら窒素分の少ないぼかし肥料を使うようにしましょう。
 

ししとうの支柱の立て方

ししとうの苗は茎が弱いので、支柱立ては植え付け時に行います。長さは1m程度の支柱を垂直または合掌式にして立てます。

支柱を立てた後は、麻ひもなどで茎を軽く支柱に結んでやりましょう。支柱と茎を結ぶときに注意することは、結び目を支柱側にすることです。
 

ししとうの摘心と管理

ししとうの摘心と整枝のやり方

株間がせまいプランター栽培では主枝1本と一番花の上下の枝を2本残し3本立てとします。

その先は花の部分でどんどん枝分かれしていきますが、込み合っている葉のみ切り取り、枝は残して構いません。

ただし、一番花が付いたところから下に出るわき芽はすべて小さなうちに摘み取るようにします。そのまま伸ばしてしまうと害虫発生の原因となります。
 
 

ししとうの収穫時期

ししとうの収穫適期

ししとうの収穫時期は開花から約2週間後で、実の大きさが5~7cm程度の時が収穫のタイミングです。株を疲れさせないように早めの収穫を心掛けましょう。

ししとうはヘタの部分をハサミで切って収穫します。尚、1番果は残しておくと株が弱りますので忘れずに切取りましょう。
 
 

ししとう栽培まとめと病害対策

ししとうは高温性の野菜です。気温が十分に上がってから植える方が簡単に育てられます。出来ればすぐに植え付けできる1番花が咲いている苗を購入するのがベストです。

日当たりの良い場所で育て、株元の枝葉が込み合ってきたら摘葉して風通しと日当たりを良くしてあげましょう。辛みを抑えるために水と肥料切れを起こさないように注意しましょう。

ししとうの病気対策

ししとうには連作障害があります。ウリ科、ナス科を植えた畑に3~4年は空けるようにしましょう。連作すると病気にかかりやすくなります。

ししとうに発生しやすい病気はモザイク病です。モザイク病の対策法ですが、モザイク病はアブラムシが菌を運んでくるためアブラムシ類を見つけたら早めに除去しましょう。

病気の詳しい予防対策はこちら

ししとうの害虫対策

ししとうを栽培する時に発生しやすい害虫はハダニです。ハダニはししとうの葉の裏に住み着き葉の養分を吸ってしまうため、葉に白い斑点が現れます。そのまま放っておくと繁殖し全体に広がってしまいます。

対策ですが、定植時に粒剤を施したり、発生初期に薬剤を散布して駆除します。マルチなどを設置して飛来を防ぐのも有効です。
 

 
野菜の育て方(果菜類一覧)へ
簡単野菜作りVegetablesBeginnersGuide!
 
 はてなブックマークに追加
 

ししとうの苗


ししとう良い苗の選び方ししとうは病害虫に強く丈夫な野菜なので、どの品種でも比較的簡単に育てることが出来ます。

ただし、ししとうを種から育てる時は育苗期間がかなり長いので、初心者は苗から購入して育てると収穫まで上手く辿りつけます。

ししとうの苗を楽天市場で探す(クリック)

ししとうの苗をamazonで探す(クリック)

 
 
 
copyright© 家庭菜園で簡単野菜作り
 all rights reserved.