本文へスキップ

ヒユナの育て方

ヒユナは春から秋が栽培時期で収穫まで約1.5か月です。深さ5~10mmで種をまき、発芽後は本葉が触れ合うタイミングで間引きをします。収穫までの作業は水やり・追肥・土寄せなどです。

 はてなブックマークに追加

ヒユナの育て方は?失敗しないヒユナ栽培のコツ


失敗なしでヒユナを栽培しましょう!

ヒユナの土作りをはじめ、種まきから収穫までに必要な栽培管理を画像を交えて野菜栽培士が詳しくレクチャーします。失敗なしで立派なヒユナを育てましょう!

ヒユナ栽培の流れ

  1. ヒユナの難易度と栽培のポイント
  2. ヒユナの栽培時期は?
  3. 育てやすい品種は?
  4. 栽培前に準備しておくこと
  5. 露地栽培の土作りと畝作り
  6. ヒユナの種まき
  7. 間引き
  8. 苗の植え付け
  9. ヒユナの栽培管理土寄せトンネル掛け摘心マルチング水やり 追肥
  10. ヒユナの収穫
  11. 病気対策
  12. 害虫対策

ヒユナの難易度と栽培のポイント

栽培難易度 ★★☆☆☆

ヒユナは高温を好む野菜で病害にも強い丈夫で育てやすい難易度は低い葉野菜です。長期間の収穫が楽しめ、夏場の葉野菜が減るときに重宝します。

ヒユナの栽培難易度と育て方のポイント


ヒユナはヒユ科の野菜で熱帯アジア原産です。暑さと乾燥に強く、葉野菜が少なくなる夏場以降に生育が旺盛になる貴重な葉野菜です。

和名は「いろこい菜」、中国では「シェンツァイ」と言い、別名で「ジャワホウレンソウ」、観賞用の「ハゲイトウ」の仲間です。

日本へは中国を経由して平安時代には伝来していましたが、当時は普及しませんでした。戦後の中国野菜ブームでふたたび栽培されるようになった野菜です。

ヒユナは熱帯地方原産の野菜のため、気温が低いと発芽しにくく生育も緩慢になります。種まきは気温がしっかりと上がってからスタートさせるのがポイントです。

若い葉や株を食用としますが、大きくなった茎も皮をめくって料理に利用できます。

若い茎葉は加熱すると特有の粘りが出ます。炒めもののほか、煮物・お浸し・汁の具などに利用できます。

ヒユナとアマランサスの違いは?

アマランサスとは、一般的にヒユナの種子(実の部分)を穀物として利用するときの呼び名です。 最近ではスーパーフードとして注目されています。

ヒユナの栽培データ

科名 ヒユ科
別名 ジャワホウレンソウ・バイアム・シェンツァイ・ヒユ・ヒョウ・ヒョウナなど
草丈 30~100cm以上
連作障害 あり(1年)
適した場所 日がよく当たる風通しの良い場所
日当たり 🌞 or 🌤
土壌酸度 pH6.0~6.5
株間 15~30cm以上
条間 15~30cm
発芽適温 25~30℃
生育適温 25~35℃
種まき時期 4月~6月
発芽日数 3日~5日
苗植え付け時期 4月~7月
収穫時期 種まきから約1.5か月


ヒユナの栽培時期は?

ヒユナの栽培時期は春~秋にかけてです。種まきは4月上旬~6月(苗の植え付けは4月中旬~7月上旬)で、収穫までは種をまいてから約1.5か月です。

ヒユナ栽培カレンダー

ヒユナの栽培カレンダー


ヒユナの育てやすい品種は?

ヒユナの品種は「いろこい菜」「ジャワホウレンソウ」「ヒユナ」などがありますが、どの品種を選んでも栽培方法や育てやすさに違いはありません。

ヒユナの育てやすい品種は?


いろこい菜は一般のヒユナと比べ葉色が濃く新鮮味がある品種で、紅ヒユナやレッドアマランサス(緋赤ヒユナ)は葉色が赤みがかった品種です。

カリフォルニア州・アメリカのレッドリーフアマランサスはサラダ用のカラフルなヒユナの品種です。

その他にもいくつかの品種がありますが、栽培方法や育てやすさに違いはありません。

Amazonでヒユナの種をCheckしてみる!

楽天市場でヒユナの種をCheckしてみる!


ヒユナの栽培方法は?

ヒユナはプランター栽培と露地栽培が可能で、直まきとポットで育苗してから畑に移植する方法があります。

栽培前に準備しておくことは?

ヒユナの栽培をはじめる前にしておくことは、プランター栽培では「プランターと栽培用土の準備」、露地栽培では「土作り」と「畝作り」などです。

ヒユナのプランター栽培


プランターの選び方は?

