キャベツ育て方

キャベツ栽培・育て方のコツ

お家でキャベツを栽培しませんか?育て方のコツさえ知っていればキャベツ作りは難しくありません。キャベツ栽培が初めての方でも分かりやく育て方をレクチャーします。





キャベツをプランターや露地栽培で育てましょう!


プランターでキャベツ栽培

キャベツ 栽培難易度 ★★★★☆

キャベツは春植えと秋植えが出来る葉野菜です。害虫の付きやすい野菜ですが寒冷紗などで害虫を防げば初心者でも上手に育てられます。



栽培時期に合った品種を選ぶことがポイント。連作すると土壌伝染性病害が発生しやすくなるので3~4年の輪作を行いましょう。

キャベツに含まれる栄養には、ビタミンCやビタミンK、ビタミンU、カルシウム、カリウムなどのミネラル、食物繊維などが多く含まれています。







キャベツの種まき・植え付け・収穫時期カレンダー


キャベツの植付は春と夏と秋
収穫までは約2.5か月~4.5か月程です。

秋・冬キャベツ栽培カレンダー
春キャベツ栽培カレンダー




キャベツの育て方のコツ


キャベツの上手な育て方キャベツは種から撒いても育てられますが、初心者は市販の苗から育てた方が害虫の心配なく収穫まで上手く育てられます。

キャベツは冷涼な気候を好む(生育適温は15~20℃)ので、キャベツの栽培が初めての方は夏の終わりから秋の初めに苗を購入して育て始めることをおススメします。




キャベツの育てやすい品種


キャベツの種・品種の選び方キャベツは品種によって大きさや甘さが異なっています。家庭菜園では小玉が好まれる傾向にあります。植える時期や育てる環境に合わせて上手に品種を選びましょう。

小玉種では「アーリーボール」「グリーンボール」などが人気です。露地栽培でキャベツを育てるときは「つまみどり」「涼嶺」「新藍」などを選ぶと初心者でも比較的育てやすいでしょう。


楽天市場のキャベツの苗(種)一覧はこちら(クリック)
amazonの苗(種)一覧はこちら(クリック)






キャベツ栽培に適したプランターサイズと土づくり


キャベツに適したプランターサイズキャベツを育てるときのプランターサイズは大型(60㎝~)または、大鉢タイプ(深底)を利用します。

キャベツは株間が最低でも30㎝は必要となるので小型プランターで育てる場合は1つのプランターにつき1株が限界です。



キャベツに適した用土キャベツの栽培に適した用土は市販の培養土を利用するのが簡単ですが、自分で作る時は

赤玉土7:腐葉土2:バーミキュライト1それに石灰を用土10ℓ当たり10~20gと化成肥料を用土10ℓ当たり10~20g混ぜ合わせた物を使います。



キャベツ栽培の用土の量植え付け前の準備として、市販のプランターにウォータースペースを残して、7分目までくらいまで培養土を入れておきましょう。

植え付ける1か月前までに土作りを済ませておき、植え付けの1週間前に元肥を施しておきましょう。





キャベツを種から育てる


キャベツを種から育てるにはキャベツを種から育てる時は直植えではなく9㎝のポリポットに種を播いて育てましょう。

一箇所に付き3~4個ほど窪みを付けてそこに種を播きます。種を播いた後は軽く用土を掛けて表面を平らにならしておきましょう。種蒔き後はたっぷりと水を与えて発芽するまでは表面が乾かない程度に水やりを行います。

種を播いてから3~5日ほどすると発芽が始まります。発芽したら3本に間引き、本葉が2枚揃ったら2本に間引いて本葉が3~4枚になる頃に1本立てにします。






キャベツの苗の植え付け


キャベツの植え付け方苗から植える場合は本葉が5~6枚程度の節と節の間の狭い茎がしっかりしている元気な苗を選びましょう。

苗をプランターに植え付ける際は、根鉢を壊さないようにポットを逆さに向けて丁寧に取り出しましょう。






 キャベツの苗を植え付ける深さに注意しましょう。


キャベツの苗を植え付ける時期植え付ける時のポイントですが、苗を30~40cm間隔で植えていきます。

深植えにならないよう注意して下さい。キャベツの子葉が隠れてしまわない程度、根鉢の表面と用土が同じ高さになるように丁寧に浅めに植えるのがポイントです。

苗を植え付けた後は、根元を軽く押さえて水をたっぷりと与えましょう。








寒冷紗をかける(害虫対策)


