本文へスキップ

芽キャベツの育て方

 はてなブックマークに追加


野菜栽培士が芽キャベツの育て方と栽培のコツを画像を交えて詳しく解説します。


失敗しない芽キャベツ栽培。種まきから収穫まで芽キャベツの育て方のコツと栽培のポイントをレクチャー!水やり・追肥・病気対策・害虫対策など。

芽キャベツの作り方はプランターでも露地でも簡単です。家庭菜園で立派な芽キャベツを育てましょう!


芽キャベツ栽培の流れ

  1. 芽キャベツの育て方と栽培管理のコツ
  2. 栽培時期
  3. 育てやすい品種
  4. 芽キャベツの育て方
  5. 栽培前の準備プランター栽培用土土作り畝作り
  6. 種まき
  7. 間引き
  8. 苗の植え付け
  9. 栽培管理土寄せ支柱立て下葉かき下芽かき水やり追肥
  10. 芽キャベツの収穫
  11. 芽キャベツの育て方まとめ
  12. 病気対策
  13. 害虫対策


芽キャベツの育て方と栽培管理のコツ

芽キャベツの育て方と栽培管理のコツ


栽培難易度 ★★★☆☆

芽キャベツはアブラナ科の野菜でヒメカンラン・子持ちカンランとも呼ばれる、脇芽が鈴なりに茎の周りに結球するキャベツの変種です。

ミニサイズ(2~3㎝)のキャベツの様な形をした芽球が茎の周囲にたくさん実る不思議な見た目が特徴です。

芽キャベツは、春まき(4~6月)と夏まき(7月~9月)の年に2回の栽培が楽しめます。

ただし、春植えの芽キャベツは害虫被害や病気の心配があるので、夏まきや秋植えが簡単でおすすめです。

芽キャベツの育て方と栽培のコツ


日当たりの良い場所であれば、プランター栽培はもちろんですが大きめの植木鉢でも十分に育てられるのでべランダ栽培が可能です。

芽キャベツに含まれる栄養素には、タンパク質の他、ビタミンAやビタミンC、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。



芽キャベツの栽培時期

芽キャベツは夏に植える野菜です。春植えもできますが難易度は高め。収穫時期は種まきからは4~5か月、苗からは約2.5か月~3か月です。


芽キャベツ栽培カレンダー(種まき時期・植え付け時期・収穫時期)



芽キャベツ栽培のポイント

  • 芽キャベツはアブラナ科の野菜で連作はできません。2年以上間隔を空けましょう。
  • 芽キャベツは日当たりがよく水はけのよい土壌で育てましょう。
  • 芽キャベツは多湿を嫌い冷涼な気候を好みます。
  • 芽キャベツは高温に弱く、23℃以上になると結球不良や病気の発生が増えます。
  • 適正な土壌酸度(pH値)は6.0~6.5です。
  • 初期に株を大きくすることが多収穫のポイントです。元肥はしっかりと施しておきましょう。
  • 草丈が60~70㎝ほどに成長します。株よせして倒伏を防止しましょう。
  • 収穫時期が遅れると葉が開いてしまうので早めに収穫しましょう。


芽キャベツの育て方

芽キャベツはプランター栽培と露地栽培が可能で、種からと苗からのどちらからでも栽培が始められます。ここからは芽キャベツの育て方を解説します。

栽培前の準備

芽キャベツの栽培を始める前にしておくことは、「道具と栽培用土の準備」栽培地の「土作り」「畝作り」などです。

芽キャベツに適したプランターサイズ


プランターサイズ

芽キャベツを育てるときのプランターサイズは大型(60㎝~)または、大鉢タイプ(深底)がおすすめです。

芽キャベツの株間は30~40㎝は必要となるので、1株植えなら小型プランターや鉢でも育てることが可能です。


栽培用土の種類

芽キャベツ栽培で使う用土は市販の培養土を利用すると袋から開けてすぐに使えて便利です。葉野菜用で肥料入りの用土がおすすめです。

芽キャベツに適した栽培用土


自分で用土を配合するときは、赤玉土7:腐葉土2:バーミキュライト1、それに石灰を用土10ℓ当たり10~20gと化成肥料を用土10ℓ当たり10~20g混ぜ合わせた物を用意しましょう。

