芽キャベツ育て方

芽キャベツ栽培・育て方のコツ

お家で芽キャベツを栽培しませんか?育て方のコツさえ知っていれば芽キャベツ栽培は難しくありません。芽キャベツ栽培が初めての方でも分かりやく育て方をレクチャーします。





芽キャベツをプランターや露地栽培で育てましょう!


芽キャベツの育て方

芽キャベツ栽培
難易度★★★☆☆

芽キャベツはアブラナ科の野菜で、5~6月と8月~9月の年2回の栽培が楽しめます。

ミニサイズ(2~3㎝)のキャベツの様な形をした芽球が茎の周囲にたくさん実る不思議な見た目をした野菜です。

春植えから育てる芽キャベツは害虫や病気の心配があるので、初心者は秋植えから育てる方が簡単で収穫までたどり着けます。


日当たりの良い場所であれば、プランター栽培はもちろんですが大きめの植木鉢でも十分に育てられるのでべランダ栽培が可能です。

芽キャベツに含まれる栄養素には、タンパク質の他、ビタミンAやビタミンC、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。





芽キャベツの種まき・植え付け・収穫時期カレンダー

芽キャベツの種蒔きは春と夏。
収穫までは約2.5か月~3か月程です。





芽キャベツを上手に育てるコツ!


  • 芽キャベツはアブラナ科の野菜で連作は不可。2年以上間隔を空けましょう。
  • 日当たりがよく冷涼な気候を好みます。
  • 芽キャベツの発芽適温は15℃~25℃、生育適温は18~22℃です。
  • 芽キャベツは高温に弱く23℃以上で結球不良や病害の発生が多くなります。
  • 芽キャベツは冷涼な気候を好むので秋冬取り栽培が簡単でおすすめ。
  • 適正土壌pH値は6.0~6.5
  • 多収穫は株の初期成長が不可欠です。元肥をしっかりと施しましょう。
  • 草丈が60~70㎝ほどに成長するので、株よせを行って株の倒伏に注意する。
  • 草丈が大きくなった後は根を傷めるので土寄せは行わないようにする。
  • 収穫時期が遅れると葉が開いてしまうので早めに収穫しましょう。




芽キャベツの育てやすい品種は?


芽キャベツの育てやすい種類芽キャベツは「ファミリーセブン」や「早生子持」・「子持甘藍」などの品種が栽培期間も短く(早生種)育てやすくて人気です。

芽キャベツは種から撒いても育てられますが、初心者は育苗管理が難しいので市販の苗を購入して育てた方が、病害虫の心配もなく収穫まで上手く育てられます。
楽天市場で人気の芽キャベツの種はこちら(クリック)
amazonの芽キャベツの種一覧はこちら(クリック)




キャベツ栽培に適したプランターサイズと土づくり


芽キャベツに適したプランターサイズ芽キャベツを育てるときのプランターサイズは大型(60㎝~)または、大鉢タイプ(深底)を利用します。

芽キャベツの株間は30~40㎝以上が必要となるので、小型プランターや鉢で育てる場合は深底のプランター1つにつき1株までとしましょう。



芽キャベツに適した栽培用土
芽キャベツの栽培に適した用土は市販の培養土を利用するのが簡単です。

自分で作る時は
赤玉土7:腐葉土2:バーミキュライト1
それに石灰を用土10ℓ当たり10~20gと化成肥料を用土10ℓ当たり10~20g混ぜ合わせた物を用意しましょう。

芽キャベツを露地で栽培する時は植付の2週間前に1㎡あたり苦土石灰を100g、1週間前に各1㎡あたり、・堆肥2kg・化成肥料(15:15:15)50gを施して幅60㎝高さ10㎝の平畝を作ってやりましょう。



芽キャベツwpプランター栽培する時の用土の量
植え付け前の準備として、市販のプランターにウォータースペースを残して、7分目までくらいまで培養土を入れておきましょう。

植え付ける1か月前までに土作りを済ませておき、植え付けの1週間前に元肥を施しておきましょう。




芽キャベツの種の蒔き方


芽キャベツを種から育てるには(播種)芽キャベツを種から植える時は10㎝ポリポットでに培養土を入れて1つのポットにつき5~6粒ほど種を蒔きます。

覆土は5㎜程とし発芽までは十分な水やりを行って乾燥させないように注意しましょう。暑さに弱いので風通しの良い場所で育苗することが上手に育てるポイントです。

子葉が伸びて開き始めるころに2本立として本葉が4枚になる頃に生育の良い苗を1本だけ残して後は全て間引きましょう。

育苗の後半は培養土の肥料が切れるので、子葉が残っているがっちりとした苗に育てるために水やりを兼ねて週に1~2回薄めの液肥を与えるようにします。




芽キャベツの良い苗の選び方


芽キャベツの良い苗の選び方(見極め方)芽キャベツは種を植えてから30日間ほどポットで育苗しましょう。本葉が5~6枚になった頃が植え付け適期となります。

芽キャベツの苗は8月~9月頃にホームセンターや通販などで販売されています。緑色の濃い茎のしっかりした子葉の残っている苗を選ぶようにしましょう。病気や害虫の被害に遭っていない苗を選ぶことも大切です。




芽キャベツの苗の植え付け(定植)


芽キャベツ植え付け芽キャベツは長期の栽培になるので、プランター菜園では10号以上の鉢に1本植え又は、大型のプランターで2株までとします。露地栽培の時は株間を40㎝以上を取って株元の葉が込み合わないようにして風通しを良くしてやりましょう。

