じゃがいも育て方

じゃがいも栽培・育て方コツ

家庭菜園でじゃがいもを育ててみませんか?ちょっとしたコツさえ知っていればじゃがいも栽培は難しくありません。じゃがいもの栽培が初めての方に分かりやく育て方をレクチャーします。このサイトを見てじゃがいもの栽培にチャレンジしてみましょう!

じゃがいもをプランターや露地栽培で育てましょう!

 はてなブックマークに追加 
じゃがいもの育て方と栽培のコツじゃがいも栽培
難易度
★★☆☆☆ 


じゃがいも
はナス科の野菜で原産地は南米アンデス地方。じゃがいもは春植えが基本ですが、温暖地域では秋植えも出来ます。

温暖な地方で秋植えする時は8月下旬~9月上旬に種イモを植えておくと、その年の11月~12月頃には収穫を楽しむことが出来ます。

じゃがいもは冷涼な気候で日当たりの良いところを好む野菜。育てやすい品種は、メークィーン・男爵・キタアカリ、デジマニシユタカなど、品種も豊富で子供と一緒に芋掘りも楽しめる家庭菜園にはぴったりの野菜です。

じゃがいもに含まれる栄養素は、・ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB2・食物繊維・鉄・カリウムなど。必須アミノ酸も豊富に含みます。

じゃがいものビタミンCは熱に非常に強く壊れにくいのも特徴です。ガン・高血圧・心筋梗塞などの成人病の予防や美容に良いと言われている栄養素がたっぷり含まれている健康野菜です。

土の中を掘ってゴロゴロとじゃがいもを掘り出す楽しさを味わえるのがじゃがいも栽培の魅力。ベランダ菜園でも十分に可能なので、ぜひじゃがいも栽培にチャレンジしてみましょう。

このページの目次
栽培カレンダー
じゃがいも栽培のコツ
種イモの選び方
種イモの植え付け方
水やりのタイミング
芽かきのタイミング
追肥とまし土のタイミング
収穫のタイミング
病害虫対策




じゃがいもの種まき・植え付け・収穫カレンダー

植付時期は春と秋の年2回、収穫までは2~3か月。
じゃがいもの栽培カレンダー(種まき時期・植え付け時期・収穫時期)



じゃがいもの育て方コツとポイント!

  • じゃがいもの発芽の適温は18~20℃で生育の適温は15~30℃です。15~24℃が最もよく育ちます。
  • 17℃前後でイモの形成が始まり30℃以上ではイモは形成されません。
  • 温暖地のじゃがいもは生育期間が短いので茎葉を早めに育てましょう。
  • じゃがいもにはウイルス病などがあるので必ず検査に合格した専用の種イモを使用する事が上手に育てるコツです。
  • 芋類の中でも水分を多いため病害を受けやすいので注意。
  • じゃがいもを育てる時のコツは土寄せです。イモが地上に露出したまま育てると緑色に変色するので用土は少なめにしてその都度足しましょう。
  • じゃがいもには連作障害があるので3年以上間隔を空ける。
  • 酸性土壌を嫌う性質なので用土のペーハー調整を行ってから植え付ける。

じゃがいもの種イモの選び方

じゃがいもの良い種芋は?お店で売られているじゃがいもでも育てられますが、種イモで伝染するウイルス病があるので市販の検査済みの種イモを購入することをおススメします。



お店で売られているじゃがいもでも育てられますが、種イモで伝染するウイルス病があるので市販の検査済みの種イモを購入することをおススメします。

品種では男爵イモとメークインがが全体の半分を占めていて、新品種も育成されていますが知名度の高いこの2品種を超えるものは出ていません。

人気の品種は「キタアカリ」「トヨシロ」「ニシユタカ」「ホッカイコガネ」「セトユタカ」「ワセシロ」など。

カラフルなじゃがいももあり、皮の赤い「ベニアカリ」「アイノアカ」、肉色が濃い黄色の「アンデス赤」「ジャガキッズレッド」、肉食の赤い「インカレッド」、紫色の「インカパープル」「ジャガキッズパープル」が有名です。

袋にいれたまま暖かい場所で保管しておくと、もやしの様な芽が伸びて植え付けに支障をきたします。植え付けまで期間が開く時は、出来るだけ温度の低い場所(適温は3℃)で保管しましょう。

楽天市場の種イモ一覧はこちら(クリック)

amazonの種イモ一覧はこちら(クリック)




じゃがいも栽培のプランターサイズと土づくり


じゃがいも栽培に使うプランターサイズじゃがいもを栽培のプランターサイズは大型(60㎝~)で深型のものを利用しましょう。

じゃがいもはまし土を頻繁に行うので、浅型のプランターは向いていません。

じゃがいも栽培に使う用土植え付ける2週間前に土作りを済ませておくようにしましょう。市販の培養土ならすぐに植え付けできるので便利です。

自分で作る時は赤玉土5:砂2:バーミキュライト3
それに石灰を用土10ℓ当たり10gと化学肥料を用土10ℓ当たり20gを混ぜ合わせたものを使用します。

露地栽培でじゃがいもを育てる時は、植え付ける2週間前には苦土石灰を全面散布して良く耕しておきましょう。じゃがいもの元肥は植え付け時に与えるので、前もって施しておく必要はありません。

