本文へスキップ

マクワウリ育て方

マクワウリ(メロン)栽培・育て方のコツ

マクワウリ(メロン)をプランターで栽培してみませんか?マクワウリはコツさえ知っていれば初心者でも簡単に育てられます。植え付けから収穫までを写真付きでレクチャーします。マクワウリの摘心摘葉・追肥時期・掛かりやすい病気や害虫の対策など。

マクワウリをプランターや露地栽培で育てましょう!

  はてなブックマークに追加
マクワウリの育て方

マクワウリ栽培
難易度:
★★★☆☆

マクワウリの原産地はアフリカと中近東という説が有力でキュウリと同じウリ科の野菜。表皮が滑らかなノーネット種と呼ばれるメロンの仲間のことを「マクワウリ」と呼びます。

ノーネット種のマクワウリはメロンの変種でプリンスメロンの交配の元になっているウリ。ネット種よりも栽培が簡単で育てやすいのが特徴です。

ネット種よりも栽培が簡単で育てやすいのが特徴で、さわやかな甘みで冷やしてそのまま食べると美味しい。

マクワウリ栽培の特徴は?マクワウリは花が咲く野菜でありながら日長や気温に影響を受けないため、ハウスなどで通年栽培が可能ですが、一般的には春植えの夏収穫が作りやすい作型と言えるでしょう。

意外に思うかも知れませんが、マクワウリの根が浅く張り支柱栽培やネット栽培が出来ることから、大型の鉢やプランターを使ってベランダ栽培が可能です。


マクワウリは病害虫に弱く栽培管理が少し難しい中級者向けの野菜ですが、ホームセンターで売られている「接ぎ木苗」から育てれば初心者でも収穫までたどり着けます。

家庭菜園に慣れて来たらぜにチャレンジして欲しい野菜の一つ。

このページの目次
植え付け時期
育て方のポイント
種から育てる
苗の植え付け方
支柱の立て方
水やりと追肥のタイミング
収穫時期
病害虫対策






マクワウリの種まき・植え付け・収穫カレンダー

マクワウリの種植えは3月中旬以降
苗の植え付けは4月下旬以降、収穫は6月中旬以降です。

マクワウリ植え付け収穫カレンダー



マクワウリの育て方 コツとポイント!

  • 発芽適温は25~28℃。種蒔きは十分に気温が上がってからにしましょう。
  • マクワウリの連作は不可。次回の植え付けまでは4~5年は間隔を空ける。
  • 接ぎ木苗を利用すればマクワウリの連作は可能です。
  • 土壌の排水の良い日当たりの良い場所で育てると良く育ちます。
  • 多湿条件では病気が多発します。幼苗期は雨が当たらないようにしましょう。
  • 気象や土壌の条件により上手く受粉が出来ないので人工受粉を行いましょう。
  • プランターで育てる時はプランター1つに付き1株にする方が良いです。
  • 実成りを良くするために摘心と整枝をしっかりと行いましょう。



マクワウリ栽培に適したプランターサイズと土づくり

マクワウリ栽培に適したプランターの大きさは?マクワウリ栽培で使用するプランターのサイズは大型タイプを使用しましょう。大型の植木鉢でも栽培が可能です。

1株につき1つの鉢で育てることが大きな実を収穫できるポイント。

狭いスペースに複数株植えると根が干渉して生育不良や病気の発生原因になります。

用土の配合(種類)は?植え付ける畑は植え付けの2週間前には土作りを済ませておきましょう。

マクワウリを育てる時は市販の野菜の土を利用すると手間が掛からず簡単ですが、自分で用土を作る時は

赤玉土7:腐葉土2:バーミキュライト1
それに石灰を用土10ℓ当たり10gと化学肥料を用土10ℓ当たり10~30gを混ぜ合わせたものを使いましょう。

露地栽培では、それぞれ1㎡あたり、苦土石灰を150g、堆肥を2kg、化成肥料(15:15:15)を100gを植え付けの2週間前に施しておきます。

苗を植え付ける1週間前に、幅100cm、高さ10cmの畝を作っておき、地温を上げるためにマルチングを掛けておきましょう。

プランターに入れる土の量は?プランターで育てる時の用土の量ですが、プランターの淵から鉢の8分目程度(淵から2~3㎝)ウォータースペースを残して用土を入れます。

鉢底には鉢底石などを入れて排水性を良くしておきましょう。



マクワウリの播種(種蒔き)

