ショウガ育て方

ショウガ栽培・育て方のコツ

ショウガの簡単な育て方。プランターや露地栽培でショウガを育てましょう!ショウガ栽培はコツを知っていれば難しくありません。ショウガ栽培が初めての方に分かりやく画像付きでショウガの育て方をレクチャーします。植え付けから収穫まで、病気や害虫の対策も紹介!




ショウガをプランターや露地栽培で育てましょう!

 はてなブックマークに追加 

ショウガ(生姜)の育て方ショウガ栽培
難易度
★★★☆☆ 

ショウガはショウガ科の原産地はインドやマレーシアとされていて、高温・多日照・多湿を好む根野菜です。

春に種ショウガを植えると夏は葉ショウガ、秋以降は根ショウガが収穫できます。植え付けの期間が短いので注意しましょう。


ショウガに含まれる栄養素はビタミンA・ビタミンB・ビタミンCの他、カリウム・カルシウム・マグネシウムなどのミネラル類が豊富です。辛み成分のジンロゲンは血行を促進し発汗を促す効果があり代謝を高めてくれます。

その他にも抗癌性があるショウガオール、香りの元のジンギレベン・シトロネラールは消毒作用と解毒作用があり、生ものなどに添えられることが多いのはこのためです。

ショウガは料理の薬味や煮魚の香味、ショウガ焼きなど料理のレパートリーがとても豊富。収穫直後のショウガなら生で食べることも出来ます。

ショウガは強い光を極端に嫌うので、ベランダ菜園や露地栽培の空きスペースで十分に栽培できる人気の野菜。ショウガは香味に使える便利な万能野菜なので、ぜひ栽培にチャレンジしてみましょう。






ショウガの種まき・植え付け・収穫カレンダー


種ショウガの植付時期は3月下旬~5月上旬
葉ショウガの収穫は7月中旬~8月下旬
根ショウガの収穫は10月上旬~11月上旬

ショウガの栽培カレンダー




ショウガ上手な育て方のコツ!


  • ショウガの生育の適温は25~28℃で、15℃以下になると生育が止まります。
  • ショウガは高温・多日照・多湿を好む野菜。
  • 土壌の適応性は高いのですが、有機物の入った保水性の高い土壌でよく育ちます。
  • 直射日光を嫌うのでキュウリやトウモロコシなど、草丈の高い野菜の陰に植えると上手に育てられます。
  • 土壌の乾燥と多湿の変化が激しいと根が大きく育ちません。
  • ショウガは連作が出来ません。最低でも4~5年は間隔をあける必要があります。
  • ジャガイモと相性が悪いので輪作は避けましょう。
  • 熱帯アジア原産の湿潤な気候を好む野菜なので、水やりは用土が乾燥する前にたっぷりと与えるようにします。




種ショウガの選び方


種ショウガの準備4月下旬頃になると、ショウガの種いわゆる「種ショウガ」が販売されはじめます。

ショウガは種ではなくこの種ショウガから育てます。
種ショウガを選ぶ時は、黄色が鮮やかで色つやが良く生き生きとして病気に掛かっていないものを選ぶようにしましょう。


悪い種ショウガを選んでしまうと土中で腐って芽が出ないので注意が必要です。

楽天市場の種ショウガはこちら(クリック)

amazonの種ショウガはこちら(クリック)





ショウガ栽培に適したプランターサイズと土づくり


生姜栽培に使うプランターの大きさショウガを栽培する時のプランターサイズは標準サイズ(60㎝)のものを利用しましょう。

標準サイズのプランターでも3株ほどは植えることが出来ます。また、単株でショウガを育てる時は、10号以上の植木鉢でも十分に育てられます。



ショウガ栽培に使う用土
ショウガ栽培に使う用土は市販の培養土を使うとすぐに植え付けできるので便利です。

自分で用土を作る時は、赤玉土6:砂2:バーミキュライト3、これに石灰を用土10ℓ当たり10gと化学肥料を用土10ℓ当たり20gを混ぜ合わせたものを用意しましょう。

露地栽培でショウガを育てる時は、堆肥3㎏/㎡・化成肥料100g/㎡を全面散布して良く耕しておきましょう。畝は幅60㎝高さ10㎝とします。

プランターや植木鉢で育てる時に用土をプランターの淵一杯まで入れてしまうと、株が大きくなってからのまし土が出来ません。

また乾燥防止の敷き藁を敷くスペースもなくなってしまいます。用土は6~7分目までにしておきましょう。





ショウガの種類と特徴


種ショウガの選び方ショウガは大きく分けると「小ショウガ」「中ショウガ」「大ショウガ」があります。小ショウガは辛みが強く大ショウガは辛みが弱いのが特徴、中ショウガはその中間の辛さです。

大ショウガは収穫までの期間が長く1株当たり800~1,000g収量があり、中ショウガは大ショウガよりも生育が早く1株で500~600g、小ショウガは更に生育が早いのですが1株で300~400gしか収量がありません。

どの種類を栽培するかは利用目的に合わせて選びましょう。葉ショウガや筆ショウガを収穫したい時は小ショウガや中ショウガを利用します。




 種ショウガの植え付け方


種ショウガの植え付ける ショウガは気温が十分に上がってから植えます。寒いと種ショウガが腐るので遅霜の心配がなくなる頃までは植え付けないようにしましょう。

ショウガを植え付ける株間は、小ショウガは狭く(20㎝間隔)大ショウガは広く(25~30㎝間隔)取ります。

プランターに植える時は用土を6分目まで入れたあと、20㎝間隔に並べ上から培養土を5~10㎝被せます。露地栽培では深さ5㎝ほどの植え溝を掘り、芽を上向きにして土に差し込むようにして植えつけましょう。