ヒユナ栽培で利用するプランターサイズは中型(60cm)以上のものを利用しましょう。1株植えなら10号サイズ以上の深型の植木鉢でも栽培ができます。

品種にもよりますが、中型サイズのプランター1つに対して1~3株程度の栽培が可能です。

ヒユナ栽培で使う用土は?


栽培に使う用土の種類は?

ヒユナ栽培で使う用土は市販の培養土を利用すれば土作りの必要がなく袋から開けてすぐに使えるのでとても便利です。

自分で用土を配合するときは、赤玉土(7):腐葉土(2):バーミキュライト(1)を混ぜたものを使いましょう。

そこに石灰を用土10Lあたり10~20gと化成肥料を用土10Lあたり10~20gを入れてよく耕しておきます。


プランターへの用土の入れ方

プランターや植木鉢の底には、水はけを良くするために赤玉土や鉢底石などを数センチほど敷き詰めておきます。

種から育てるときは淵から5cmほどの位置まで用土を入れ、苗から育てるときは根鉢の高さを考慮して用土を入れておきましょう。(根鉢を置いてから残りの用土を足します。)


ヒユナの土作りと畝作りのやり方


露地栽培の土作りと畝作り

土作りのやり方は?

ヒユナの露地栽培の土作りは種まき(苗の植え付け)の2週間前に終わらせておきましょう。苦土石灰100g/1㎡をまいて全体に混ざるように丁寧に耕しておきます。

種まき(苗の植え付け)の1週間前になったら、堆肥(2㎏/㎡)と化成肥料(100g/㎡)を畑の全面にまいて良く耕しておきましょう。

畝作りのやり方は?

ヒユナ栽培で作る畝は、畝幅は40cm(1条)~70cm(2条)で畝の高さは10~15cmの平畝です。


ヒユナの種まき

ヒユナは直まきとポットまきができます。どちらも発芽させるのは難しくありませんが、直根野菜で移植が苦手なので直まきからがおすすめです。

ヒユナの種まき


ヒユナを種から育てる

ヒユナの種ををまく前に、一昼夜水に浸しておくと発芽が揃いやすくなります。

発芽適温から大きく外れる時期は、ポットに種をまいて苗が植え付けに適した大きさになるまで育苗する方法がおすすめです。適温内なら直まきでも発芽が揃います。

種まき時期は?

ヒユナの種まき適期は、4月上旬~6月です。

発芽適温は?

ヒユナは25℃~30℃が発芽に適した温度です。

ヒユナの発芽日数は?

ヒユナは発芽適温内なら3日~5日で発芽が始まります。発芽適温から外れていると日数は前後します。

ヒユナの種まき方法は?


ヒユナの直まきのやり方(手順)

おすすめは点まきです

  1. 用土を平らにならします
  2. 水をたっぷりとかけて用土を湿らせます
  3. 瓶の底などを押し当ててまき溝をつけます。
  4. 1か所あたり3~4粒の種をまきます
  5. 用土を約5mm被せます
  6. 指先で軽く押さえて用土と種を密着させます
  7. 種が流れ出ないように水やりをします

ヒユナのポットまきのやり方(手順)

  1. 3号のポリポットに種まき用の培養土を入れます。
  2. 水をたっぷりとかけます。
  3. 1か所あたり2~3粒の種をまきます。
  4. 用土を約5mm被せます。
  5. 指先で軽く押さえて用土と種を密着させます。
  6. 種が流れ出ないように水やりをします。

種まきのコツとヒント

  • 覆土は適切な量を被せましょう。
  • 発芽までは風通しを良くして反日蔭で乾燥させないように管理しましょう。
  • 発芽するまでは水切れに注意しましょう


ヒユナの間引き

ヒユナの間引きはタイミングよく行いましょう。間引きの時期が早すぎると苗が徒長して軟弱になり、遅すぎると抜き取るときに隣の根を傷める原因になります。

ヒユナの間引き


ヒユナの間引きのタイミングは?

ヒユナの間引きは合計で2回行います。1回目の間引きは本葉が出そろった頃で2本立てにします。2回目の間引きは本葉が2~3枚になった頃が目安の時期で、元気な苗を1本だけ残しましょう。

ヒユナの最終の株間は?

ヒユナの株の間隔は15~30cmです。株採り収穫するときは15cm、摘み取り収穫するときは30cmが目安です。

苗の間引き方は?

