本文へスキップ

カブ育て方

カブ栽培・育て方のコツ

カブ(小カブ)の育て方。プランターや露地栽培でのカブ栽培が初めての方にも分かりやく育て方をレクチャーします。コツさえ知っていればカブの栽培はけっして難しい野菜ではありません。このサイトを見てダイコンの栽培にチャレンジしてみましょう!





カブをプランターや露地栽培で育てましょう!


カブ(小カブ)の育て方カブ栽培
難易度★★☆☆☆

カブは漢字で「蕪」と書く冷涼な気候を好むアブラナ科の根野菜です。原産地はアフガニスタンまたは地中海沿岸と言われ、日本には奈良時代に渡来したと言われています。

カブは直播が基本で春蒔きと秋蒔きがありますが、害虫や病気の被害が比較的少ない秋蒔きからがカブ栽培の初心者には育てやすくおすすめです。

カブに含まれる栄養価は、根にはビタミンC、カリウム、カルシウム、食物繊維など。アミラーゼという消化酵素を含むので内臓の働きを助け胃もたれや胸焼けに良いと言われています。

カブは葉の部分にも多くのビタミンやミネラルを豊富に含んでいるので、葉は味噌汁の具にしたりお浸しにすれば美味しく食べることが出来ます。





カブの種まき・植え付け・収穫時期カレンダー


春蒔きは3月上旬~6月下旬、収穫は5月下旬~7月下旬まで
秋蒔きは8月中旬~10月上旬、収穫は10月中旬~12月中旬まで

カブの植え付け収穫カレンダー




カブの上手な育て方コツ!


  • カブの生育適温は生育温度は15~20℃、発芽適温は20℃~25℃です。
  • カブは冷涼な気候を好む野菜で春と秋が種まきシーズンですが、季節に合った品種を選ぶことが上手に育てるポイントです。
  • カブは土壌の適応性が高い根野菜で、PH5.2~6.8の間であれば栽培が可能です。
  • 根割れや又根の原因になるのでポット植えではなく畑に直に種を蒔い育てましょう。
  • 有機質を含む保水性と通気性の高い砂壌土で良く育ちます。
  • カブをプランターや鉢で栽培する時は、根が小さく育つミニ種がおススメです。
  • 根部が肥大してくると用土の表面に出ますが、土寄せはせずにそのままの状態で育てましょう。




カブの育てやすい品種


育てやすいカブの品種日本各地で品種改良されて、現在では地域特産の様々な品種のカブが販売されています。大きく分けるとヨーロッパ型とアジア型の2種類。

初心者が育てやすいカブの種類は、金町系の「しらたま」「たかね」「はくれい」「はくたか」など。

その他にも、早取り出来て変形やス入りが少ない「福小町」、病気に強く実の育ちが良い「玉里」、赤色のカブ「愛真紅」、上半分だけ赤い「あやめ雪」、細長い形をした「日野菜蕪」なども人気です。

カブはどの品種を選んでも簡単に育てられますので、色々な品種を育てて栽培を楽しみましょう。プランターで栽培する時は小カブと言われるミニ種がおすすめです。

楽天市場の「カブ」の種はこちら(クリック)

amazonで人気の「カブ」の種はこちら(クリック)





カブ栽培に適したプランターサイズと土づくり


カブ栽培に適したプランターの大きさカブを育てるときのプランターサイズは、中型の標準タイプ(60㎝以上)で栽培します。

2条で育てる時は大型のプランターを利用しましょう。また植木鉢で少数株を栽培することも可能です。



カブ栽培に使う用土の種類カブ栽培に適した用土は市販の培養土を利用すると簡単です。自分で用土を準備する時は
赤玉土6:砂2:バーミキュライト3、これに石灰を用土10ℓ当たり10gと化学肥料を用土10ℓ当たり20g混ぜ合わせた物を用土に使います。 種植えをする2週間前までに土作りを完了させておきましょう。

