本文へスキップ

スティックセニョール栽培

スティックセニョールの育て方!スティックセニョール栽培

スティックセニョール栽培で収穫までたどり着くには育て方のコツを知ることが成功への第一歩。初心者にも分かるように植え方から収穫までスティックセニョールの育て方を丁寧にレクチャー。スティックセニョールの作り方はプランターでも露地でも簡単!家庭菜園で立派なスティックセニョールを育てましょう!


スティックセニョールをプランターや露地栽培で育てましょう!

  はてなブックマークに追加

茎ブロッコリー(スティックセニョール)の育て方・スティックセニョール栽培スティックセニョール栽培
難易度★★☆☆☆

スティックセニョールはアブラナ科の野菜で「茎ブロッコリー」や「スティックブロッコリー」などとも呼ばれ、中国野菜の「カイラン」と「ブロッコリー」から作られた品種。

茎がアスパラガスのように長く側花蕾が次々と発生するので栽培するのがとても楽しい葉野菜です。

春から夏まで種まきが可能で、収穫までは種蒔き後から60~90日。1株から15本前後の花蕾が収穫できます。

スティックセニョールの植え方・作り方市販のポット苗からなら初心者でも育てられる菜園野菜。スティックセニョールの作り方はコツさえ分かれば簡単です!

花蕾がスティック状に伸びて花蕾だけでなく茎まで食べることが出来ます。ブロッコリーと同様に茹でてサラダにしたり炒めものにしたり。

スティックセニョールの花蕾は耐暑性があり蕾の黄化が遅く日持ちするので、通常のブロッコリーよりも保存性がよいのが特徴です。

スティックセニョールの食味は柔らかみがあってほのかに甘く、ビタミンCをはじめ、β-カロテン、カルシウムなどの栄養素が含まれています。

病気の予防や健康維持に良いと言われているファイトケミカルのひとつ「スルフォラファン」も豊富。最近注目度が上がっている野菜です。



スティックセニョール栽培成功のポイント!

  • 茎ブロッコリー(スティックセニョール)はブロッコリーに比べて耐暑性があり夏に収穫できる野菜です。
  • 土壌は保水性のある環境を好みますが、加湿に弱い面があります。
  • 根腐れをおこしやすいので、用土の表面が乾いた時に水やりをするようにしましょう。
  • 茎ブロッコリー(スティックセニョール)の発芽適温は10~15℃、生育適温は18~20℃です。
  • 花蕾がなりだしたら肥料切れを起こさない事が収穫量が増えるポイントです。
  • 春植えも出来ますが、害虫がよく発生するので初心者は夏から植える方が上手に育てられます。


スティックセニョール栽培カレンダー

植え付け適期は春植え1月植えから夏植え7月植えから
収穫適期は種まきから1.5か月以降
スティックセニョール栽培カレンダー


スティックセニョールに適したプランターサイズと土作り

カリフラワーに適したプランターの大きさ茎ブロッコリー(スティックセニョール)を栽培するときのプランターサイズは大型タイプ(60㎝以上)で深型のもの。

中型で育てるの場合は、1つのプランターに1株のみで育てましょう。
カリフラワーに適した用土スティックセニョールの栽培用土は市販の培養土を利用するのが簡単ですが、自分で作る時は

赤玉土7:腐葉土2:バーミキュライト1、それに石灰を用土10ℓ当たり10~20gと化学肥料を用土10ℓ当たり10~20gを混ぜ合わせた物を使います。
カリフラワーを植える時の用土の量プランターに入れる用土の量は、ウォータースペースを残して、鉢の8分目程度(淵から2~3㎝)にしておきます。

茎ブロッコリー(スティックセニョール)は定植又は種を植える約2週間前には土づくりを完了させておきましょう。


茎ブロッコリー(スティックセニョール)種の選び方

茎ブロッコリー(スティックセニョール)の種の選び方茎ブロッコリー(スティックセニョール)の育てやすい品種は「グリーンボイス」「スティックセニョール」などがあります。

