本文へスキップ

ナス高畝栽培

ナスの高畝栽培とは?

 はてなブックマークに追加

ナスの高畝栽培とは?ナスは晩秋まで収穫できる野菜です。

果実をたくさん実らせて長く収穫を楽しむ方法としておすすめしたいのが「高畝栽培」です。

高畝栽培とは名前の通り、通常よりも畝を高くして栽培することをいいます。

ここでは高畝栽培がどういったもので、高畝にすることでどういったメリットがあるかを解説します。

ナスをたくさん収穫できる高畝栽培

ナスの実がたくさんつく高畝栽培ナス栽培の畝の高さは10㎝~15㎝もあれば十分に育ちますが、より大きな果実を長期間収穫するには高畝栽培がおすすめです。

高畝にすることのメリットは、第一に水はけが良くなるという点です。多湿に弱い野菜は高い畝を作って栽培することが多いのが特徴です。

ナスは高温に強いのですが、乾燥にはやや弱い面があります。特に夏場の高温期は水切れには注意が必要です。乾燥に弱いナスを高畝栽培にする理由はなぜでしょうか。

その理由は、高畝にすることで、草丈が高くなり根を地中深くまで伸ばし養分や水分をより多く吸収することが出来るからです。

高畝栽培のメリットとデメリット高畝栽培では水はけが良いため土壌が乾燥気味になります。なので、ナスを高畝栽培する場合は、畝の高さを20~30㎝を目安とします。

畝全体に敷き藁などをかけて用土の乾燥防止に努めましょう。

また肥料(養分)も流れやすくなるため、水やりは早朝と夕方の1日に2回として、追肥は10日に1回と多めに与えるようにします。(葉の色を見ながら量は調整しましょう。)

高畝栽培ナスの高畝栽培は草勢が強くなるため、収穫後の節から伸びる脇芽にも大きな実がなります。

側枝は3本ではなくても2本あれば十分です。2本だけ伸ばしてV字型に枝を仕立てましょう。

主枝(中心の枝)は支柱の先端(草丈が50~60cm以上)まで伸びたら先端を摘心してしまいます。

あとは脇芽(側枝)を伸ばして果実を付けますが、主枝と同じ高さになったら脇芽(側枝)も摘心して下さい。

 はてなブックマークに追加



家庭菜園の用語辞典

参考:ナスの上手な育て方