深植えにならないようにすることが発芽率を上げるポイント。植えつけた後は用土に密着させるためにたっぷりと水やりをしましょう。


種ショウガの植え付け方買ってきた種ショウガを直ぐに畑に植えつけると、芽が出るまでに2か月ほど掛かります。

ショウガを植えつける前に3芽ごとに切り分けて一つの種ショウガを50g程度の大きさに分けます。それを日光に2日ほど当ててから植えつけると発芽しやすくなります。


ショウガ植え付け後の処理気温が低い時期や寒冷地でショウガを育てる時は、芽出しをしてから畑に植えつけると良いでしょう。

プランターに培養土を入れ種ショウガを芽を上に向けて並べ、約5㎝覆土します。発芽するまでビニールなどをかけて保温しましょう。芽が出た後は7~8㎝になるまでプランターで育てます。






 ショウガのまし土


ショウガはまし土が重要です。まし土が足りないと根茎が太らず小さなショウガしか収穫できません。発芽してからはまし土(土寄せ)をこまめに行いましょう。




 ショウガの水やり頻度と与える量


ショウガ水やり頻度と与える量ショウガの水やりですが、種ショウガを植え付けてから芽が出るまでの間はたっぷりと水やりを行いましょう。

ショウガの水やりの頻度ですが、プランターの場合は朝と夕方の2回、露地栽培では2~3日に1回を目安とします。

ショウガは乾燥に極端に弱いので土の表面が乾かないように気をつけましょう。特に梅雨があけて以降夏場の乾燥機は水切れにならないように細心の注意を払います。





  ショウガの乾燥防止(敷き藁)


ショウガ乾燥防止(敷き藁)ショウガは発芽してから株元に敷き藁をして乾燥防止対策をしましょう。

シルバーマルチでも代用できますが、ショウガは土寄せを頻繁に行うので後の手間を考えるとあまりお勧めできません。

ベランダ菜園でショウガを育てている時などは敷き藁が用意できないので、「ピートモス」をまし土代わりに使うと乾燥防止のマルチングと兼ねることが出来ます。種ショウガを植えたあとに被せて発芽までの乾燥を防ぎましょう。

また、ショウガは茎が弱いため風によって地際から茎が折れてしまうことが良くあります。マンションの高層階や風の強い場所で育てる時は、防風ネットを張るなどの風対策もしてやりましょう。





ショウガの追肥の頻度と与える量


ショウガの追肥頻度と与える量と間隔ショウガの追肥は肥大に欠かせないカリ分を含むものを与えましょう。

追肥のタイミングは発芽して草丈が15㎝になった頃と草丈が30~40㎝になった頃に与えます。それ以降は月に1回与えるようにしましょう。




ショウガの追肥を与える時期は?ショウガの1回あたりの追肥の量ですが、露地栽培の場合は株元に化成肥料を30gほど追肥して土寄せします。

プランターでショウガを育てている場合は、株周辺の土に化成肥料を5gほど蒔いて、軽く混ぜて株元に土寄せしましょう。

水やりを兼ねて週に1回薄めた液肥を与えると生育が旺盛になります。





ショウガの収穫時期


ショウガの収穫のタイミングショウガの収穫時期ですが、筆ショウガは6~7月頃、葉ショウガは7~8月頃、根ショウガは10~11月頃です。

筆ショウガは茎葉が生い茂って塊茎が肥大し始めた頃が収穫適期。新芽だけをかき取って収穫しましょう。

株元が赤くなった時が葉ショウガの収穫適期です。葉ショウガは株ごと引き抜いて収穫しましょう。収穫したての新鮮な筆ショウガと葉ショウガは生で食べることが出来ます。

ショウガの収穫時期根ショウガとして収穫する時は、10月中旬頃まで栽培を続けます。地上部の茎葉が黄化した時が収穫適期。霜が降りる前に収穫しましょう。

植え付けに使った古い種ショウガは「ヒネショウガ」と呼ばれ、すりおろし用のショウガとして利用できます。




ショウガの育て方まとめと病気対策・害虫駆除


ショウガの収穫時期ショウガを育てるコツは上手に発芽させられるかどうかに掛かっています。

芽が出たあとは生育が旺盛なので水やりと土寄せを欠かさなければ収穫まで無事にたどり着けます。

ショウガは15℃が生育の限界温度なので十分に気温が上がってから種ショウガを植えつけましょう。10℃を下回ると地上部は枯死してしまいます。

ショウガは多湿を好むので水やりをしっかりと行うことが大切ですが、水がたまるほど与えると生育が悪くなります。一度に大量に与えるよりはこまめに適量を与えるようにしましょう。

ショウガ病気対策ショウガに発生する病気は「根茎腐敗病」「モザイク病」「いもち病」「白星病」などです。

特に葉が黄化して悪臭を放つ根茎腐敗病に掛かると致命的です。万が一病気が発生した時は発病株と周辺の土を畑の外に持ち出して処分しましょう。

病気を防ぐためには連作を避ける。病原菌のついた種から発病することが多いので、種ショウガは無病の畑で採取したものを使うようにする。あと、土壌が必要以上に多湿にならないように心がけましょう。


ショウガに発生する害虫は「メイガ類」「アブラムシ類」「センチュウ類」「ヨトウムシ」などです。

株が大きくなってからは被害は深刻にはなりませんが、幼苗期に被害に遭うと苗が全滅することもあるので注意が必要です。

また、害虫の中にはアブラムシのようなウイルスを媒介するものや病原菌を媒介するセンチュウなどもいるので、害虫を発見した場合は早急に駆除・対策をしましょう。



    





野菜の育て方(根菜類一覧)


 はてなブックマークに追加 Tweet