本文へスキップ

きゅうり

胡瓜の育て方

お家のプランターで胡瓜を栽培しませんか?
胡瓜栽培のコツさえ知っていれば初心者でも難しい野菜ではありません。きゅうりの栽培が初めてでも分かりやく育て方をレクチャーします。このサイトを見てきゅうりの栽培にチャレンジしてみましょう!





きゅうりを栽培する時のポイント!

きゅうりの特徴 枝豆の栽培難易度 ★★☆☆☆ 
初心者向け


きゅうりは夏を代表する家庭菜園でも人気の野菜です。カリウム、ビタミンC、カロチンが豊富な野菜で浅漬けにしたりサラダにしたりと様々なお料理に使える便利な夏野菜です。

栽培には移植栽培と直まき栽培がありますが、初心者はホームセンターなどでポット売りされた苗での移植栽培が簡単で確実です。

生育が低下しないように適切なかん水と追肥を行うことがキュウリ栽培のポイントです。過湿に弱いので、梅雨時は排水対策を徹底しましょう。






種まき・植え付け・収穫カレンダー

きゅうりの植付時期は4月上旬~7月下旬で収穫時期は6月上旬~9月下旬までです。
きゅうり栽培カレンダー
スーパーなどに出回っているきゅうりはどれも似ているように見えますが、きゅうりには実や形の違うたくさんの品種があります。

一般的にスーパーで出回っているきゅうりは南極1号や北星、リクエスト、ステータスなどです。夏から秋の遅植えきゅうりには夏秋節成、奥路などがあります。夏すずみ、南進、北進など(特にカボチャ台木の接ぎ木苗)を植えると育てやすいので初心者の方は育てやすい接ぎ木苗をお勧めします。

食感が良い人気の種類は、近成四葉、さちかぜ、四川、夏すずみ、夏さんご、さちなりなどです。




きゅうりを育てる時に気を付けるポイント!

  • きゅうりの成長を低下させないように適切なかん水と追肥を行いましょう。
  • 特に梅雨時期は病気の発生原因にもなりますので、過湿に注意をして排水対策を徹底しましょう。
  • きゅうりは根の分布が浅いため、夏場の土の乾燥を防ぐために敷わらを敷いて対策を行いましょう。
  • きゅうりの茎葉の組織が弱いので、風などで茎が折れないように支柱などに誘引させましょう。
  • 連作には強くないので2年は作付けを避けた方が良いです。連作する時は接ぎ木苗を植えましょう。
  • 形の悪いキュウリが実る時は奇形果の発生の原因と対策をご覧ください。



きゅうりの良い苗の選び方

良いキュウリの苗 きゅうりの苗の選び方ですが、移植栽培する時の苗は、種を撒いてから子葉が残っていて、本葉が3~4枚程度の状態のものを選ぶようにしましょう。子葉と初期葉の間の茎が太くしっかりしたものが良い苗です。

家庭菜園できゅうりを種から植える時はポット植えをお勧めします。ポットで育てておくことの1番のメリットはプランター等に植えかえる時にきゅうりの株の植え傷みを防げることです。



きゅうりの植え付け

キュウリの植え付け方法 きゅうりの苗を植える約2週間前には土づくりを行いましょう。きゅうりの根の酸素要求量は野菜の中でも大きい方なので、土壌の孔隙量が多いとよく育ちます。腐葉土などを混ぜると良いでしょう。

種まきの2週間前に苦土石灰150g/m²と堆肥3kg/m²を入れて耕し、1週間前に化成肥料150~200g/m²を入れて排水性を上る為に畝を作ります。苗と苗の株間は約50cm程度は確保しておきましょう。



キュウリ直まきの注意点

直まきの場合は、株間40~50cmとし、1ヶ所に3粒まき、厚さ1cmの覆土をする。その後、乾燥や土のはね返りを防ぐために切りわらを敷いて十分にかん水します。発芽したら1ヶ所2本に間引きを行い、本葉4~5枚の時に1ヶ所1本に間引きしましょう。

