ベト病の症状と対策

  はてなブックマークに追加

べと病の症状と対策

ベト病は葉に褐色の病班ができて放っておくと茶色くなってカサついた感じで枯れてしまいます。

見た目は写真のように太陽で葉っぱが焼けてしまったような感じになります。

ベト病は糸状菌というカビの一種が原因起こる病気で、昼夜の温度格差が大きい3月~4月と10月~11月頃の夜間の湿度が高い(85%以上)で、気温が15~20度の頃に発生しやすくなる病気です。

菌は風などで飛んできて葉の裏面の気孔から感染します。発生しやすい春と秋の日没前の水やりが多い時に発生しやすくなります。ベト病にかかりやすい野菜はキュウリ・ほうれん草・スイカ・タマネギ・ネギ・大豆・レタス・キャベツ・ダイコン・春菊などです。
 
 

ベト病の治療法

ベト病の治療は比較的簡単ですが、それでも放っておくとどんどん被害が広がってしまいます。

ベト病の発生を確認したらあわてずに、発生が初期で症状が軽い場合はまずは症状が出た葉っぱだけをちぎって様子をみて下さい。ただし、ベト病の原因になるカビの胞子が風などで飛んでしまえば広がってしまいますので少しでも枯れ始めた葉っぱも必ず除去するようにしましょう。

除去する葉っぱが多い時は人力での治療は困難です。惜しいかもしれませんが次のステップに進んで被害を最小限に食い止めましょう。


発病した葉を処分してしばらく様子を見てもベト病の症状が株全体に広がる場合は、病気が広がらないように出来るだけ早いうちにベト病の市販薬剤を使う方が本来はベストです。


しかし、せっかく家庭菜園で育てるならば出来る限りは使用したくないのが本音だと思います。軽症のベト病なら1週間おきくらいに木酢液や酢を水で薄めたものマシン油とニンニクを混ぜた液を散布すると症状が消える事がありますので試してみて下さい。


さらに被害がひどくなった場合には薬剤散布をしないとすべての株が来れてしまう結果になってしまいます。薬剤を使うのは少し気が引けるかもしれませんが、他の株を守るためにも人体に被害の少ない薬材もたくさん市販されていますから利用することも検討してみて下さい。ベト病にかかった時は薬は葉裏を中心に散布する事が大切です。

 
 

おすすめの治療薬(手作り・市販品)

ベト病を直す薬剤(手作り・市販品)を紹介します。手作りの治療薬は作り方も記載してありますので、どうしても薬剤を使いたくない場合は試してみて下さい。

ただし初心者の場合は気づかぬうちに被害が拡大する事が良くあります。近頃では人体への被害の少ないベト用治療薬もたくさんありますので、家庭菜園に慣れるまでは市販の治療薬の利用も検討ましょう。
 
 

酢を薄めた液(+とうがらし・鷹の爪)

治療効果 ★
30倍~50倍に水で薄めて葉にかけます。初期段階なら予防効果は高く薬剤に抵抗がある方は利用してみて下さい。芽が出始めてから2週間に1回程度吹きかけることで予防効果もあります。ただし匂いが相当きついので近所への配慮が必要です。葉の表も裏も、液がしたたるくらいに吹きかけて下さい。
 

木酢液(+とうがらし・鷹の爪)

治療効果 ★★
木酢液は先ほどの酢比べると効果は薄いですが、500倍に薄めてとうがらしを漬け込みます。発生初期なら吹きかけるとやはり効果があり予防効果もあります。葉の表も裏も木酢液がしたたるくらいにしっかり吹きかけて下さい。ベト病の症状がひどい時は20倍で散布すると効果が高まります。
 

マシン油とにんにくの薬

治療効果 ★★★
にんにく20g、マシン油小さじ0.5杯、石鹸2.5g、水250cc良く洗ったニンニクをみじん切りにし、マシン油を入れて24時間漬け込みます。その後、水に石鹸を溶かしたものを混ぜ合わせコーヒーペーパーなどで濾します。3、4日おいておいて50~100倍に薄めます。ただしマシン油は農薬の1種です。マシン油は一部の園芸店に行くと販売されていることがあります。
 
カダンセーフ
治療効果 ★★★★ (安全性情報はこちら)
カダンセーフ 900ml」はヤシ油とでんぷんから作られた、人と自然にやさしい薬剤です。食品成分のソルビタン脂肪酸エステルが虫や菌を退治。うどん粉病の原因菌だけでなく他の病気の菌・虫・ダニを同時に除去してくれます。成分はすみやかに分解して野菜に残りにくいため収穫前日まで使えます。送料無料のアマゾン楽天 で安く購入出来ます。
 
 
 
  はてなブックマークに追加
 
野菜が掛かる病気の一覧へ戻る
 
簡単野菜作りVegetablesBeginnersGuide!
 
 
 
copyright© 家庭菜園で簡単野菜作り
 all rights reserved.