種の植え付け(播種)の仕方種を植える前日に水を張ったトレーに浸けておくと綺麗に発芽が揃います。

種は9㎝のポットに3粒ほど蒔き指で押し込みます。種を植えた後は水をたっぷりと与えてやりましょう。

約2週間ほどで発芽しますので、本葉が見え始めたら1株ずつに分けて植え直します。


マクワウリの発芽適温は25℃以上で低温だと発芽しません。種を植えた後は発芽適温を保てる場所(室内など)に置いて育てましょう。

種を蒔いてから約25日を超えると植え付け適期に達します。種まき(播種)は苗の植え付けから逆算して30~40日前を目安にして育苗を開始しましょう。

マクワウリのおすすめ品種マクワウリは種から育てるのが難しい野菜です。

マクワウリ栽培が初めての方や少ない株数を育てる方は、ホームセンターで売られている苗から育てるのがおすすめ。

マクワウリは比較的丈夫に育つので、甘みや大きさなど育てる環境に合わせて選んでみましょう。苗は病気や連作に強い接ぎ木苗が人気。

おすすめの品種は「甘露マクワウリ」「黄金マクワウリ」「網干メロン」など。マクワウリはどの品種を選んでも上手く育ちます。

マクワウリの苗を楽天市場で探す(クリック)

マクワウリの苗をamazonで探す(クリック)




マクワウリの良い苗の選び方

マクワウリの良く育つ苗を見分ける方法マクワウリの育苗は難しいので、マクワウリ栽培が初めての方や少ない株数を育てる方はホームセンターなどで売られている苗から育てる事をおススメします。

マクワウリの良い苗は、本葉が4~5枚で葉の茎が緑色の濃い太いものを選ぶようにします。また、害虫などの食害がないかも合わせて確認しておきましょう。

連作する方や初心者の方は病気に掛かりにくく丈夫な接ぎ木苗がおすすめです。



マクワウリの植え付け方

苗の植え付け方マクワウリの植え付け適温は18℃以上、苗が本葉が4~5枚になった頃が植え付け適期。

マクワウリは高温性の野菜なので、苗の植え付けは天候の良い日の気温と地温が十分に上がった時間帯に行います。

根鉢より少し大きめの植え穴をあけて子葉が埋まらない程度に浅植えにします。露地栽培は70㎝以上、プランターでは40㎝以上の株間を空けて植え付けましょう。

マクワウリの根は非常にデリケート、植え付け時に植え傷みが起こると生育が悪くなります。ポリポットから出す時に根鉢を壊さないように丁寧に抜き取るようにしましょう。

参考:苗の植え付け方の基本


地温を上げるコツ中間地や寒冷地など気温が十分でない地域で露地栽培する時は、地温を上げないと苗が上手く育たないことがあります。

露地栽培の場合は植え付け後にシルバーマルチなどで地温を上げると初期生育が良くなります。シルバーマルチの代わりに敷き藁を利用しても構いません。

黒色のマルチシートは太陽熱を吸収してしまって幼苗が葉焼けしてしまうので、シルバー色のシートを選ぶようにしましょう。



マクワウリ栽培で気温が低い時の対策法苗を植え付けた後は害虫の防除と生育を良くするためにホットキャップを被せてやります。

畑で育てる時はビニルトンネルでも構いませんが、気温が高い日は裾を捲り換気をして温度の管理を忘れずに行いましょう。

暑い日が続く時期になったらビニールは捲っておいて、風の強い日や雨の強い日のみビニールを閉めるようにして温度管理をします。




マクワウリの水やり頻度と与える量

マクワウリの水やりの量とタイミングマクワウリは植え付け後にたっぷりと水与えてやり、その後は根が活着するまでの約7日間は灌水を続けましょう。

根が活着した後は用土が乾いた時に水やりを行うようにします。収穫の10日ほど前になったら果実の糖度を増すために水やりを控えて乾燥気味で育てましょう。



マクワウリの追肥の量とタイミング

マクワウリは肥料の吸収が生育初期から着果までの間が急激に多くなり果実の成熟期以降は減少していきます。追肥のタイミングを逃さないことが上手く育てるポイントになります。