育苗はそれほど難しくないので、種から植えても上手に育ちますが、最近では苗が出回っているのでプランターなど収穫量を求めない時は、市販の苗から育てると良いでしょう。

ちなみに茎ブロッコリー(スティックセニョール)は1株当たりで500~600g程度が収穫出来ます

楽天市場で人気の種一覧はこちら(クリック)

Amazonの種一覧はこちら(クリック)



スティックセニョールを種から育てる(種のまき方)

茎ブロッコリーを種から植える茎ブロッコリー(スティックセニョール)を種から植える時は、3号程度の育苗ポットを利用して用土を詰め、一か所あたり5~6粒ほど重ならないように種を撒きます。

ポットの代わりに育苗箱(セルトレイ)を利用してもOK。トレイに1粒ずつ種を播きましょう。

セル苗から定植する方が慣行苗と比べて根こぶ病の発生を抑制できると言われています。

種を蒔いた後は、パスライト(不織布)などを被せて、水分保持と温度の低下を防ぎましょう。

スティックセニョールの育苗期適温は18~22℃、最低気温が10℃、最高気温が25℃を超えないように育苗管理しましょう。


スティックセニョールの苗の植え方 種に用土を被せる時は、ふるいなどを使って細かな土を5㎜程度被せるのがポイント。

用土を被せたあとは、軽く表面を手で押さえて用土と種を密着させてやりましょう。播種後は十分に水やりをしておきます。

種が発芽したら本葉が2枚の時に2本になるまでに元気な苗を1本だけ残して間引きを行います。発芽したら遮光率50%程度の資材で遮光して下さい。

発芽後の水やりは少なめ。1日に1~2回で十分です。底穴から水滴が少し漏れる程度とし、夜間は乾燥気味の状態にしましょう。

種が発芽したら本葉が2枚の時に2本になるまでに元気な苗を1本だけ残して間引きを行います。


茎ブロッコリー(スティックセニョール)の良い苗の選び方発芽後、2週間ほど経った育成中期に下葉が黄化する前に数回追肥を行います。

ポット栽培では30から35日で本葉5~6枚、セルトレイ栽培では22~25日で本葉2~3枚になるまで育てて定植します。

節間が詰まった節が太くてがっちりした元気な苗になるように育てましょう。



スティックセニョールの苗の植え方(植え付け方)

スティックセニョールの植え方茎ブロッコリー(スティックセニョール)は本葉が5~6枚になった頃がプランターに植え付けるタイミングです。

苗の植え付けは、気温が低い季節は午前中、夏場の高温期は午後の涼しくなる時間帯に行いましょう。夏場の午前中植えは萎れの原因になります。

気温の低い時はマルチング栽培トンネル栽培で温度と地温の上昇を図ります。特に2月の晴天時はトンネル内の気温の上昇には注意が必要です。

茎ブロッコリー(スティックセニョール)をポットからの植え替えスティックセニョールの植え方ですが、根鉢より大きめの穴を空けて根鉢を崩さないように丁寧に植え付けていきましょう。

スティックセニョールの葉は大きく広がるので、プランターでは30㎝以上、露地栽培では40㎝以上株間を取って植え付けます。

株間が狭く葉が込み合うと病害の発生を助長するので、日当たりの悪い場所で育てる時は特に注意しましょう。

植え付けた後は株元を手で軽く押さえて用土と根鉢の間に隙間が出来なように注意しましょう。

植え付け後は鉢底から水が染み出てくる程度にたっぷりと水やりを行ってください。
茎ブロッコリーが風で倒れる時 茎ブロッコリー(スティックセニョール)は浅植えにするので、仮支柱を立てて風などで苗がぐらつかないように対策してりましょう。

