本文へスキップ

コンパニオンプランツ

相性がいいコンパニオンプランツの組み合わせ

種類が違っても1つのプランターや畑で問題なく育つ野菜のことをコンパニオンプランツといいます。コンパニオンプランツの効果的で効率の良い混作のやり方や相性の良い野菜の組み合わせを紹介します!

コンパニオンプランツとは?

コンパニオンプランツの組み合わせコンパニオンプランツとは、違う種類の野菜を同じ場所で一緒に植えることによって「病害虫を抑える効果」「お互いの成長を助ける効果」が出る組み合わせのことです。

コンパニオンプランツで代表的な組み合わせには「マメ科の野菜とキュウリ」があります。マメ類はキュウリの成長を助長させる効果があります。

1930年代にドイツの哲学者シュタイナーが提唱したヨーロッパの有機農法のなかの重要な分野の一つ「植物の相互作用」というものがあります。シュタイナーはある植物が別の植物の生育を促進したり抑制したりすることに着目しました。

それ以降から現代まで野菜だけでなくあらゆる植物において様々な組み合わせが研究され続けています。日本では栗田匡一氏が「共栄植物とその利用」(富民協会)で紹介しています。

コンパニオンプランツで病害を防ぐ

コンパニオンプランツは成長を促進させる組み合わせだけではありません。実は病害を防ぐ組み合わせがあるのです。

例えばキュウリの苗を植える時にネギの根が絡むように植えると病気を防ぐことが出来ます。これはネギの根につく微生物のなかにはキュウリの病気を防ぐものがいます。

他にはトマトとニラ。この組み合わせは萎凋病などの病気を予防する効果が期待できます。

コンパニオンプランツで害虫対策

コンパニオンプランツには害虫による野菜の被害を軽減させる組み合わせもあります。

これは野菜が害虫を退治する...というわけではなく、野菜につく害虫が嫌がる種類の植物を近くに植えて退避させるというものです。

例えば野菜ではありませんがアブラムシが嫌がる「ラベンダー」「ローズマリー」をアブラムシが付きやすい野菜の傍に植えると効果的です。

他にはアオムシやヨトウムシはキク科の野菜(玉レタスやリーフレタス・シュンギクなど)を嫌うため、アブラナ科の野菜(キャベツ・カリフラワー・スティックセニョールなど)との混植が効果的です。

野菜のコンパニオンプランツの組み合わせは生育環境で決まる

コンパニオンプランツおすすめの植え方野菜のコンパニオンプランツの組み合わせは先ほど既述したように「土」「水」「温度」「肥料」といった生育環境で決まることが大半です。

各野菜の生育環境を知ることは相性の良い野菜が分かるポイント。なぜ生育環境で野菜の組み合わせが決まるのかを具体的に説明していきます。

コンパニオンプランツの組み合わせは土で決まる

野菜を上手に育てるには「土」が不可欠なのは言うまでもありません。ひとことで土と言っても野菜の種類によって育てやすい土質が違います。

野菜の土作りの基本」で説明しているので詳しくは説明しませんが、乾燥を好む野菜と嫌う野菜とでは育ちやすい土質が違うため混作には向きません。

乾燥を好む野菜には水はけの良い土、嫌う野菜には保湿性の良い土を使わなくてはいけません。

コンパニオンプランツの組み合わせは水で決まる

野菜は水がなければ生きていくことは出来ません。とは言え与える水の量も野菜の種類によって違います。

多湿を好むサトイモと多湿を嫌うキャベツを同じプランターで育てると同じ水やり量になるためどちらかが病気になる確率が高まってしまいます。

コンパニオンプランツの組み合わせは温度で決まる

人間にも「暑さに強い人」と「寒さに強い人」がいるように野菜も最適な温度が違っています。

野菜が育ちやすい温度のことを「生育適温」と言います。寒さに弱い野菜は日当たりがよく風の通らない場所を好みますが、暑さに弱い野菜は日当たりが良くても風の通る涼しい場所を好みます。

プランターで野菜を育てる時は移動させて快適な環境を作ることが出来ますが、生育適温が違う野菜同士を植えているとそれも出来なくなってしまいます。

コンパニオンプランツの組み合わせは肥料で決まる

野菜にとっての食事は「肥料」です。野菜は種類ごとに好みの肥料が違っています。人間でもラーメンが好きな人もいればうどんが好きな人もいるのと似ていますね。

肥料を好む多肥性の野菜と少ない肥料で済む少肥性の野菜とがあります。

野菜栽培で肥料は必要なものですが、注意しなくてはならないのは肥料の与えすぎです。肥料を与えすぎると病気を助長する原因となり害虫の被害にも遭いやすくなってしまいます。(参考:肥料(追肥)の基本知識

コンパニオンプランツと寄せ植えの違い

野菜を混作する時のコツとポイント寄せ植えというワードを聞いたことはありませんか。コンパニオンプランツと同様に他の野菜の生育を促進したり抑制したりするので意味は似ています。

寄せ植えはプランターや植木鉢など限られたスペースで多種目の野菜を育てるために考えられたもので家庭菜園ではおすすめの方法です。

寄せ植えについては別のページで詳しく説明しているのでそちらをご覧ください(参考:寄せ植え野菜の組み合わせ

コンパニオンプランツの組み合わせ例

相性のいい野菜の組み合わせを種類別に紹介します!