マクワウリの追肥ですが、プランター栽培は着果を確認した時と果実が肥大し始めた頃で、化成肥料10gを株元に撒いて周辺の土と混ぜ合わせておきます。

有機肥料を与える場合はチッ素含有の多いナタネかすや魚かすを与えるようにしましょう。鶏糞や牛糞などの堆肥は分解されるまでに時間がかかってしまい追肥適期を逃してしまうことがあるからです。

単独での使用は控え化成肥料との併用がおすすめ。有機肥料を与えるからと言って糖度が増すということはありません。

畑栽培の場合は植え付けから約30日後に畝の肩の部分に化成肥料を30g/1㎡1回だけ施してやりましょう。

過肥になると草勢が強くなり過ぎて果実の栄養が不足し品質面でマイナスになります。株の生育が良い場合は元肥のみで育てましょう。追肥は生育の状態を見て必要な時に行います。

マクワウリの追肥のコツは「初期から着果までが勝負。果実肥大期までは良く吸収させて、それ以降は抑える」と覚えておきましょう。



支柱の立て方とタイミング

プランター栽培の時は支柱を立てるプランターでマクワウリを栽培する時は、植え付け後の早い段階にあんどん型の支柱を立てます。支柱を立てないと弦が地を這って育ってしまいます。

子弦が伸びて来たら支柱に弦の先端を誘引してやりましょう。一度誘引させると後は上に勝手に巻きついていくようになります。



マクワウリの摘心と整枝の仕方

本葉が5~6枚になったら子弦の成長を促すために、親弦の本葉を数えて7枚目のすぐ下で親弦の先端を指でつまんで摘心しましょう。

マクワウリの花は子弦と孫弦に多く咲くため、生育の良い子弦を、プランター栽培では2本、露地栽培では4本残して他の子弦は全て摘み取ってしまいます。


マクワウリは孫弦に咲く雌花に着果させるので、子弦は葉が15~16枚になった頃に孫弦の生育を促すためにすべて摘心してしまいます。子弦の先端を摘心すると孫弦の発生を促すことが出来ます。

孫弦は着果を確認したら葉を2~3枚残して先端を摘心してしまいましょう。甘味を出すために孫弦に付ける果実を1つだけに調整します。

着果後もわき芽が伸びてくるので忘れずに摘み取るようにしましょう。



 マクワウリの人工授粉

マクワウリの雄花雄花の開花状況・温度・天気などの条件が悪いとマクワウリは着果しません。確実に着果させるためには人工受粉は欠かせない作業です。

特に一番花が結実しないと株が栄養過多になって弦ボケの原因になるので確実に受粉させましょう。

雌花の花弁(花びら)の下部は受粉前から膨らんでいますが、雄花の下部は膨らんでいません。見ればすぐに分かります。


マクワウリの雌花 マンションのベランダで育てている時は、虫の飛来がないので自然に受粉することはありません。確実に結実させるためにも必ず人工受粉を行いましょう。

受粉は花粉の寿命が短いため、晴れの日の朝9時までに済ませるのが人工受粉のコツです。



 人工授粉のやり方

メロンの人工授粉の仕方雄花の花弁(花びら)を切り取り花粉を雌花の柱頭にこすりつけて受粉させましょう。確実に受粉させるため人工受粉は別の株の雄花と雌花で行いますが、株数が少ない時は同じ株でも構いません。

