本文へスキップ

大根育て方

大根栽培・育て方のコツ

大根(ダイコン)の育て方。大根をプランターや露地栽培で育てましょう。大根栽培はちょっとしたコツさえ知っていれば難しくありません。初めての方にも分かりやく大根の育て方をレクチャーします。大根の種まきから収穫までのコツ、水やり頻度や追肥・病害虫対策など。





大根をプランターや露地栽培で育てましょう!


大根(ダイコン)の育て方大根(ダイコン)
栽培難易度★★☆☆☆

大根の原産地は中央アジアでやせた土地でも育つアブラナ科の丈夫な野菜です。大根には連作障害がないので何年も続けて栽培が出来る便利な根野菜です。

大根に含まれる栄養価は、根にはビタミンC、カリウム、カルシウム、食物繊維などです。

葉にもビタミンC・E、βカロチン等を豊富に含むため、葉は捨てないで味噌汁の具にしたりお浸しにして美味しく食べてしまいましょう。

大根はポットからの植え替えが出来ないので、畑に直に種を蒔いて育てる野菜です。秋まきと春まきが出来ますが、害虫被害が少ない秋播きがどちらかと言うと簡単で育てやすくおすすめ。

大根栽培が初めての方は秋まきからがおススメです。






大根の種まき・植え付け・収穫時期カレンダー


春蒔きは3月上旬~6月下旬、収穫は5月下旬~7月下旬まで
秋蒔きは8月中旬~10月上旬、収穫は10月中旬~12月中旬まで

ダイコン(大根)の植え付け収穫カレンダー




大根の上手な育て方のコツ!


  • 大根の生育適温は生育温度は17~20℃、生育初期は0℃~35℃までと低温には強い。
  • 大根は冷涼な気候を好む野菜なので、種蒔き(植え付け)は初と秋、時期に合わせて品種を選ぶと上手に育ちます。
  • 春播きはトウ立ちしにくい品種がベスト。
  • 大根は直根性の野菜で移植を嫌うので、種は直接畑に蒔いて育てましょう。
  • 大根をプランターや鉢で栽培する時は、根が小さく育つミニ種がおススメです。
  • 根が地中深くまで成長するので、通気性と排水性、保水性に優れた用土で育てると大きく上手に育ちます。





大根の育てやすい品種


大根の育てやすい品種大根は春蒔きと夏蒔きがありますが、種を蒔く時期に合った品種を選ぶことが大切です。

大根で育てやすい品種は秋採りの青首大根の「秋王」や葉を食用に出来る「葉美人」が人気。低温期によく肥大してトウ立ちが遅い春大根「天春」はベランダ菜園向けの大根です。

プランター向けの短根種には「三太郎」や「つくし春大根」「切太大根」などが病気に強く人気があります。

大根は品種改良が進んでいて、基本的にどの品種を選んでもうまく育てられるので、使う料理や好みで選んで色んな大根を育てて楽しみましょう。

楽天市場の大根の種一覧はこちら(クリック)

amazonの育てやすい種一覧はこちら(クリック)






大根栽培に使うプランターサイズと土づくり


大根栽培に使うプランターの大きさ大根を育てるときのプランターサイズは大型で深型のタイプ(60㎝以上)で栽培します。

土嚢袋や用土の袋、米袋などでも大根の栽培は可能です。その際は、深さ30㎝以上の袋を利用しましょう。



大根に使う用土大根栽培に使う用土は市販の培養土を利用するのが簡単ですが、自分で作る時は

赤玉土6:砂2:バーミキュライト3
それに石灰を用土10ℓ当たり10gと化学肥料を用土10ℓ当たり20g混ぜ合わせた物を用土に使います。

露地栽培で大根を育てる時は、種を蒔く2週間前までに石灰100g/㎡・堆肥2㎏/㎡・化成肥料100g/㎡を施してよく耕して、幅60㎝高さ10㎝の平畝を作りましょう。

露地栽培もプランター栽培も種蒔きをする2週間前までに
土作りを完了させておきます。大根は根を深く張るので、用土は種植え前に深くていねいに耕すのが大きく育てるポイント。

大根が丈夫に育つ土作り大根をプランターで育てる時はプランターの底に鉢底石を敷くなど排水性を良くして起きましょう。

用土は小石などがあると幼苗期に根別れを起こす原因になるので出来る限り取り除いておきます。大根は用土作りが命。大きな大根を育てるために、肥沃な畑を準備してやりましょう。





大根を種から育てる(種播き)


大根を種から育てる(種蒔き)大根は移植が出来ないので畑に直接種を蒔いてやります。間隔は20㎝~25㎝程度空けましょう。

空き缶などでくぼみをつけて蒔き穴に4~5粒程度種を蒔くようにします。点蒔きにして間隔を広めにすると、後々の間引きが楽になります。

筋蒔きする時は条間を10~15㎝取り棒などを使って深さ5~10㎜のまき溝をつけて5㎜~1㎝間隔で種を蒔きましょう。大根はバラ撒きも出来ますが、苗を間引く時や施肥の管理に手間がかかるのであまりおすすめしません。



