本文へスキップ
ギャラリー

野菜の病気

野菜が掛かる病気の種類と対策

 はてなブックマークに追加

野菜栽培士が教える野菜の病気対策と治療と対策。家庭菜園では野菜の病気を予防することや対策することがポイントです。野菜の元気がないときは病気に掛かっていないかを疑ってみましょう。野菜の病気は原因を取り除くことが大切です。

家庭菜園で発生する病気の種類と対策は?

野菜が掛かる病害の症状と病害対策野菜の病害には必ず原因があり、その原因を取り除かない限りは同じ畑で育てると何度でも同じ病害が発生してしまいます。

野菜の病害は伝染するものも多くあっという間に病害が広がってせっかく育てた野菜が全て枯れてしまう事だってあります。

家庭菜園の初心者ほど、どの病害に掛かっているかの判断が難しいと思いますが、ここでは写真を使って詳しく野菜の病害について説明しています。

野菜が「いつもと様子が違う」「病害になったかな」と少しでも変化に気づいたらここで病害に掛かっていないか調べてみましょう。

画像をクリックすれば各野菜の病害対策の詳細情報ページに移動できます。




うどん粉病

治療難易度 ★ ★

うどんこ病の対策と治療この病害が発生しやすい野菜は、キュウリ、カボチャ、エンドウ、イチゴ、ナスなどで、病害の症状は写真のように葉っぱに白い粉を振りかけたような感じです。病害が発生する原因は、密植しすぎ、風通しの悪い時、水はけが悪い時に発生しやすい病害です。一旦発生するとたちまち広がっていきます。

ベト病(べとびょう)

治療難易度 ★ ★

べと病の対策と治療この病害が発生しやすい野菜は、キャベツ、春菊、キュウリ、ダイコン、レタスなどで、症状は葉っぱに黄色っぽい角ばった斑紋が出来るのが特徴です。この病害が発生する原因は湿度が高い事が原因である事が多いです。病原菌は、糸状菌(かび)の一種で、胞子が風などで飛散して一気に伝染します。

疫病(えきびょう)

治療難易度 ★ ★

疫病の対策と治療この野菜の病害は、トマト、ピーマン、キュウリ、ジャガイモ、カボチャなどに発生しますが、基本的に野菜ならすべてがかかる可能性があるよくある病害です。症状は葉っぱや茎、果実部分に写真の様な褐色の病班が出来ます。原因は密植、水はけが悪い、風通しが悪いと発生します。

軟腐病(なんぷびょう)

治療難易度 ★ ★ ★

軟腐病の対策と治療この野菜の病害は白菜、タマネギ、キャベツ、セロリ、レタスなどに発生しやすい病害です。症状は写真の様に野菜の根元が腐り、悪臭が発生する病害です。この病害は細菌が原因で、葉の傷口などから繁殖してしまいます。原因は密植、水はけが悪い、風通しが悪いと発生します。



 はてなブックマークに追加


家庭菜園で簡単野菜作りVegetablesBeginnersGuide!