苗が抜けないように残す苗の根元付近を指で軽く押さえて、不要な苗の根元を掴んで手で抜き取りましょう。

間引きが遅れて隣り合う苗の根と絡まって抜けにくいときは、ハサミで根元から切り取ってもかまいません。


ヒユナの植え付け

ヒユナを種から育てるのが難しいと感じたら、園芸店などで売られている苗を購入して育ててみましょう。苗からだと収穫まで簡単に辿り着けます。

ヒユナの苗の植え付け


ヒユナの良い苗の選び方

ヒユナは、節間が狭く茎が太く葉の緑の濃いもの、害虫や病害の被害に遭っていないものが良い苗です。本葉が2~3枚になったものが植え付けに適した苗の大きさです。

直根性のヒユナは移植を嫌うので、株が大きくなりすぎる前に植え付けするのがポイントです。


苗の植え付け時期は?

ヒユナの苗の植え付け適期は、4月中旬~7月上旬です。

ヒユナの生育適温は?

ヒユナは25℃~35℃が生育がもっとも良くなる温度です。

苗を植える間隔は?(株間)

ヒユナの苗を植える間隔は15~30cmです。株採り収穫するときは15cm、摘み取り収穫するときは30cmが目安です。

ヒユナの苗の植え方(手順)

  1. 根鉢より一回り大きな植穴を開けておきます。
  2. 根鉢を壊さないように丁寧に苗を取り出します。
  3. 穴の中に苗を入れます。
  4. 子葉が埋まらない程度に用土を入れます。
  5. 株元を軽く押さえて根と用土を密着させておきます。
  6. 水をたっぷりと与えます。

ヒユナの苗の植え方(手順)



ヒユナの栽培管理

ヒユナの土寄せ

ヒユナは根が地上に露出すると太陽光で根を傷めてしまい、生育不良の原因になってしまいます。タイミングよく株元に土を寄せておきましょう。

ヒユナの土寄せ(まし土)


土寄せのタイミングは?

水やりや降雨で用土は自然に減ってしまいます。根元周りの用土が減ってきたと感じたら土寄せをしましょう。

根が完全に露出すると株の生育に影響するので早めに土寄せするのがポイントです。

土寄せのやり方は?

株周りの固くなった用土の表面を軽くほぐしてから株元に寄せておきます。プランター栽培では用土が減ってきたら新しい用土を足しましょう。


ヒユナのトンネル掛け

ヒユナの保温対策にはトンネル掛けが有効です。

ヒユナのトンネル掛け


ヒユナは25℃以上の高温を好むため、春先から栽培をスタートするときは寒冷紗のトンネル掛けがおすすめです。

4月上旬は低温で株の生育が悪くなり、また霜が降りると霜枯れの原因になるため、霜対策と保温対策をしましょう。

日中の気温が高くなったら風通しをよくするためトンネルは撤去します。


ヒユナの摘心

ヒユナを摘み取り収穫するときは、一定の高さになったら摘心を行いましょう。草丈が高くなると茎葉が固くなって味が落ちてしまいます。

ヒユナの摘芯


摘心とは枝の先端部分を切り取ることです。

株の高さが40cmを超えたら、中央から伸びる主枝(一番太い枝)の先端部分から7~8cmのあたりを切って摘心します。

ヒユナは主枝を摘心することで柔らかい脇芽がつぎつぎと出るようになります。


ヒユナの水やり

ヒユナは成長にあわせて水やり方法を変えます。種まき後(苗の植え付け後)から約1週間程度はこまめに水やりをしますが、その後は用土の表面が乾いたタイミングで水やりをしましょう。

ヒユナの水やり


ヒユナの水やりの頻度は?

ヒユナは極度の乾燥を嫌います。用土の表面が乾いたときが水やりのタイミングです。

種まき後や苗の植え付け後の約1週間は、水切れにならないように用土の表面が乾いたタイミングでこまめに水やりをしましょう。

1回あたりの水やり量は?

プランター栽培では1回の水やりで鉢底から染み出るくらいたっぷりと与え、露地栽培では1株あたり1.5~2Lが目安です。表面だけでなく用土の中に染み込むまで与えましょう。

水やりのコツとヒント

  • 苗が小さいうちの水やりは苗が倒れないように丁寧に与えるのがポイントです。
  • ハス口の細かいものを使うか、ジョウロから出る水を手に受けて株と株の間に優しく水やりしましょう。
  • 初期段階で苗が倒れたり抜けたりすると、株の成長が遅れる原因になります。
  • 水の与えすぎは株を軟弱にして病害の要因になります。適量を心掛けましょう。


ヒユナの追肥

ヒユナの追肥は株の成長に合わせて与える肥料の種類と与える量を調整しましょう。ヒユナは根の先端からもっとも吸肥します。プランターの淵や、畝間や株と株の間に肥料をまいて表面の用土と混ぜ合わせておきます。

ヒユナの追肥


ヒユナの追肥のタイミングは?