露地栽培でカブを育てる時は、種を蒔く2週間前までに石灰100g/㎡・堆肥2㎏/㎡・化成肥料100g/㎡を施してよく耕して、幅60㎝高さ10㎝の平畝を作りましょう。

カブは土壌の通気性を良くすることが大きく太らせるコツ。用土は種植え前に深くていねいに耕しましょう。小石などがあると根別れを起こすので取り除いておきます。

カブの育て方コツは排水性と通気性 プランターで育てる時はプランターの底に鉢底石を敷くなど排水性を良くしておきましょう。

プランターに入れる用土の量は、鉢の8割にしてウォータースペースを確保します。用土を入れすぎると水やりの際に用土がこぼれてベランダが汚れてしまう原因になります。




カブを種から育てる(種播き)


カブの種まき方法カブは苗からの移植は出来ないので、畑やプランターに直接種を蒔いて育てます。

カブは種点蒔きか筋蒔きで種を蒔きます。点蒔きする時は、空き缶などを使ってくぼみをつけて蒔き穴を作り、そこに4~5粒程度種を蒔くようにします。

点蒔きは植える間隔が広くなるので、後々の間引きの手間が楽になる蒔き方です。通常のカブは20㎝~25㎝、小カブは10~20㎝植え付けの間隔を取って種を蒔きましょう。

カブの種の蒔き方間引いた苗を料理に使いたい方は筋蒔きがおすすめ。

筋蒔きする時は条間を10~15㎝取り棒などを使って深さ5~10㎜のまき溝をつけましょう。

カブはバラ撒きも出来ますが、苗を間引く時や施肥の管理に手間がかかるのでおすすめしません。



カブの種が発芽しない原因用土は篩などを利用して土の粒をそろえるようにすると、「また根」になるのを防ぐことが出来ます。

種を植えた後は用土をかぶせてやりますが、覆土は1㎝以下にして軽く手や木の板などで軽く押さえてやりましょう。抑えることで水やりの時に種が表面に出るのを防ぐことが出来ます。



カブが発芽しない原因と対策種を蒔いた後はたっぷりと水やりをしましょう。

カブの種はとて小さく激しく水やりをすると種が表面に流れ出るので、ジョウロのハス口を上向きにして丁寧に与えます。

カブが発芽するまでの間は水を切らさないように注意。芽が出るまでの水やりが少ないと発芽率が下がります。




 カブの間引き方


カブの間引き方(1回目)カブは種を植えてから4~5日ほど経つと発芽が始まります。

筋蒔きでは全ての発芽が揃った時、点蒔きは本葉が2~3枚になった時に1回目の間引きをします。

筋蒔きの1回目の間引きは、2~3㎝間隔(本葉どうしが重ならない程度)に間引いて、株が倒壊しないように真っ直ぐになるよう土寄せをしてやりましょう。



カブの間引き方(2回目)点蒔きの1回目と筋蒔きの2回目の間引きは本葉が2~3枚に成長した時に行います。

点蒔きでは1か所あたり育ちの良い苗を3本だけ残して他の苗をすべて間引きましょう。

芽が密集している場合に強引に手で抜き取ると、他の株の根と絡まった残したい株ごと引き抜いてしまうことがあるのでハサミを使って苗を切り取るようにします。間引いた後は株もとに土寄せを行っておきましょう。