芽キャベツwpプランター栽培する時の用土の量


プランターに入れる土の量は上部の縁から5~10㎝ほど低めで、目安は全体の7割ほどです。ウォータースペースを残して培養土を入れておくようにしましょう。

ベランダ菜園では土の量が多すぎると管理が大変になってしまいます。

水やりの際に用土があふれて床や排水口を汚したり、まし土の際に新しい用土を入れるスペースがなくなったりします。

露地栽培の土作りと畝作り

芽キャベツの土作り(露地栽培)


土作り

芽キャベツを露地で栽培する時は植え付けの2週間前に1㎡あたり苦土石灰を100g、1週間前に、堆肥2kg/㎡・化成肥料(15:15:15)50g/㎡を施しておきます。

畝作り

芽キャベツ栽培では幅60㎝高さ15㎝の平畝を作って水はけの良い畝を作るのがポイントです。根が張りやすいようにしっかりと耕しておきましょう。



おすすめの品種

芽キャベツの育てやすい品種


芽キャベツは「ファミリーセブン」や「早生子持」・「子持甘藍」などの品種が栽培期間も短く(早生種)育てやすくて人気です。

春まきは早生種が収穫まで早く育てやすいおすすめです。

楽天市場でおすすめの芽キャベツをCheckする

Amazonでおすすめの芽キャベツをCheckする



芽キャベツの種まき

芽キャベツは、畑に直接種をまく「直まき」とポリポットに種をまく「ポットまき」があります。

芽キャベツの種まき(種から育てる)


種まき時期

芽キャベツの種まきは春と秋です。直まきでは日中の気温が15℃以上になってから種をまきましょう。

発芽適温

芽キャベツの発芽適温は15℃~25℃です。最低は7℃、最高は30℃くらいまでなら発芽します。

発芽日数

芽キャベツは種をまいてから約2日~5日で発芽します。気温が低すぎたり高すぎたりすると、発芽が遅れたり発芽しなかったりします。

種のまき方

芽キャベツの種のまき方ですが、培養土を入れた約10㎝ポリポットに3~4粒ほど種をまきます。直まきするときは、株間を40~50cmあけて1か所あたりに種を5~7粒まきます。

覆土(種をまく深さ)は5~10㎜とします。


種まきのコツとポイント

発芽までは十分な水やりを行って乾燥させないように注意しましょう。

芽キャベツは暑さに弱いので、とくに夏まきでは風通しの良い反日蔭にすることが上手に発芽させるポイントです。(参考:芽キャベツの種が発芽しない原因と対策



間引き


間引きのタイミング

芽キャベツの間引きの時期(タイミング)子葉が伸びて開き始めたときです。元気の良い苗を2本残して、他の苗はすべて引き抜きます。

2回目の間引きのタイミングは本葉が4枚になった頃に行います。生育の良い苗を1本だけ残しましょう。

芽キャベツは種を植えてから植え付けに適した大きさになるまで約30日ほどかかります。本葉が5~6枚になった頃が植え付け適期です。

間引きのコツとポイント

育苗の後半は培養土の肥料が減るので、水やりを兼ねて週に1~2回薄めの液肥を与えるのがポイントです。子葉が残っている茎が太いがっちりとした苗に育てましょう。

芽キャベツの良い苗の選び方(見極め方)


