本文へスキップ

アズキの育て方は?

アズキは夏から秋が栽培時期で収穫まで約3.5か月です。1か所あたり深さ1cmで種を3粒まきましょう。発芽後は間引きをせずにそのまま育てます。収穫までの作業は、水やり・追肥・土寄せなどです。

 はてなブックマークに追加


アズキの育て方


アズキの種まきから、間引き・苗の植え付け・追肥・水やり・病害対策・収穫までを野菜栽培士が詳しくレクチャーします。失敗なしで上手にアズキを育てましょう。

アズキ栽培の流れ

  1. アズキの難易度と栽培のポイント
  2. 栽培時期
  3. おすすめの品種
  4. 栽培前の準備プランター栽培用土土作り畝作り
  5. 種まき
  6. 間引き
  7. 苗の植え付け
  8. 栽培管理土寄せ水やり追肥
  9. 収穫
  10. 病気対策
  11. 害虫対策

アズキの難易度と栽培のポイント

栽培難易度 ★★☆☆☆

アズキは赤飯や餡に使う赤色をしたマメ科アズキ属の夏植え野菜です。病害虫に強く栽培管理も少なめの、初心者向けの育てやすい野菜です。

アズキの育て方は?失敗しないアズキ栽培のコツ


アズキつる性の植物ですが支柱なしでも栽培できるため、露地栽培だけでなく、大きめのプランターや植木鉢でも育てることができます。

アズキは栽培期間が長いので難易度は普通です。種をまくのが早いと株だけが大きくなって実が付かないことがあるので種まき時期を守りましょう。

発芽するまでは鳥害にあいやすいので、不織布のべた掛けなどで種を食べられないようにしておきます。

開花時期に乾燥が続くと実入りが悪くなってしまいます。着果までは極度の乾燥に注意しましょう。

アズキの栽培データ

科目 マメ科
連作障害 あり(2~3年)
土壌酸度 pH6.0~6.5
株間 15cm以上
発芽適温 20~25℃
生育適温 20~25℃
種まき時期 7月上旬~7月下旬
発芽日数 種まきから5~7日
苗植え付け時期 7月中旬~8月上旬
収穫時期 種まきから約3.5か月


アズキの栽培時期は?

アズキは7月~10月が栽培時期です。種まきは7月上旬から、苗の植え付けは7月下旬以降です。収穫時期は種まきから約3.5か月で、10月以降です。

アズキ栽培カレンダー

アズキの栽培カレンダー(種まき時期・植え付け時期・収穫時期)



アズキの育てやすい品種は?

アズキは育てやすい丈夫な野菜ですので、どの品種を選んでも失敗は少ないでしょう。その中でも人気の品種は「大納言」「中納言」「黒アズキ」「エリモショウズ」です。

大納言はその名の通り、粒が大きい品種です。大納言よりも一回り小さい中納言もおすすめです。粒が大きい品種は煮崩れしにくく食感が良い人気の品種です。

黒アズキは国内でも宮古や北海道など限られた地域でのみ栽培されている希少性の高い品種です。

成長後の株がどの程度の大きさになるかを考えて、栽培する場所に合わせて適した品種を選ぶと良いでしょう。

Amazonでアズキの種をCheckしてみる

楽天市場でアズキの種をCheckしてみる


アズキの栽培方法

アズキはプランター栽培でも露地栽培でも育てることができます。アズキ栽培の準備から収穫までの流れを丁寧に解説します。

栽培前に準備しておくことは?

アズキの栽培を始める前にしておくことは、「道具と栽培用土の準備」栽培地の「土作り」「畝作り」などです。

アズキ栽培用のプランターサイズは?


プランターの選び方は?

アズキを栽培するときのプランターは標準~大型サイズを使用しましょう。プランターの代わりに大型の植木鉢でも栽培が可能です。

標準サイズのプランターで5株ほど植えることができます。

栽培で使う用土の種類は?

アズキ栽培で使う用土は市販の培養土を利用すると袋から開けてすぐに使えて便利です。葉野菜用で肥料入りの用土がおすすめです。

アズキ栽培で使う土の種類は?