苗を定植する場合は、ポットで育った本葉3~4枚の苗を選び、株間は50~60cmで植え付けしましょう。植える穴には十分に水で湿らせておくか、雨の後に植え付けて定植後の1週間は毎日多めに水を与える根の活着がよくなります。




きゅうりの摘心の図解とイラスト
イラストはJAつやま公式サイトより引用させて頂きました。

20~30cmにまで育ったぐらいで、つるを巻きつけるための支柱を立てます。支柱はしっかり立てておかないと実がなる頃に重みで倒れるので注意しましょう。最初のつるは支柱にひもでゆるく結んでおけば自然に支柱へ蒔きついてくれます。

親づる1本仕立てとし大人の背丈くらいまで育ったら、親づるの先を摘心してしまいましょう。摘心すると下の子づるがよく育つようになります。尚、摘心した親つるは支柱にひもで固定しておきましょう。

親づるの5節より上の子づると孫づるは、1~2つ実をつけたらその先の1葉を残して先のつるは摘心してしまいましょう。





キュウリの摘葉の仕方 茎葉が混んでくると採光が悪くなるので摘葉しましょう。摘葉とは花の落下や実の生育不良が生じさせないようにするため、古くなった葉や病気で枯れた葉などを摘みとることを言います。

ただしきゅうりを摘葉する時に一度に葉を摘みすぎてしまうと、株が弱ってしまうので、摘葉は1株あたり1日1枚程度にしておいた方が良いでしょう。



追肥のタイミング

きゅうりの追肥のポイント

肥料の種類は化成肥料と油かす、または有機配合肥料。2~3回目は生育のポイントとなり、収穫も増えてくるので徐々に増していきます。追肥は15~20日間隔に化成肥料なら60~70g/m²を合計で3回施しましょう。きゅうりは1度にたくさん施すよりも少しずつ施した方が効果が出ます。

株がしっかりしてきたら1回目の追肥を行います。1回目は株の周りに軽く施し周辺の土と軽く混ぜ合わせます。2回目と3回目畝の片の部分に施し土を軽く被せるようにしましょう。




きゅうりの収穫時期

収穫のタイミングと収穫時期 きゅうりの成長はとても早く開花してからあっという間に実が大きくなっていきます。ふだん食べているキュウリは、完全に育つまえのもので、開花から10日くらいの20cmくらいになった頃のものであれが一番おいしい大きさです。

きゅうりの草勢が弱くなった時はなった実を早取りして草勢を回復させれば再び大きな実を着けてくれます。弱ったまま実を大きく育てると実なりが悪くなって枯れていきます。



きゅうりを栽培する時のコツと病気対策

梅雨明け後は高温が続き乾燥するので、畝に敷わら、敷草を十分に行って下さい。水やりは梅雨の時期は少なめにして、梅雨明け後は毎日水やりをするのではなく、2~3日に1回にして多めに水を与えるのがポイントです。水量は1株につき3Lほど与えると良く育ちます。


きゅうりの
病気は6~7月にうどんこ病、べと病、7~8月に褐斑病、炭疽病がよく発生します。対策として薬剤を予防散布し、病気が発生したら7~10日おきに薬剤散布する。べと病、褐斑病は肥料不足で発生しやすい病気なので適正な肥培管理を行うようにしましょう。

病気の詳しい予防対策はこちら

きゅうりを栽培する時に発生しやすい害虫は、春と秋にアブラムシ類が葉裏や新芽に寄生して汁液を吸います。アブラムシ類はモザイク病のウイルスを伝染する上、感染すると新葉や果実にモザイク症状を生じるので注意が必要です。

対策ですが、定植時に粒剤を施したり、発生初期に薬剤を散布してアブラムシ類を駆除しましょう。薬剤を使う事に抵抗がある方は
シルバーマルチやシルバーテープなどを設置して飛来を防ぐのも有効です。




        



野菜の育て方(果菜類)トップに戻る





Tweet                はてなブックマークに追加