野菜の品種 コンパニオンプランツ 期待できる効果
イチゴ ムギ アブラムシ退避
サヤエンドウ タマネギニンニク・エシャロット 生育を抑制する
カブ サヤエンドウ 共に生育が良くなる
カリフラワー セロリ 生育が良くなる・モンシロチョウを駆除
  サルビア アオムシ・ヨトウムシ・コナガ駆除
  レタスリーフレタス アオムシ・ヨトウムシ・コナガ駆除
カボチャ 葉ネギ 病気の発生を抑制する
キュウリ サヤエンドウソラマメエダマメ 生育が良くなる
  トウモロコシ 生育が良くなる
  ダイコン ウリバエを防除する
  葉ネギ 病気の発生を抑制する
キャベツ マメ類(サヤエンドウソラマメエダマメ 生育が良くなる
  テーブルビート 生育が良くなる
  ミニトマトトマト モンシロチョウを駆除
  レタスリーフレタス・シュンギク アオムシ・ヨトウムシ・コナガ駆除・雑草防除
早生キャベツ 早生ジャガイモ 共に生育が良くなる
ジャガイモ ソラマメ 共に生育が良くなる(特にソラマメ)
  サヤエンドウ 共に生育が良くなる
  トウモロコシ 共に生育が良くなる
  キャベツ 共に生育が良くなる
スティックセニョール サルビア アオムシ・ヨトウムシ・コナガ駆除
  レタスリーフレタス アオムシ・ヨトウムシ・コナガ駆除
ダイコン ニンジンレタスリーフレタス 害虫退避効果
タマネギ カモミール 害虫防除・生育が良くなる
チンゲンサイ シュンギク アオムシ・ヨトウムシ・コナガ駆除
トウモロコシ サヤエンドウ 共に生育が良くなる
  エダマメラッカセイ アワノメイガの駆除効果
ミニトマト(トマト) ラッカセイ 共に生育が良くなる
  ニラ 土壌病害の発生を抑制する
セロリ タマネギ 共に生育が良くなる
ピーマン つるなしインゲン 害虫退避・共に生育が良くなる
ホウレンソウ 葉ネギ 害虫駆除・萎凋病予防
マクワウリ トウモロコシ 生育が良くなる
  葉ネギ 土壌の病気予防・生育が良くなる
ニンジン レタスリーフレタス 共に生育が良くなる
  タマネギ タマネギバエ・ニンジンバエを駆除する
  エダマメ 共に害虫防除・共に生育が良くなる
レタス キャベツ 生育が良くなる・雑草抑制
  ニンジン 共に生育が良くなる

コンパニオンプランツの組み合わせ方

コンパニオンプランツの組み合わせを色々と紹介しましたが、ここで紹介した組み合わせ以外にもまだまだあります。最後にコンパニオンプランツを見つけるヒントをお教えします。

ネギやニラ・ニンニクなどユリ科の野菜の根に共生する微生物からは病原菌の繁殖を抑制する抗生物質が出ているため、ナス科のナス・トマトジャガイモ、ウリ科のキュウリニガウリ(ゴーヤ)マクワウリと混植が最適な組み合わせです。

ウリ科の野菜のつる割れ病やナス科の野菜の青枯れ病の抑制に繋がります。ユリ科の野菜の根はひげ型で浅く張るためウリ科やナス科の深い根と競合することはありません。

ただし、キク科のレタスやリーフレタス・マメ科のエダマメ・アブラナ科のハクサイテーブルビートは根が競合するため少し離れた場所に植えるようにしましょう。

マメ科の野菜(エダマメサヤエンドウ・)の根には根粒菌などが共生するため根から養分をもらって空気中の窒素を土中に固定する働きがあります。

またマメ科の野菜はリン酸を吸収しやすい形に変えるため様々な野菜と相性がいいのですが窒素分やリン酸を必要とする野菜との混作がおすすめです。

ただし根が干渉する野菜との混作は一定の間隔を空けて植えましょう。

キク科やセリ科・シソ科の野菜は多くの害虫に対して退避効果があります。特にアオムシ系・アブラムシ系に効果的です。

 

家庭菜園(野菜作り)の基本知識

家庭菜園で簡単野菜作りVegetablesBeginnersGuide!


   はてなブックマークに追加