大根が発芽しない時篩などを利用して土の粒をそろえるようにすると、大根が「また根」になるのを防ぐことが出来ます。

種を植えた後は用土をかぶせてやりますが、覆土は1㎝程度にして軽く手で押さえてやりましょう。軽く抑えることで大根の種が水やりで流れ出るのを防ぐことが出来ます。



大根の水やり回数大根の種を蒔いた後はたっぷりと水やりをしましょう。あまり激しく水やりをすると種が表面に流れ出てしまいますのでハス口を上向きにしてそっと水やりを行ってあげましょう。

大根が発芽するまでの期間はこまめに水やりを行い、芽が出るまでは表面を乾かさないようにすることが大切です。




 大根の間引き


大根の間引き方(1回目)種植えから4~5日ほど経てば発芽し始めます。筋蒔きは発芽が揃った時が1回目の間引きのタイミング。葉が重なり合わない間隔に間引きましょう。

点蒔きは発芽が揃ったら1か所に付き生育の良いものを3本残し間引きます。根元を押さえるようにして他の根を傷つけないように注意しましょう。



大根の間引き方(2回目)本葉が1~2枚に成長した時に2回目の間引きを行います。点蒔きは1か所に付き2本まで減らします。子葉(ふたば)のよく整った生育の良い株を残すようにしましょう。

筋蒔きの場合は葉が重ならない間隔になるよう間引きます。苗が密集している場合は無理に手で抜き取らないで、ハサミで切り取ります。2回目の間引きの後に1回目の追肥と土寄せを行います。



大根の間引き方(3回目)本葉が4~5枚になったら1本立てにします。この頃にはしっかり根付いているので、ハサミなどで根元から切ってしまいましょう。

大根の間引きは根の部分を太らせるために大切な作業となりますので、適期に忘れずに行うことがポイントです。





 大根の水やりの頻度と与える量


大根の水やりのタイミング大根の種を撒いた後は、発芽するまでの4日~5日間は水を切らさないようにしましょう。表面が乾いたらその都度水やりをします。

芽が出てからは用土の表面が乾いた時に暖かい日中に与えるようにしましょう。大根は多湿を嫌うので、夕方以降に水やりを行うと病気に掛かりやすくなるので注意が必要です。







大根の追肥の頻度と与える量


大根の追肥(1回目)大根の1回目の追肥は、2回目の間引きのあとに化成肥料を1株当たり3~5g程度、株もとにパラパラっと撒いて周辺の土と混ぜ合わせるようにして与えましょう。

その肥料の混ざった土を株もとに寄せます。



大根の追肥(2回目)大根の2回目の追肥は、3回目の間引きのあとに化成肥料を2回目と同量(1株当たり3~5g程度)与えましょう。

株もとに肥料を撒いて周辺の土と混ぜ合わせ、その肥料の混ざった土を株もとに寄せます。
大根は多肥性の野菜です。収穫までの期間に肥料切れを起こさないことが大きく育てるためのポイントです。

生育が急速な時期は肥料の吸収がとても盛んになります。この時期に肥料切れを発生させると根が大きくならず味も落ちてしまいます。

大根栽培では追肥のタイミング逃さず、肥料切れを起こさないように育てることが大切です。






大根の収穫時期(タイミング)


大根の収穫適期大根の収穫までの日数は品種によって違うので、育てている品種の収穫時期をしっかり確認するようにしましょう。

大根の収穫時期の目安は、用土から首の部分が出て太さが6~7㎝になった頃です。



大根の収穫のタイミング大根は収穫のタイミングが遅れると「す」が入ってしまって食感が落ちてしまいます。収穫のタイミングには注意しましょう。

すが入っているかどうかは外葉を千切ってみて葉柄の断面に空洞が出来ているかどうかで判断できます。

収穫方法は育ちの良いものから首元を掴んで引き抜くようにします。





大根の育て方まとめと病気対策と害虫対策


大根の根は地中深くまで伸びるので、有機質をたっぷり富んだ、通気性と排水性、それに保水性に優れた土壌で育てると大きな大根が育ってくれます。


用土の中に地中障害物(石、木の根)や、未熟な有機物(未収穫の根野菜)などがあると大根の根が分かれてしまうので注意しましょう。


大根の発芽と生育の適温は17~20℃です。花芽の分化は13℃以下になると発生し、脱春化は日中の気温が25℃以上になると発生します。


大根に発生しやすい病気は斑点細菌病、横縞症です。病気の原因は多湿によるものが殆どです。畑で栽培する場合は高畝栽培すると良いでしょう。尚、プランターの場合は鉢底石などを敷き詰めて水はけを良くしましょう。


大根を春から植える時は、害虫の発生が多く初心者には難しい時期となります。


大根に発生しやすい害虫は、コナガ、アオムシ、アブラムシ類の発生が多いので、早期発見、早期除去を心掛けましょう。


中でも厄介な害虫がキスジノミハムシ。特に幼虫は根の部分に被害を与えるので、発見したら粒剤による土壌処理を必ず行う必要があります。成虫が多く発見された時は粒剤の効果が出にくいので散布剤等の利用も検討して下さい。


大根の種を植えた後は、寒冷紗や苗が育ってきた後のマルチをすることなどで、害虫の飛来を大幅に防ぐことが出来ます。





     





野菜の育て方(根菜類)一覧




ナビゲーション

はてなブックマークに追加   Tweet