本文へスキップ

野菜害虫

家庭菜園で発生する害虫対策

家庭菜園で困る問題が害虫の発生ではないでしょうか。害虫はどこからともなく飛来して大事に育てた野菜の幼苗や収穫前の大切な実を食い荒らすなどします。ここでは家庭菜園で良く発生する害虫の種類と対策にについて説明します。





害虫の発生を抑えるには原因の排除と早期発見が大切です。

野菜に発生する害虫の駆除と対策害虫からの被害を防ぐと一言で言っても、どこからともなく飛来する害虫をどのように対策すればよいのでしょうか。頭の痛いところですね。

害虫対策としては「害虫の発生を防ぐ環境」を作ることが大切な事です。


害虫対策と言うと寒冷紗などのネットを掛けるという方法を思いつくかもしれませんが、その他にも害虫対策として知っておくと良い方法があります。





害虫対策の10か条

日当たりと風通しを良くすることが害虫の対策になります。

摘葉しないと害虫の住処になる日当たりの悪い場所で野菜を育てると野菜の光合成が阻害されてしまい生育不良の大きな原因になります。野菜の生育が悪くなると害虫への抵抗力が弱くなり害虫の付きやすい状態になります。風通しの悪い場所も害虫の住処となりますので、密植しないように間引きを適当に行うことが害虫対策になります。

水はけを良くする害虫の対策になります。

多湿で増える害虫の種類は高温多湿な場所は害虫の絶好の住処となります。特にナメクジ系の害虫が多湿を好んで集まり、それを餌とする鳥や小動物もやってきます。水はけが悪くならないように排水の良い土壌を心がけましょう。

耐病性・抵抗性のある品種を育てると害虫に強くなります。

害虫に強い野菜と種野菜には同じ品種でも病気や害虫に強い品種と言うものがあります。種や苗を選ぶときには出来るだけ抵抗性のあるものを選ぶようにすることで害虫の対策に繋がります。

植え付け場所の除草を行うことで害虫の繁殖場所を無くせます。

害虫はどこで繁殖しているか害虫は野菜だけに発生するわけではありません。

栽培地周辺に生えている雑草や間引きした苗を積んだ場所などには害虫が発生して繁殖場所になります。雑草は早いうちに除草して、枯れた葉や間引きした株は放置しないようにする事が害虫の発生を防ぎましょう。

野菜を傷をつけないようにすることが害虫の対策になります。

害虫の発生要因は?野菜の収穫時や葉や枝の摘心をする際に正しい方法で行わないとそこから病原菌が侵入して野菜が病気にかかり野菜の抵抗力が落ちて草勢が弱くなってしまいます。

抵抗力が下がり草勢が弱まった野菜は害虫の被害に遭いやすくなります。

肥料の与えすぎと肥料不足は害虫の発生を助長します。

害虫の防除方法大きく育てようと肥料を与えすぎると軟弱に育ち、場合によっては株を痛めてしまいます。軟弱になると害虫被害が拡大する原因にもなります。また、肥料不足だと害虫への抵抗力が低下する原因となります。適切な肥料配分をすることが害虫対策に繋がります。

連作をしない害虫の対策になります。

害虫被害に遭う原因多くの野菜には連作障害(同じ場所で同種の野菜を育てる事)があります。

同じ場所に続けて野菜を植えると生育が悪くなって抵抗力の弱い状態になります。連作が出来る野菜以外は同じ場所で連作をしない事で害虫の対策になります。

不織布や寒冷紗を利用する害虫の対策になります。

キャベツ害虫対策どれだけ害虫対策を行っても周辺に発生要因の多い畑があるとそこから害虫は飛来してしまいます。

害虫の被害を防ぐ手段として、不織布や寒冷紗と言ったネット状の物で畝や野菜の上にトンネルを作ることで他の畑から飛来する害虫を防除することが可能です。

使用した用土の消毒が害虫発生の予防になります。

害虫の飛来を防ぐ方法家庭菜園では用土を使いまわすことが良くありますが、長い間同じ用土を利用していると目に見えない害虫が発生します。

用土を定期的に太陽光に当ててやることで土壌中の害虫を駆除することが出来ます。用土の上に透明のビニルシートを被せて1か月程置くと地中10cmまでの害虫を駆除できます。

害虫駆除に使用した道具の消毒害虫の対策になります。

害虫の防除方法害虫を駆除する時に使用した道具類は使った後には必ず消毒しておくようにしましょう。

駆除に使った道具を他の野菜の栽培作業に使用するとそこに付着した害虫の卵などが移動してしまう原因となります。害虫には目に見えないほどの小さなものもいるので油断は禁物です。


家庭菜園で良く見かける害虫の種類

ハムシ駆除

ウリハムシ

駆除難易度
ウリ系の野菜に寄生します。葉と根を食い荒らします。気温の低い早朝は動きが鈍るので手で磨り潰してしまいましょう。

ヨトウムシ駆除

ヨトウムシ

駆除難易度★★
ヨトウガの幼虫で終齢幼虫になると昼間は株元に潜み夜に葉や茎を食い荒らします。卵や若齢幼虫の時に対策しましょう。

アオムシ駆除

アオムシ

難易度
モンシロチョウの幼虫で少数でも甚大な影響を受ける害虫です。成虫が飛んでいたら卵が産み付けられているので葉の裏に産み付けられた卵を磨り潰してしまいましょう。

アブラムシ駆除

アブラムシ

除去難易度
アブラムシは葉や茎に寄生して葉や茎の汁を吸う害虫です。不治の病「ウイルス病」を媒介するので予防が必須です。園芸店で予防薬を購入しましょう。

オンブバッタ駆除

オンブバッタ

除去難易度
甚大な被害に遭う事はありませんが、幼苗期は後の成長に影響が出るので注意が必要です。見つけ次第、磨り潰してしまいましょう。

キアゲハ駆除

キアゲハ幼虫

除去難易度
セリ科の野菜に良く発生する害虫です。数匹でも甚大な被害が出ます。若齢幼虫は体色が黒いので見つけるのは容易です。

メイガ駆除

アワノメイガ

難易度★★★
茎や葉莢の中に入り込み実の内部を食い荒らす害虫です。トウモロコシでは中に潜りこんで果実をかじるので食用にならなくなります。

テントウムシダマシ駆除

テントウムシダマシ

難易度
姿形はテントウムシにとても良く似ていますが、実は野菜の葉を食い荒らす害虫です。幼虫と成虫とも葉を食害します。気温の低い早朝に駆除しましょう。



     


更に詳しい対策は野菜の病気対策と害虫対策Guide Bookへ。

家庭菜園で簡単野菜作り VegetablesBeginnersGuide!






Tweet               はてなブックマークに追加