茎と支柱を紐などで結ぶ時は、きつく縛ると紐が茎に食い込み成長が阻害されてしまうので、指1本分入る程度にゆるく結ぶのがポイントです。


スティックセニョールの水やり量と与える回数

茎ブロッコリー(スティックセニョール)の水やり回数 茎ブロッコリー(スティックセニョール)の水やりは土の表面が乾いた時にたっぷりと行いましょう。

茎ブロッコリー(スティックセニョール)は多湿を嫌う野菜なので水の与えすぎには注意が必要です。

水やりの回数が多いと、根腐れ病などの原因となるので気を付けましょう。回数を増やすのではなく1回の水やり時に多めに与えます。


スティックセニョール追肥の頻度と与える量

茎ブロッコリー(スティックセニョール)追肥のタイミング

茎ブロッコリー(スティックセニョール)は多肥性の野菜なので半月に1回の間隔で追肥を行います。

株元から少し離れた場所に、化成肥料(10g程度)をパラパラっと万遍なく撒いて、周辺の土と軽く混ぜ合わせるように与えるようにします。土を深くまで掘り混ぜてしまうと根を傷めることがあるので注意して作業しましょう。


1回あたりの肥料の量茎ブロッコリーは収穫が始まったら、収穫をした後に必ず追肥(7g程度)を与えてやります。

収穫後の肥料が足りないと、次に出る側枝や側花蕾が順調に育たなくなっていまうので肥料切れには十分に注意しましょう。


スティックセニョールの摘心

茎ブロッコリー(スティックセニョール)の摘心スティックセニョールの食べる部分は側枝と先になる花蕾の部分です。

側枝を増やすために主枝の先に出来る花蕾を先端から5㎝位の位置で切り取ってしまいましょう。

摘心の仕方摘心のタイミングは、頂花蕾が2~3cmの大きさになった時になります。

花蕾を切り取った後は切り口を太陽光に当てて病気の発生を防ぐために切り口を乾かしてやりましょう。



スティックセニョールの収穫適期

茎ブロッコリー(スティックセニョール)の収穫時期スティックセニョールは苗を植えてから50日~60日で収穫を迎えます。側枝が20cm以上になり花蕾が10円玉大になった時が収穫のタイミング。

つぼみが固いうちに茎は長めにしてハサミなどで茎を長めにつけて切り落としましょう。


収穫方法まっすぐに切ってしまうと切り口に水がたまり腐ってしまう事があるので、写真のように切り口は太陽の方角を向くように斜めに切るようにします。

切り口が乾きやすいように、晴天の日の午前中の収穫がおススメです。収穫した後の追肥を忘れないようにしましょう。


スティックセニョールの育て方まとめ

スティックセニョール・スティックブロッコリー・茎ブロッコリーの育て方と栽培のコツまとめスティックセニョールは中型のプランターでも十分に育てられます。

プランターに植えるなら2株まで、大型のプランターなら3株まで育てる事が可能です。

ただし、株間の寄せ過ぎは収穫量が減るので注意しましょう。その場合は大型の植木鉢に1株植えする方が、トータルの収穫量は多くなります。

側花蕾(わき芽)を増やすために頂花蕾は早め(500円玉大になったら)に取り落とし、収穫後の追肥を忘れずに施しましょう。

スティックセニョールの害虫対策

スティックセニョールの病気対策スティックセニョールに良く発生する害虫はアオムシ(モンシロチョウの幼虫)・ヨトウムシ・コナガなど。

特にアオムシとヨトウムシは被害が拡大しやすい(下手すると全滅)ので、見つけ次第すぐに駆除しましょう。

モンシロチョウが飛んでいるのを確認したら、数日後に葉の裏側などを観察すると卵が見つかります。卵の時に一気にすり潰してしまえば駆除は比較的容易です。

気温が高い時期は害虫の被害に遭いやすいため、防虫ネットのトンネル掛けなどで対策しましょう。(参考:野菜の害虫対策

スティックセニョールの病害対策

スティックセニョールの病気対策スティックセニョールに発生しやすい病気は、べと病・苗立ち枯れ病・軟腐病・黒腐病・根こぶ病などです。

病気が発生するのは保水性が悪い・排水性が悪い・酸性土壌になっていることが主な原因です。

害虫の食害跡からの感染も多いので、早期の害虫駆除を心掛けて下さい。(参考:野菜の病害対策

  



葉菜類(葉野菜)の種類と育て方

 Tweet はてなブックマークに追加