ヒユナの追肥時期は、種まきから30日後から、苗を植え付けてから約2週間後からスタートさせます。

その後は茎葉の状態を見ながら2週間に1回の頻度で与えましょう。(株採り収穫の場合は2回目以降は不要です。)

葉が黄色くなったときや新葉が出なくなったときは肥料不足のサインです。

与える肥料の種類は?

生育初期から収穫終わりまでチッソ分の割合が多めの肥料を与えて株を大きく育てましょう。

1回あたりに与える量は?

プランターの場合

1株あたり5~10gを与えましょう。用土全体に肥料をまいて軽くほぐしてから株元に土寄せしておきます。

薄めた液肥を1週間に1度のタイミングで水やりを兼ねて与えてもかまいません。

露地栽培の場合

1㎡あたり20~30gを与えましょう。列の両側に肥料をまいて用土をほぐして株元に土寄せしておきます。

追肥のコツとヒント

  • 追肥のあとに水やりをすると、肥料が効果的に土にしみこんで吸肥の効率がよくなります。
  • 肥料の与えすぎは株が軟弱に育ってしまいます。適量を心掛けましょう。


ヒユナの収穫

ヒユナの収穫のタイミングや収穫の目安を知って、もっとも美味しい頃合いに収穫しましょう。

ヒユナの収穫


ヒユナの収穫時期は?(タイミング)

ヒユナは種まきから約1.5か月、苗の植え付けから約1月で収穫適期を迎えます。

収穫に適した大きさは?(見た目)

ヒユナの収穫時期を見た目で判断するときは、草丈が40cm以上になり、脇芽から伸びる柔らかい茎葉が15~20cmになった頃が収穫のタイミングです。

ヒユナの収穫方法は?

ヒユナは株採り収穫と摘み取り収穫ができます。

株採り収穫は株元を10cmほど残してナイフなどで茎葉を刈り取ります。追肥を与えておくと再び芽を出すので、何回も収穫を楽しめます。

摘み取り収穫は脇芽から出る柔らかい茎葉を先端から10~15cmをハサミで切り取って収穫しましょう。手で摘み取ってもかまいません。

ヒユナの収穫時期と収穫方法は?


ヒユナはいつ頃まで収穫できるの?

ヒユナは気温が10℃以下になると生育が衰えるので晩秋には枯れてしまいます。

新芽が出なくなったときが収穫の終わりです。最後は株ごと抜き取って栽培を終わらせましょう。


ヒユナの病気対策は?

ヒユナにはさまざまな病害が発生します。病害の前兆を早く見つけることが大きな被害を防ぐことにつながります。早期の治療と再発防止対策をしっかりと行いましょう。

ヒユナの病気対策


ヒユナに発生しやすい病気の種類は?

ヒユナ栽培でよく見かける病気は「斑点細菌病」「苗立ち枯れ病」「カビ病」「べと病」「ウイルス病」などです。

病気の予防は?

ヒユナは病気に強い野菜ですが、病気に掛かる主な原因は、日当たりが悪い、株元の葉が込み合って風通しが悪い、畑の排水性が悪く多湿になっている(または水やりが多い)などです。

ヒユナの病気の発生を予防するためには、多湿を避ける、日当たりのよい場所で育てる、適正な株間の確保を行う、用土を丁寧に耕して水はけの良い土壌作りを心掛けましょう。


ヒユナの害虫対策は?

収穫前に害虫の被害に遭うと収量に大きく影響します。害虫を見かけたら早期に駆除することが被害を最小限に抑えるポイントです。害虫対策をしっかりと行って、害虫の集まりにくい環境を目指しましょう。

ヒユナの害虫対策


ヒユナ栽培で見かける害虫の種類は?

ヒユナに発生しやすい害虫は、「メイガ類」「アブラムシ類」などです。

害虫の予防と対策は?

ヒユナは害虫の被害が少ない野菜ですが、害虫は大きくなる前や数が増える前に早期に駆除することが大切です。葉の裏もよく観察して卵や幼虫を見つけたらすぐに捕殺しましょう。

栽培時に出る残渣(落ち葉や枯葉)はこまめに撤去し、株元が込み合ったら摘葉して風通しを良くすることで、害虫の住処をなくすことができます。

ヒユナの苗が小さい時期のトンネル掛けや不織布掛けは、害虫の飛来を予防する上でかなり有効な方法です。

自分の畑だけを対策しても、周辺の無対策の畑や雑草地に囲まれている畑などから害虫は次々と飛来してくるからです。

害虫の数が増えて自力で駆除できなくなる前に、人体への影響が少ない薬剤を使うことも検討しましょう。

 はてなブックマークに追加



ひとつ前のページに戻る

葉野菜(葉菜類)の育て方一覧

家庭菜園で簡単野菜作りVegetablesBeginnersGuide!