良い苗の見極め方

芽キャベツの苗は8月~9月頃にホームセンターや通販などで販売されます。緑色の濃い茎のしっかりした子葉の残っている苗を選ぶようにしましょう。

葉や茎が傷んでいないもので病気や害虫の被害に遭っていない苗を選ぶこともポイントです。



苗の植え付け

芽キャベツ栽培に慣れていない方や種から育てるのが難しいと感じる方は苗から育ててみましょう。苗から植え付けると収穫まで簡単に辿り着けます。

芽キャベツ苗の植え付け方


芽キャベツを苗から育てる

芽キャベツは長期間の栽培になるので、プランター菜園では10号以上の鉢に1本植え又は、大型のプランターで2株までとします。

株間

苗を植え付ける間隔は、早生種(収穫までが短い品種)は30~40cm、中晩生種(収穫までが長い品種)は40~45cm間隔で植えていきます。

植え付け時期

芽キャベツは春と夏が植え付け適期ですが、害虫被害の少ない夏植えが簡単です。

生育適温

芽キャベツがもっともよく育つ温度は18℃~22℃です。7℃を下回るとき、25℃を超えると生育が悪くなります。

芽キャベツの苗の植え方


苗の植え方

苗を植える場所にポットの大きさより一回り大きな植え穴を空けておきます。

根鉢を壊さないように優しく根鉢ごと取り出します。ポットの裏の穴から指で押すと上手にに取り出せます。

ブロッコリーの苗を植え付けたあとは、用土を軽く根の周りに寄せて根と土が密着するように、株元を軽く手で押さえて落ち着かせておきます。



栽培管理

土寄せ

苗の生育が盛んになって草丈が高くなると株が倒れやすくなります。株元に土を寄せて倒伏防止をしておきましょう。

また苗の根元が露出して太陽光が根に直接当たると、株の生育を弱める原因になります。

芽キャベツの土寄せ(まし土)


土寄せの時期(タイミング)

間引きや追肥のタイミングで株周辺の用土の表面を軽く耕して株元に土を寄せておきましょう。プランターの場合は水やりで用土が減りやすいので、定期的に用土を足します。


支柱立て

苗を植え付けた後から根付くまでの間は、茎が細く弱いので風や雨などによって折れることがあります。仮の支柱を立てておきましょう。


支柱立て


苗が根付いたら取り除いても大丈夫です。

夏まきでは葉の成長が活発(草丈が30~40㎝)になる頃はちょうど台風の季節です。仮支柱を外して約1mの太めの本支柱を立てて株の倒伏を防ぎましょう。

支柱を立てる代わりに周辺の土を根元に寄せておく方法も有効です。



下葉かき

芽キャベツは下葉が込み合ってきたら、結球までに下葉かき(摘葉)を行いましょう。

芽キャベツの下葉かき(摘葉)


芽キャベツは葉かきという摘葉作業を行って、日当たりと風通しを良くして球の肥大する環境とスペースを確保してやる作業が必要になります。

わき芽が伸び始めたら頂部の葉を10枚ほど残してその他の葉は全て切り落とします。


芽キャベツのわき芽かき(摘葉)


一気に葉を切り取ると株や芽球の成長が悪くなってしまいます。結球は下の方から始まるので結球の成長に合わせて下から順に古い葉を切り取っていきましょう。

葉かきの際に注意することは、葉を茎の根元ギリギリで切り取ってしまわないようにすることです。

根元で切ると芽球を傷めたり芽球が取れたりするので葉柄を少し残して切るようにしましょう。



下芽かき

葉かきと同様に芽キャベツ栽培で欠かせないのが「下芽かき」という不良葉を摘み取る作業です。

芽キャベツの下芽かき


根元近くの形の悪い結球を摘み採ることを「下芽かき」と言います。

葉かきが始まる頃に株元から10節目位までにある形の悪い芽は早めに摘み取ってしまいましょう。

小さなときに形が悪い芽は、大きくなっても綺麗な形に戻ることはありません。



芽キャベツの水やり

芽キャベツは乾燥が苦手ですが、水やり回数が多すぎると病気が発生しやすくなります。回数を少なくして1回のあたりの水の量を多めにするのがポイントです。

芽キャベツの水やり


水やりの頻度

芽キャベツの水やりの頻度ですが、種をまいて発芽するまでの間と苗を植え付けた後は根付くまでの間はこまめに水やりを行いましょう。

苗が根付いてからの水やりは用土の表面が乾いたときが水やりのタイミングです。

水やりの時間帯

朝の水やりは、気温が上がり始める前に与えます。日中の気温の高い時間に与えると、太陽光で根を傷めたり、水滴がレンズ代わりになって茎葉を傷めてしまいます。

夕方の水やりは気温が下がってから。ただし、気温が下がる秋以降は、夕方から夜間にかけての水やりは病気が発生しやすくなるので控えるようにしましょう。

水やりの頻度と与える量


1回あたりに与える水の量

プランター栽培の場合は、鉢底から水が染み出るまで水やりをします。露地栽培では1株あたり約1.5~2Lが目安です。

雨の日や曇りの日は多湿になりやすく病気の発生を助長するので水やりはしなくてもかまいません。

ただし、マンションのベランダなどの雨が当たらない場所で栽培していて雨が続くときは、用土の表面が乾いてたら水やりをしましょう。そのときは、いつもより量を少なめにします。