温暖地でじゃがいもを育てる場合は、生育期間が少ないためしっかりした茎葉を早めに作ることがポイント。

有機肥料は効果の発現が遅いので化成肥料を加えて調整します。窒素分の多い肥料を使うと水っぽい芋になってしまうので、じゃがいも専用の肥料を使うなどしましょう。

じゃがいもが丈夫に育つ土作りじゃがいもは酸性の土壌(pH5.0未満)を極端に嫌うデリケートな野菜です。

酸性になっている時は石灰等を混ぜてpH値が5.0~6.0の範囲になるように調整します。写真のようなペーハーメーターを使ってペーハー値を測定して適正な土壌酸度を確保しましょう。

じゃがいもをプランターや鉢で育てる時は「まし土」行うので、用土の量は鉢の6割程度にしておきましょう。用土を入れ過ぎるとまし土が出来なくなったり、水やり時に用土が流れ出てベランダが汚れてしまう原因になります。



種イモの下準備を行う

種イモの発芽率を上げるコツ春植えの種イモは60g以下のイモはそのまま、それ以上のイモは芽が集中している部分を切り落として、そこを頂点にして芽数が均等になるように縦に半分に切って植え付けます。

芽は芋の頂部に集中していて、そこから太くて強い芽が育ちます。つまり芋の頂部を入れて立て切りすれば芽を均等に出来ます。

秋植えのじゃがいもは腐って育ちが悪くなるので、そのまま
切らずに畑に植え付けましょう。


じゃがいもを上手に育てるには?大きな種イモは切り分けた後は2~3日ほど日光を当てて乾燥させると発芽が良くなると言われていますが、直射日光に当てなくてもコンテナや紙袋に入れて屋内に2~3日置くだけで大丈夫です。

切り口にケイ酸白土や草木灰を付けるとすぐに植え付けることが出来ますが、直ぐに植え付けないのであれば、わざわざつける必要はありません。

秋植えの場合は35g前後の小さな種イモから植えると育ちが良くなります。



 じゃがいもの種イモの植え付け方

じゃがいもの植え付け方法じゃがいもの春植えは、桜の咲く頃にじゃがいもが萌芽するようにその2週間から1か月前に植え付けます。

じゃがいもをプランターで育てる時は、用土の量はプランターの半分程度にしておきましょう。これは後からまし土を行う時に用土が溢れないようにするためです。

植えつける間隔は20~30㎝、じゃがいもは日当たりの良い場所を好むので葉が込み合わない幅になるように株間を空けて、芋の切り口は下に向けて種イモを置いていきます。

種イモの間に移植ゴテをおいて間隔を計る方法もあります。植え付ける間隔が狭いと隣り合う根と根が干渉して生育が悪くなり、掘り出す時に絡まった根が切れて地中に残ってしまう事があるので注意しましょう。

大型プランターでじゃがいもを栽培する時は2株まで、鉢植えは1株までとします。それ以上植えると水分や養分を取り合ってしまい、イモが小さくなってしまうからです。


じゃがいもを植え付ける間隔は?じゃがいもの種イモを植えたあとは種イモと種イモの間に元肥を施しておきます。

堆肥と化成肥料を30g程度施して5cm~7cmほど覆土し軽く手のひらで用土を押さえて密着させましょう。

じゃがいもは生育期間が短いので元肥を主体に育てることが収穫量を増やすポイントになります。


じゃがいも栽培の注意点じゃがいもの植え付けは春植えは2月下旬~3月上旬、秋植えなら8月下旬~9月上旬とします。

秋植えの場合は植え付けた後、地温の上昇を抑えるために敷き藁を被せてやりましょう。家庭で育てる場合は新聞紙などでも代用できます。

早掘りを目的とする場合は、マルチ栽培がおすすめ。マルチが芽で盛り上がったらフィルムを切って芽を出してやりましょう。

フィルム切りの手間を省くためにマルチング後に種イモを押し込む方法がありますが、この方法は萌芽が少し遅れます。




じゃがいもの芽かき

じゃがいもの芽かき方法じゃがいもをたくさん収穫するには芽かき作業が欠かせません。

種イモから芽がたくさん出ると収穫できるイモの数は増えますが、どうしても型が小さくなってしまいます。大きなイモをたくさん収穫するためにはじゃがいも栽培では芽かき作業が絶対に欠かせません

じゃがいもは種イモを植え付けてから約30日ほどすると草丈が10㎝程度に成長しますが、その頃が芽かきのタイミングになります。

じゃがいもの苗の間引き品種や収穫時期で本数は変わりますが、早掘り栽培では芽は1本、通常は元気の良い芽を2~3本残して他の芽は全てかき取ってしまいましょう。

じゃがいもの苗は、間引く茎以外の根元を手で押さえるようにすると上手に引き抜くことが出来ます。

茎の数を残し過ぎると実は沢山なりますが、一つ一つの実が小さくなってしまいますので2本前後にするのが大きなじゃがいもを収穫するコツとなります。



じゃがいもの水やり頻度と与える量


じゃがいもの水やり頻度と与える量じゃがいもの水やりのタイミングと与える量ですが、種イモを植え付けた後はたっぷりと水やりを行いますがその後の水やりは殆ど必要ありません。露地栽培の時は自然に降る雨だけで十分に育ちます。