受粉後は日付を書いたラベルを雌花の近くに吊るしておくと収穫までの日数管理が楽になります。



 マクワウリの玉直しと玉の固定

マクワウリの玉直し玉の固定マクワウリは太陽光の当たり方で色の濃い部分と薄い部分が出来るので、玉直しを行うことで果実の色付きがバランス良くなります。

プランターの場合は収穫の7日~10日前に鉢を反対側に回してまんべんなく太陽光を果実に当てるようにします。果実がソフトボール大になったら紐などで果実を支柱から吊り下げて実が下がらないにしっかりと固定しておきましょう。


露地栽培の場合は、果実がソフトボールほどの大きさになったら、色が薄い部分を反対に向けて太陽に当ててやりましょう。果実が膨らみ始めたら、果実の下にナイロンなどを敷いてやると傷や害虫から守ることが出来ます。



 果実数を調整して甘味のある果実にしよう!

果実調整は必要か?地力のある畑であれば1株に沢山実らせても問題ありませんが、プランター栽培や連作している畑などの土壌が弱い場合は甘味の少ない果実に育つことが多いので摘果を行います。

果実は子弦1本に対して最大で3個程度は実らせるのが理想的。

実はマクワウリは個数を適量にするほど品質(味)が良くなるので、1本の子弦につき最大1個まで、1株に付き3個までにすると美味しい甘みのある果実を収穫できます。

摘果は最初から1つにするのではなく、1本の子弦に余裕をもって多めに着果させ、1週間ほどたって玉子ぐらいの大きさになったら目的の個数まで摘果して下さい。

摘果する果実は丸いものよりやや縦長の方が大きくて形の良い実になるので覚えておきましょう。

マクワウリは育てる土壌の状態に合わせて個数調整することが美味しい実を育てるコツです。




マクワウリの収穫のタイミング

マクワウリの収穫のタイミングは?マクワウリの収穫時期は品種にもよりますが、着果を確認してから約40~50日が収穫適期となります。収穫する際は果実から伸びた弦をハサミやナイフで切って収穫しましょう。

収穫時期の判断は日付による管理が確実。着果した日付を忘れずにメモしておくようにします。果実に着果日を記入したラベルやタグを付けるのも良いでしょう。

確実ではありませんが、見た目で収穫適期を判断することも出来ます。

果実の果梗部(果実を支えて枝と繋がっている部分)から発生している葉の緑色が薄くなる、着果した果梗部から出している巻弦が枯れている、果実の頂部にリング(離層)が出来ている、この3つのサインが収穫時期の判断材料です。

ただし、確実な方法ではないのであくまで目安として下さい。日付管理が出来ずに見た目で収穫する時は必ず試し取りをしましょう。

マクワウリは収穫適期の直前に一気に糖度が上がります。収穫適期を間違わないように日数管理をしっかりと行うのが美味しい果実を収穫するコツ。

適期に収穫したマクワウリは1週間程度置いておくと果肉が柔らかくなりさらに糖度が増します。逆に果肉が柔らかくなってから収穫した時は早めに食べなくてはいけません。



マクワウリの病気対策と害虫対策

マクワウリの病気対策マクワウリは高温多湿の気候が続くと、うどんこ病・つる枯病・つる割病・黒点根腐病・べと病・モザイク病に掛かりやすくなります。

石灰による酸度矯正を行ったり抵抗性台木苗を利用するとある程度の予防が出来ます。

また、畑の排水を良くして不要な子弦と孫弦を摘心することで、風通しと採光が良くなって病気の発生を未然に防ぐことが出来ます。

マクワウリの害虫対策マクワウリに発生しやすい害虫は、ウリハムシ・ワタアブラムシ・アザミウマ類・ハダニ類・タバココナジラミです。

害虫を防ぐ対策としてシルバーマルチの利用が有効です。また、周囲の雑草を取り除き害虫の飛来を予防し、苗の植え付け時に防除剤の散布が効果的。

害虫は早めに発見して除去できれば被害は最小限に抑えることが出来ます。葉や茎の状態を毎日観察して、害虫の食害跡を発見したら数が増える前に処分するようにしましょう。



     




野菜の育て方(果菜類一覧)トップへ


   はてなブックマークに追加