カブの間引き方(3回目)最後の間引きは本葉が5~6枚になった時です。株間を20~25(小カブは8~10㎝)確保して1本立てにします。

この頃になると苗がしっかりと根付いているので、ハサミなどを使って根元から切って間引きましょう。

カブの間引きは根の部分を太らせるために大切な作業となるので、適期に行うことがポイントです。





 カブの水やりの頻度と与える量


カブの水やりのタイミングカブの種を撒いた後は、発芽するまでの間は水を切らさないようにします。表面が乾いたらその都度水やりをしましょう。

芽が出て以降は土の表面が乾いた時に水やりを行います。カブは多湿を嫌うので暖かい日中に水やりを行いましょう。夕方以降の水やりは病気の発病を助長する原因になります。

また、根の肥大期に水やりが足りないと裂根の原因となるので根の肥大を確認したら水やりを十分に行いましょう。





カブの追肥の頻度と与える量


カブの追肥の頻度と回数カブの追肥は根の肥大が始まる前に行います。追肥のタイミングは2回目の間引きの後と最後の間引きを行った時です。

2回目の間引きを行ったら、株周辺に化成肥料を1株当たり3~5g程度パラパラっと撒いて、周辺の土と混ぜ合わせて土を株もとに寄せてやりましょう。



カブの2回目の追肥は、最後の間引きのあとに化成肥料を2回目と同量(1株当たり3~5g程度)与えます。1回目同様に株もとに肥料を撒いて周辺の土と混ぜ合わせ、その肥料の混ざった土を株もとに寄せます。

カブは多肥性なので、根の肥大が始まってから収穫までは肥料をしっかり与えることが根を太らせるコツ。生育が急速になる時期は肥料の吸収が盛んになり、この時期に肥料切れを起こすと根が太らず味も落ちてしまいます。

ただし、窒素分を多く含む肥料を多く与えると葉ばかりが育つので注意が必要です。カブ栽培では追肥のタイミングと与える肥料の種類と量を適切に守りましょう。





カブの収穫時期(タイミング)


カブの収穫適期カブの収穫までの日数は品種によって違いますが、種を蒔いてから、大カブで60~100日、小カブで40~50日程度で収穫出来ます。

見た目で収穫適期を判断する時は、用土から出ている首の部分を少し掘って大きさを確認します。根の直径が10㎝(子カブは5~6㎝)になった頃が収穫適期です。



カブ収穫のタイミングカブは葉の付け根の部分を手で掴んで引き抜くと簡単に収穫できます。大きなものから順番に収穫していきましょう。

一度に収穫しない時は、残ったカブが肥大を続けるので引き抜いた穴を必ず埋めておくようにしましょう。


収穫のタイミングが遅れると「す」が入ってしまって食感が落ちてしまう原因になるので、収穫のタイミングには注意しましょう。

「す」が入ると中がスカスカになってしまいます。ス入りかどうかは、外葉を千切って葉柄の断面に空洞が出来ているかどうかで簡単に判断できます。







カブの育て方まとめと病気対策と害虫対策


カブの育て方のコツとまとめカブを育てるコツは間引きと追肥。間引きのタイミングを守って、与える肥料の種類と量・タイミングが大切です。

カブは有機質をたっぷり富んだ、通気性と排水性、それに保水性の良い土壌で育てると根が大きく育ちます。

用土の中に地中障害物(石、木の根)や、未熟な有機物(未収穫の根野菜)などがあると根が分かれてしまうので注意しましょう。



カブに発生する病気の種類と対策カブに発生しやすい病気は白さび病・黒腐れ病・根こぶ病・萎黄病などです。病気の原因は多湿によるものが殆どなので、露地栽培する場合は高畝栽培すると良いでしょう。尚、プランターの場合は鉢底石などを敷き詰めて水はけを良くしましょう。


カブに発生する害虫の駆除カブに発生しやすい害虫は、カブラハバチ・キスジノミハムシ・アオムシ・アブラムシなど。

中でも厄介な害虫がキスジノミハムシ。特に幼虫は根の部分に被害を与えるので、発見したら粒剤による土壌処理を必ず行う必要があります。

成虫が多く発見された時は粒剤の効果が出にくいので散布剤等の利用も検討して下さい。

カブの害虫対策特に幼苗期に害虫が発生すると一瞬で被害が拡大するので注意しましょう。

種を蒔いた後に寒冷紗を利用して栽培すれば、害虫の飛来を大幅に防ぐことが出来ます。

害虫は早期駆除が有効です。成虫の飛来や食害跡を見つけたら、葉の裏などを良く観察して早期発見を心掛けましょう。



     





野菜の育て方(根菜類)一覧

ナビゲーション




Tweet             はてなブックマークに追加