芽キャベツの追肥

追肥の量と与えるタイミングがキャベツの葉を美味しくするためのポイントになります。

芽キャベツの追肥


追肥時期

1回目の追肥は本葉が約6~8枚程度になった頃で苗の植え付けからだと約3週間ほど経った頃になります。

追肥の種類

追肥に使う肥料の種類は即効性(効きが早い)のもので、チッソ比率の高いものがおすすめです。成分が分からないときは園芸店などで葉もの野菜用の肥料を使うと簡単です。

1回あたりの追肥の量

プランター栽培では化成肥料10gを縁に沿ってまき、表面の用土と軽く混ぜ合わせておきます。露地栽培では畝の間に化成肥料を一握りまいて用土と混ぜ、畝の肩に寄せておきましょう。


 追肥のタイミング(2回目以降)

芽キャベツの追肥タイミング


2回目の追肥は前回の追肥から約30日後に与えます。それ以降は茎葉の生長を見ながら30日おきに施します。

与える肥料の量は1回目と同量で、葉にかからないよう株元周辺にパラパラとまいて用土と軽く混ぜ合わせて土寄せしておきましょう。

追肥のコツとポイント

苗が小さな時は株元に与えますが、大きくなってからは株元から少し離れたところにまくのがポイント。この理由は、肥料は根の先端ほどよく吸収するからです。

肥料を用土と混ぜるときは、根を傷めないように注意して表面の用土と混ぜ合わせましょう。



芽キャベツの収穫

芽キャベツの収穫方法と収穫時期は?収穫のタイミングや収穫の目安を知って美味しい頃合いを見極めましょう!

芽キャベツの収穫適期(タイミング)


収穫適期

芽キャベツは種まきからだと4~5か月、苗を植え付けてからだと約3か月ほどで収穫適期になります。

見た目で収穫時期を判断する

芽球の直径が2~3㎝になり、固く締まってしまってきたら収穫のタイミングです。


収穫方法

手でもぎ取るかハサミで芽球を根元から切り取って収穫しましょう。

芽キャベツは下の球から順に締まって株の上に次々と(約60~70個)球が実ります。上手に育てると約2か月ほどは収穫を楽しむことができます。

収穫時期が遅れると芽球が破れて裂球してしまいます。収穫適期を逃さないように注意しましょう。

芽キャベツの収穫方法


収穫のコツとポイント

芽キャベツは下から順に芽球が収穫適期になり、次から次へと上に新しい芽球がついていきます。常に頭頂部から10枚の葉を残しながら株を伸ばしましょう。



芽キャベツの育て方まとめ

芽キャベツを上手に育てるコツは、生育初期に株をできる限り大きく育てること。茎の太さが4~5㎝以上になるように育てると多収穫が望めます。

芽キャベツの育て方まとめ


株を大きく育てるためには元肥をしっかりと与えておくのがポイント。半分くらい収穫を終えたところで定期的に追肥をすると長く収穫を楽しめます。

芽キャベツは23℃を超えると芽球の生育が極端に悪くなってしまいます。とくに春(5月~6月)から育てる時は、気温が高くなる時期です。

寒冷紗のトンネル掛けなどをして、高温にならないよう暑さ対策をしましょう。



病気対策

芽キャベツに発生しやすい病気は「菌核病」「苗立枯病」「根こぶ病」「べと病」など。

芽キャベツの病気対策


病気に掛かる要因は、畑の排水性が悪い時や株元の葉が込み合っている時、日当たりが悪い時です。

病気の発生を防ぐために、適正な株間の確保を行って、日当たりの良い耕土が深く水はけの良い土壌を心掛けましょう。



 害虫対策

芽キャベツをほじめアブラナ科の野菜はアオムシ(モンシロチョウの幼虫)による被害が多発します。

芽キャベツの病気対策


特に植え付けた直後の幼苗のアオムシによる食害跡は収穫量に影響が出るので注意して下さい。

苗を植え付けた後は不織布か寒冷紗でトンネル掛けをして害虫の被害から守ってやりましょう。

芽キャベツの害虫対策


芽キャベツによく発生する害虫は「アオムシ」のほか、「コナガ」「アブラムシ」「ハンスモンヨトウ」など。

特に幼苗期間の害虫対策は必須です。

寒冷紗を掛けても隙間から入り込むことがあるので害虫を見つけた場合は早期に除去することで被害を最小限に食い止めることができます。

 はてなブックマークに追加




ひとつ前のページに戻る

葉菜類(葉野菜)の種類と育て方

家庭菜園で簡単野菜作りVegetableBeginnersguide



ナビゲーション