自分で用土を配合するときは、赤玉土7:腐葉土2:バーミキュライト1、それに石灰を用土10ℓ当たり10~20gを混ぜ合わせたものを使いましょう。

つるボケするので元肥は不要です。

プランターに入れる土の量は?


プランターの底には鉢底石などを入れて水はけを良くしておきましょう。

入れる用土の量は、プランターの淵からウォータースペースを残して鉢の8分目程度(淵から2~3cm)です。

露地栽培の土作りと畝作り

畑(菜園)でアズキを育てるときは、植え付けの2週間前までに酸度調整を終わらせておきましょう。

アズキの土作り(露地栽培)


土作りのやり方は?

アズキを露地で育てるときの土作りですが、種まきの約2週間前になったら、石灰を100g/㎡・堆肥を2kg/㎡・化成肥料を(15:15:15)100g/㎡を畑に施してよく耕しておきます。

畝作りのやり方は?

アズキに適した畝は2条まきで畝幅が70~80cm、畝の高さが10~15cmの平畝です。根を張りやすいようにしっかりと耕しておきましょう。


アズキの種まき

アズキは直まきとポットまきのどちらも可能です。種まき時期の気温が高めなので、ポットまきして涼しい環境で苗をある程度まで育てて植え替える方法がおすすめです。

アズキの種まき


アズキを種から育てる

アズキの種ををまく前に、一昼夜水に浸しておくと発芽が揃いやすくなります。

発芽適温から大きく外れている時期は、ポットまきして苗が植え付けに適した大きさになるまで育苗する方法が簡単です。温度管理をすれば直まきでも発芽が揃います。

アズキの種まき時期は?

アズキの種まきは、ポットまきは6月下旬以降、直まきは7月上旬以降です。(温暖地は5月下旬~・寒冷地は7月上旬~)

発芽適温は?