キャベツ害虫対策キャベツは害虫による被害が多いので、苗を植え付けた後しばらくは寒冷紗で害虫を防ぐようにしましょう。苗の時に芯を食害されてしまうとキャベツが結球しないまま成長するので、幼苗時期の害虫には細心の注意が必要です。

寒冷紗を掛ける前に害虫がついていないことを確認することも忘れずに。






キャベツの追肥の頻度と与える量


キャベツ1回あたりの肥料の量1回目の追肥は苗の植え付けから数えると約3週間経った頃で本葉が約10枚程度に育った頃になります。



キャベツ肥料の与え方化成肥料10gをコンテナの縁に沿って与え、軽く用土と混ぜ合わせて株元に寄せてやりましょう。
株元で混ぜ合わせると根を傷めてしまう事があるので、少し離れたところで必ず混ぜ合わせるようにしましょう。



キャベツに追肥をする時に気を付けること2回目の追肥は植え付けから6週間経った頃で芯の葉が立上り始める頃になります。

肥料は1回目と同量(化成肥料10g)を葉にかからないよう株元に撒き用土に軽く混ぜてやりましょう。1回目と同様に根を傷めないように周辺の用土を集めて混ぜ合わせるようにします。



キャベツに肥料を与える頻度液肥で与える場合は、キャベツの結球が始まるまで週に1回程度の割合で与え続けて下さい。ただし、生育が悪い時は固形肥料を与えるようにしましょう。

肥料が不足すると未結球の原因となります。




 キャベツの水やり頻度と与える量


水やり(灌水)の頻度と与える量キャベツは種を播いた後は目が出るまでの間は用土の表面が乾かないように水やりを行います。

苗から植えた時は根が活着するまでの約1週間はたっぷりと水を与えましょう。

苗が定着してからは用土の表面が乾いた時に水やりを行う程度で構いません。水やり回数が多すぎると根腐病など病気が発生しやすくなるので1回の水やりを多めにして回数を減らして乾燥気味に育てましょう。






キャベツの収穫適期


キャベツの収穫時期苗を植え付けてから約10週間ほど経つとキャベツの結球が始まります。

見た目で収穫時期を判断するのは難しいので結球部分を手で押して収穫時期を見極めましょう。手で押さえてお店で売っているキャベツのように固く締まっていればいよいよ収穫の適期です。






キャベツの収穫時期の見極め方


収穫時期の見極め方収穫が遅れると裂球するので注意しましょう。結球部を押さえてみて葉が1~2枚分へこむ程度だと結球が完了している証拠です。

下葉を3~4枚程度残して株もとからナイフなどで切り取って収穫しましょう。







キャベツ栽培のまとめと病気・害虫対策


降雨が多い年は軟腐病や黒腐病が発生しやすくなります。キャベツを栽培する時は排水対策をしっかりしておきましょう。

キャベツには連作障害がありますので同じ場所に植え付ける時は最低でも2年は間隔を空けるようにしましょう。

キャベツは一定期間低温が続いた後に高温になると、とう立ちします。夏まきの場合は気温が下がっていく時期なので問題ありませんが、春・秋まきは、幼苗期が低温期から高温期になるので、結球する前にとう立ちすることがあります。

春・秋まきでキャベツを植える時は時期にあった品種を選ぶようにしましょう。あと種まきの時期を間違わない事もキャベツを上手に育てるポイントです。

キャベツは害虫が発生しやすい野菜です。コナガ、アオムシ、ヨトウムシがよく発生します。

幼苗から結球するまでの期間は、寒冷紗を掛けるなど害虫対策は必須。寒冷紗を掛けても隙間から入り込むことがあるので害虫を見つけた場合は早期に除去することがポイントです。







     





野菜の育て方(葉菜類)一覧




Tweet          はてなブックマークに追加