じゃがいもの生育初期は水分を必要とするので、プランターで育てる時は用土が乾いたら水やりを行いますが、栽培の後期は乾燥気味に育てるようにします。

じゃがいもは水やりの頻度が多いと種イモが腐ったり病気(疫病)に掛かることがあるので、必要以上の水やりは控えるようにしましょう。



じゃがいもの追肥とまし土のタイミング

じゃがいもの追肥の頻度と与える量、追肥の間隔じゃがいもは生育状態を見て2回追肥を行います。

1回目の追肥とまし土は、植え付けから約30日経った頃で、芽かきを行う時と同時期に施しましょう。

じゃがいもは発芽してから20日ほどすると土の中で実が肥大し始めるので、追肥のタイミングを逃さないようにします。

じゃがいも苗のまし土のタイミング1株当たりに対して化成肥料10gを株周辺に撒いて用土と混ぜ合わせましょう。追肥で注意するポイントは肥料と種イモが直接触れ合わないようにすること。

追肥が終わったら新しい用土を10cmほど株の周辺に足してやります。まし土を行うことが大きなイモが生育するスペースを確保することになるのです。

じゃがいもの追肥の回数は?じゃがいもの2回目の追肥とまし土のタイミングは、苗に蕾が付いた頃に行います。

2回目の追肥とまし土の量は1回目と同程度(化成肥料10g)で同じように株元周辺に与えましょう。

2回目のまし土はたっぷりと行うようにしましょう。株もとに土寄せして高畝にする事で、水はけと通気性が良くなりイモの腐敗と病気の予防につながります。

じゃがいも栽培でまし土が少ないとどうなるの?また、じゃがいもはまし土が少ないまま育てると、イモが太陽の光を浴びて緑色に変色してしまいます。

変色すると品質劣化の原因になるので注意しましょう。

窒素分の多い肥料を与えて過繁茂になると疫病を助長します。窒素肥料は適量の範囲内で控えめにするのがポイント。疫病にかかりやすい男爵やメークインを避けて品種選定をするのも良いでしょう。




じゃがいもの収穫時期

じゃがいもの収穫時期じゃがいもの収穫のタイミングは花が咲き終わり葉や茎が黄ばみだした時期になります。

収穫が遅れるとイモが腐ったり表面が傷んだりするので最適な収穫時期を逃さないようにするのがポイントです。

じゃがいもの収穫方法 じゃがいもは なるべく畑が乾燥している時を見計らって収穫しましょう。

雨の日の収穫は避け、晴天が2~3日続いた後に収穫するように気を付けて下さい。

過湿状態や雨の日に収穫すると皮の表面が肥大してイモが腐りやすくなってしまいます。

掘りたてのじゃがいもは呼吸が盛んです。じゃがいもの収穫後は掘り出した場所で半日程度日光に当て、その後は通気性の良いコンテナなどに入れ、屋内の冷暗所で2~3日ほど呼吸熱を冷ましてやりましょう。

冷蔵庫で保存する時は密閉された袋に入れてはいけません。じゃがいもは収穫後も呼吸を行っているため通気性の良い袋で保管することで貯蔵性が良くなります。




じゃがいも育て方のまとめと病気・害虫対策

じゃがいも育て方と栽培のコツまとめじゃがいもは種イモの選び方が重要で、良い種イモをしっかりと選べば初心者でも簡単に栽培できる野菜です。

スーパーなどに売っているじゃがいもからでも育てる事は出来ますが伝染性のウイルス病に侵されていることがあります。

出来ればホームセンターや園芸店などで検査に合格した無病の種芋を購入して育てるようにしましょう。

じゃがいもの病気対策と害虫対策プランターで栽培する時の生育初期は水やりを多めに行い、中盤以降は多湿にならないように気を付けることがポイントです。

じゃがいもは土寄せが足りないと病気が発生しやすくなるので土寄せをしっかりと行いましょう。

じゃがいもに発生しやすい病気には、「モザイク病」と収穫時期に「粉状そうか病」があります。病気の発生を防ぐためには「連作をしない(2~3年以上)」「土壌の排水と通気を良くする」「ペーハー調整を行う」などのこれらの点に注意して栽培しましょう。

生育初期は疫病(発生しやすいのは梅雨時期)にかかりやすく、その症状は葉の一部が褐変して次第に株全体に広がる難病。イモにも感染して異臭を放つようになり腐敗します。

病気を確認したら早めに薬剤を散布しましょう。

じゃがいもの害虫対策じゃがいもに発生する害虫は「アブラムシ」「テントウムシダマシ」「ヨトウムシ」です。

害虫の中には病原菌を媒介するものもいますので、これらを発見した場合は早急に駆除するか駆除剤をまくなど対策しましょう。



    




野菜の育て方(根菜類一覧)


 はてなブックマークに追加 Tweet