アズキの発芽適温は20~25℃です。

アズキの種は温度が高すぎるとうまく発芽が揃いません。気温が高い時期は日よけをする、反日蔭になる場所で種まきをするのがポイントです。

種のまき方

直まき

種を直まきするときは、株間を10cm以上、畝間40cm確保して(プランターの場合は1つに対して3~5株)、1か所あたり3粒種をまきます。

種をまく深さは、種の長さの2~3倍(約10mm)が目安です。種まき後は土を被せて、手のひらで軽く押さえて土を落ち着かせておきます。

種を深くまくと発芽不良の原因になります。

アズキの種まき


ポットまき

アズキをポットまきする場合は、3号ポット1に2粒の種をまきます。

種をまく深さは、種の長さの2~3倍(5~10mm)が目安です。種まき後は土を被せて、手のひらで軽く押さえて土を落ち着かせておきます。

直まきでは、発芽するまでの温度管理(20~25℃)と発芽までの用土の乾燥に気をつけましょう。


アズキの間引き

生育の良いものを2本残してすべて間引きします。間引いたあとは、植え付けに適した大きさ(本葉が4~5枚)になるまで日当たりの良い場所でそのままポットで育てます。

間引きのタイミング

アズキは本葉が2~3枚になった頃が間引き時期です。

アズキは間引きが遅れて苗が育ちすぎると、間引くときに根が絡まって切れてしまいます。

逆に間引期の時期が早いと、残した苗が途中で枯れたり萎れたりしたときに代わりの苗がなくなって困ることになります。


アズキの苗の植え付け

栽培する株が少ない方や初心者の方はポットに種をまいて育苗してから畑に移植してみましょう。直まきよりもポットまきの方が管理しやすくおすすめの方法です。

アズキの苗の植え付け


アズキの良い苗の選び方

アズキの良い苗の選び方ですが、背丈が高いものよりは背丈が低くて節間の詰まったものが良い苗です。


本葉は4~5枚程度に育ち葉がちぎれていない枯れていない青々とした苗を選ぶようにしましょう。

アズキの幼苗の選び方


アズキの苗はホームセンターや園芸店などで6月下旬以降に販売されはじめます。

苗の植え方

アズキの植え方ですが、苗を植える間隔(株間)は約10~15cmで植えていきます。植え付けは晴天の日の午前中を選ぶと上手く根が活着します。

苗は2本立てのまま植え付けします。


アズキの苗を定植する時のコツ


苗の植え付けのコツとヒント

  • 苗は植え付けたあとは株元を手のひらで押さえて用土と根を密着させておきましょう。
  • 苗が根付くまでの約1週間は、用土の表面が乾いたら水やりをしましょう。


アズキの栽培管理

アズキの土寄せ

日射が強くなる8月以降は、土が痩せて根を露出させてしまうと日光が当たって株の勢いが弱まってしまいます。

株周辺の用土の表面を軽く耕して株元に土を寄せておきましょう。

支柱の選び方と支柱の立て方


土寄せの時期は?(タイミング)

土寄せは苗を植え付けてから追肥のタイミングで行います。8月中旬以降になると成長がよくなって根が露出しやすいのでよく観察しておきましょう。


アズキの水やり

アズキは生長に合わせて水やり方法を変えましょう。正しく水やりを行うと健康な苗に育ち、立派な果実を実らせることができます。

水やり頻度と与える量は?


水やりのタイミングと与える量は?

種をまいたあとは芽が出るまでは土が乾燥しないようにたっぷりと水やりを行い、苗から植えた時は根が活着するまでの約1週間程度はしっかりと水やりを行いましょう。

その後は土の表面が乾いたタイミングで水やりを行います。プランターや植木鉢で育てる時は乾燥しやすいので注意しましょう。朝または夕方の涼しい時間帯に毎日水やりを行います。

高温期の日中の水やりは太陽熱で根や茎葉を痛めてしまうので行わないようにしましょう。


アズキの追肥

アズキは痩せた土でなければ元肥も追肥もなくて育ちます。元肥を入れる場合は、窒素分の配合の少なめの肥料を選ぶようにしましょう。

アズキの元肥と追肥の頻度と与える量は?


追肥のタイミングと与える量は?

株の状態を見ながら8月下旬から9月下旬の間に1回だけ追肥を行います。

アズキは必ずしも追肥が必要ではありません。茎葉の生育が良ければ追肥はなしでもかまいません。

肥料が多すぎると、つるボケといって茎葉ばかりが大きくなって実が入らない状態なってしまうので注意しましょう。


アズキの収穫

種まきから3.5か月経ち、鞘が茶色く枯れた時が収穫のタイミングです。収穫適期を逃すと鞘が割れて中の豆が飛び出してしまうので適期を逃さないように収穫しましょう。

アズキの収穫時期と収穫方法


アズキの収穫時期は?

アズキは種まきから約3.5か月で収穫適期を迎えます。

見た目で収穫適期を判断する

アズキは青鞘のとき(若鞘のとき)に収穫すると皮ごと食べることができます。開花後の若鞘を収穫して柔らかいアズキを堪能してみましょう。

赤飯やぜんざいなどに使う場合は鞘が茶色く枯れたときが収穫適期の目安です。


アズキの収穫時期と収穫方法


アズキの収穫の方法は?

収穫の方法は鞘の根元からハサミで切り取ります。

切り取った後は新聞紙などの上に広げて十分に乾燥させてから鞘から取り出しましょう。

収穫後のアズキは瓶などに入れておけば長期間の保存が可能です。


アズキの病気対策は?

アズキは病気に強い野菜ですが、モザイク病や苗立ち枯れ病が稀に発生します。病気を防ぐためには害虫の駆除を早めに行いましょう。



アズキの害虫対策は?

アズキに発生しやすい害虫は「アワノメイガ」や「アブラムシ」や「カメムシ」です。害虫は見つけ次第捕殺しましょう。害虫を防ぐには根本付近の葉が込み合わないようにするのがポイントです。


 はてなブックマークに追加


果菜類(実野菜)の種類と育て方

簡単野菜作りVegetablesBeginnersGuide