芽キャベツの苗の植え付け方苗をプランターに植え付ける際は、根鉢より少し大きめの穴を掘り根鉢を壊さないようにポットをから取り出して浅めに植付けます。

その後に周囲の用土を埋め戻して株元を手で軽く押えて根と用土を密着させてやりましょう。



支柱立て
苗を植え付けた後から根付くまでの期間は風や雨などによって幼苗が倒れてしまわないように、仮の支柱を立ててやりましょう。

仮支柱は根付いた後に一度は取り除きますが、葉の成長が活発(草丈が30~40㎝)になった頃に約1mの本支柱を立てて株の倒伏を防ぎましょう。支柱を立てる代わりに周辺の土を根元に寄せる株寄せを行っても構いません。




 植え付け後の芽キャベツの害虫対策


苗の植え付け後の害虫対策芽キャベツをほじめアブラナ科の野菜はアオムシ(モンシロチョウの幼虫)による被害が多発します。

特に植え付けた直後の幼苗のアオムシによる食害跡は収穫量に影響が出るので注意が必要です。苗を植え付けた後は不織布か寒冷紗でトンネル掛けをして害虫の被害から守ってやりましょう。




芽キャベツの水やり回数(頻度)


芽キャベツの水やりのタイミングと頻度芽キャベツの水やりの頻度ですが、苗を植え付けた後は根付くまでの間たっぷりと水やりを行いましょう。通常は1週間程度で根付きます。

苗が根付いた後は用土が乾きすぎないように注意しましょう。用土の表面が乾燥してきたら晴れた日の午前中にたっぷりと水やりを行います。




芽キャベツの追肥の頻度と与える量(1回目)


芽キャベツの追肥の頻度(回数)芽キャベツの追肥は1か月毎に行いましょう。

1回目の追肥は本葉が約6から8枚程度になった頃に施します。苗の植え付けからは約3週間ほど経った頃で、化成肥料10gを株周りに沿って撒いて用土と混ぜ合わせて株寄せしてやります。




 芽キャベツの追肥のタイミング(2回目以降)


追肥の量2回目以降の追肥は前回の追肥から約1か月間隔で与えます。与える肥料の量は1回目と同量(化成肥料10g)で、葉にかからないよう株元に撒いて用土と軽く混ぜ合わせて土寄せしてやりましょう。

苗が小さな時は株元に与えますが、大きくなってからは株元から少し離れたところに撒いて根を傷めないように注意して用土と混ぜ合わせましょう。




 芽キャベツの手入れ 葉かき(摘葉)


芽キャベツの葉かき(摘葉)芽キャベツは葉かきという摘葉作業を行って、日当たりと風通しを良くして球の肥大する環境とスペースを確保してやる作業が必要になります。

10月頃になってわき芽が結球し始めたら
頂部の葉を10枚ほど残してその他の葉は全て切り落とします。



芽キャベツの摘葉
一気に葉を切り取ると株や芽球の成長が悪くなってしまいます。結球は下の方から始まるので結球の成長に合わせて下から順に古い葉を切り取っていきましょう。

葉かきの際に注意することは、葉を茎の根元ギリギリで切り取ってしまわないようにすることです。

根元で切ると芽球を傷めたり芽球が取れたりするので
葉柄は少し残して切るようにしましょう。




 下芽かき


下芽かき葉かきと同様に芽キャベツ栽培で重要なのは「下芽かき」という作業です。

形の悪い芽は育てても綺麗な形になることはありません。葉かきが始まる頃に株元から10節目位までにある形の悪い芽は早めに摘み取ってしまいましょう。




芽キャベツの収穫時期


芽キャベツの収穫適期(タイミング)芽キャベツは苗を植え付けてから約90日ほどで収穫が始まります。芽球の直径が2~3㎝で硬く締まってしまってきたらハサミで根元から切り取るか手でもぎ取って収穫しましょう。

収穫時期が遅れると芽球が開いてしまうので収穫適期を逃さないように注意しましょう。

芽キャベツは下の球から順に締まって株の上に次々と(約60~70個)球が実ります。上手に育てると約2か月ほどは収穫を楽しむことが出来ます。





芽キャベツ栽培のポイントと病気対策


芽キャベツを上手に育てるコツは、生育初期に株を出来る限り大きく育てる事です。茎の太さが4~5㎝以上になるように育てると多収穫が望めます。株を大きく育てるために元肥をしっかりと与えるようにしましょう。


半分くらい収穫を終えたところで追肥をすると収穫が長く楽しめます。


芽キャベツは23℃を超えると芽球の生育が極端に悪くなってしまいます。春植え(5月~6月)から育てる時は夏場の高温状態を防ぐために、上部に寒冷紗などで覆って直射日光にならないよう対策しましょう。


芽キャベツに発生しやすい病気は「菌核病」「苗立枯病」「根こぶ病」「べと病」などです。病気に掛かる要因は、畑の排水性が悪い時や株元の葉が込み合っている時、日当たりが悪い時です。


病気の発生を防ぐために、適正な株間の確保を行って、日当たりの良い耕土が深く水はけの良い土壌を心掛けましょう。



芽キャベツによく発生する害虫は「アオムシ」「コナガ」「アブラムシ」「ハンスモンヨトウ」などです。特に幼苗期間は寒冷紗を掛けるなど害虫対策は必須です。寒冷紗を掛けても隙間から入り込むことがあるので害虫を見つけた場合は早期に除去することで被害を最小限に食い止めることが出来ます。




     





野菜の育て方(葉菜類一覧)




はてなブックマークに追加   Tweet