本文へスキップ

相性悪い野菜

育ちが悪くなる野菜の組み合わせ

相性が悪い野菜の組み合わせは?プランターや畑で混作をするときに一緒に育てると生育が悪くなったり実がならなくなったりする相性が悪い野菜の組み合わせを紹介します。

育ちが悪くなる野菜の組み合わせ

相性が悪い野菜の組み合わせは?相性が悪い野菜の組み合わせは?

プランターや畑で混作をするときに一緒に育てると生育が悪くなったり実がならなくなったりする相性が悪い野菜の組み合わせを紹介します。

相性が悪い野菜の混作は注意しましょう!

プランターなど限られたスペースではいろいろな野菜を育てようと違った種類の野菜を組み合わせて植えることがあります。

違う野菜を複数植える栽培方法で寄せ植えコンパニオンプランツ)がありますが、注意したいのは相性の悪い組み合わせで混作しないということです。

悪い組み合わせを知っていれば失敗が減ることは言うまでもありません。相性の悪い野菜の組み合わせには法則があります。相性が悪くなる混作パターンを学んで失敗を未然に防ぎましょう。

相性が悪い野菜の組みわせパターン

どの野菜とどの野菜を組み合わせると失敗するのでしょう。実は組み合わせの悪い野菜には法則があります。

同じ科の混作は害虫を呼び合う

同じ場所に植えると育たない野菜の組み合わせ家庭菜園での悩みの一つは害虫の被害に遭ってしまうことではないでしょうか。害虫は薬剤での駆除が効果的ですが、家庭菜園ではなるべく薬剤を使いたくないというのが本音でしょう。

害虫は似た野菜に似た害虫が集まることが多いため、同科の野菜の株数が増えれば増えるほど多く集まります。例えば同じアブラナ科の「キャベツコマツナハクサイダイコンスティックセニョール」はアオムシやヨトウムシが発生しやすい野菜です。

同じ科の野菜は栽培方法が似ているため相性は悪くありませんが(連作は不可なので注意)必要以上に害虫を集める要因になります。

ただしナス科(ジャガイモミニトマトナスピーマンシシトウ)同士は混植や混作を嫌うので寄せ植えは出来ません。

根の張り方で相性が悪くなる

野菜を同じ場所で育てるときは地上だけでなく土中のことも考える必要があります。最適な株間を確保していても根の張り方が違う野菜同士だと根が干渉してしまうことも。

例えば直根性のオクラやゴボウダイコンなどは太い側根を張るナスやトマトとは相性が悪いのです。

根が干渉することで股根になり水分や養分を奪い合ってしまい成長を阻害し合ってしまいます。

好む土壌によっては相性が悪くなる

育てる野菜によって好む土壌が違っています。例えばユリ科のニラはpH6.0~7.0を好みますが、ナス科のジャガイモはpH5.0~6.0を好みます。

その他にも多湿を好むサトイモと多湿を嫌うミニトマトの組み合わせもおすすめ出来ません。

栽培期間が異なると相性が悪くなる

野菜同士の栽培期間が大きく違う者同士は相性が悪い野菜です。

野菜の収穫が終わった後に株を除去しなければいけませんが、その作業中に混植している野菜を傷めてしまうことがあるからです。根が干渉する野菜同士の場合は尚更です。

生きた根を傷めると収穫に影響が出てしまうため、混植した野菜の収穫が終わるまで土作りが出来なくなってしまいます。

相性が悪い野菜の組み合わせ表

同じ場所で混植すると生育が悪くなったり病気になりやすくなったりする一緒に植えてはいけない野菜の組み合わせを紹介します。

野菜の種類コンパニオンプランツ有害な作用
ジャガイモミニトマトキュウリ・カボチャ病気に掛かりやすくなる
ミニトマト コールラビ お互いに拒否する
ジャガイモ 生育が悪くなる
オクラ ミニトマトナス 生育が悪くなる
サヤエンドウ  タマネギニンニクエシャロット 生育が悪くなる 
ジャガイモ 生育が悪くなる
サヤインゲン タマネギニンニクエシャロット 生育が悪くなる 
ショウガ ジャガイモ 生育が悪くなる
ダイコン 葉ネギ 股根になる
ミニトマトナス 生育が悪くなる
ハクサイ 葉ネギ 結球しなくなる
キャベツ 葉ネギ 結球しなくなる
エダマメ 葉ネギ 実成りが悪くなく
ゴボウ ミニトマトナス 生育が悪くなる
ナス科の野菜 ナス科の野菜 生育が悪くなる
ニンジン ミニトマトナス 生育が悪くなる

相性の悪い組み合わせはここで紹介した以外にもあります。野菜の特徴を理解して自分なりの組み合わせを考えてみるのも面白いでしょう。

  

家庭菜園(野菜つくり)の基本知識

家庭菜園で簡単野菜作りVegetablesBeginnersGuide!


 はてなブックマークに追加