本文へスキップ

セリの育て方

セリは春から秋が栽培時期で収穫まで約2か月です。種子はあまり市販されていないので、基本的にはランナーからとった苗から育てます。収穫までの作業は水やり・追肥・土寄せなどです。

 はてなブックマークに追加

セリの育て方は?失敗しないセリ栽培のコツ


失敗なしでセリを栽培しましょう!

セリの土作りをはじめ、苗の植え付けから収穫までに必要な栽培管理を画像を交えて野菜栽培士が詳しくレクチャーします。失敗なしで立派なセリを育てましょう!

セリ栽培の流れ

  1. セリの難易度と栽培のポイント
  2. セリの栽培時期は?
  3. 育てやすい品種は?
  4. 栽培前に準備しておくこと
  5. 露地栽培の土作りと畝作り
  6. 苗の植え付け
  7. ランナー(挿し芽)から育てる
  8. セリの栽培管理保温栽培水やり追肥
  9. セリの収穫
  10. 病気対策
  11. 害虫対策

動画で解説「セリの育て方」

セリの難易度と栽培のポイント

栽培難易度 ★★☆☆☆

セリは自生するほど強靭で育てやすく栽培難易度が低い葉野菜です。耐寒性も高く冬越しができるので、追肥を施せば長く収穫を楽しむことができます。

セリの栽培難易度と育て方のポイント


セリはアジアや熱帯アフリカ原産のセリ科の葉野菜です。日本では古くから利用されていて春の七草のひとつです。名前の由来は「水辺で競り合って育つ」からきています。

田んぼの畔や川辺など湿地で自生する植物で、自生したセリのことを「田ゼリ」といいます。セリはビタミンやミネラルを豊富に含む健康野菜です。

主に香味野菜として利用されますが、軽く茹でてお浸しにしたり、和え物にしたり、鍋の具や汁の具などに使うのもおすすめです。

セリの上手な育て方


セリの種は入手が困難なので、基本的には苗から育てます。春先になると園芸店などで手に入りますが、スーパーなどで売っている根付きのセリでも十分です。

セリには耐寒性があるのでそのままでも冬越しはできますが、食用として利用する時は寒さに当たると茎葉が固くなるので保温管理しましょう。

セリ栽培の主な管理作業は月に数回の追肥ぐらいで、水を張って栽培するので水やりもなく非常に楽です。(畑で栽培することもできますが風味や食感が劣ります。)

親株からランナーが伸びるので秋口に挿し芽をすれば株をたくさん増やすこともできるお得な野菜です。

セリの栽培データ

科名 セリ科
別名 田ゼリ・芹・ジャパニーズパセリなど
草丈 30~50cm
連作障害 あり(1~2年)
適した場所 日がよく当たる風通しの良い場所
日当たり 🌞 or 🌤
土壌酸度 pH6.0~6.5
株間 5~10cm
生育適温 15~25℃
種まき時期 苗から育てます
発芽日数
苗植え付け時期 4月~6月・9月~10月
収穫時期 植え付けから約2か月


セリの栽培時期は?

セリの栽培時期は春から冬にかけてです。苗の植え付けは4月~6月で、収穫までは植え付けから約2か月です。

セリ栽培カレンダー

セリの栽培カレンダー


セリの育てやすい品種は?

セリは在来種の1品種のみですが、さまざまな商品名で販売されています。基本的にはどの商品を選んでも栽培方法や育てやすさに違いはありません。

セリの育てやすい品種は?


種苗メーカーからは固定種名の「セリ」のほか、「芹」や「田ゼリ」「ジャパニーズパセリ」といった商品名で苗が販売されています。

Amazonのセリの種をCheckしてみる!

楽天市場のセリの種をCheckしてみる!


セリの栽培方法は?

セリはプランター栽培と露地栽培が可能ですが、繁殖力が強く自然に繁殖すると手に負えなくなるので、プランター栽培で株数を管理する方が無難です。

栽培前に準備しておくことは?

セリの栽培をはじめる前にしておくことは、プランター(栽培容器)の準備と土作りなどです。

セリのプランター栽培


プランターの選び方は?

セリは水を張って栽培するので、利用するプランターは水抜き栓付きを使います。サイズは中型(60cm)以上のものを利用しましょう。

中型サイズのプランター1つに対して、4~5株程度の栽培が可能です。

1株植えなら10号サイズ以上の水抜き栓付きの植木鉢や、食器の洗いカゴ(二重になっているもの)でも栽培ができます。

夏場は水が腐りやすいので、水抜き栓のある容器を使うと水替えが楽になります。

セリ栽培で使う用土は?


栽培に使う用土の種類は?

セリ栽培で使う用土は市販の培養土を利用すれば土作りの必要がなく袋から開けてすぐに使えるのでとても便利です。

自分で用土を配合するときは、黒土(6):川砂(4)を混ぜたものを使いましょう。

元肥は不要です。


セリをランナー(挿し芽)から育てる

セリはランナー(挿し芽)から簡単に育てることができます。スーパーなどで購入した根付きのセリも同様に栽培でき経済的です。

セリのランナーから苗を作る方法は?


セリの増やし方は?

セリは気温上昇とともに株から伸びるランナー(走枝)を切り取って植える「挿し芽」をすれば株を増やせます。

挿し芽の時期は?

セリの挿し芽の適期は9月~10月です。

※挿し芽の適期は栽培地の気候などによって前後します。

セリの挿し芽のやり方は?


セリの挿し芽のやり方(手順)

  1. 親株からランナーを茎元で切り取ります
  2. 葉を2~3枚つけて10cmの長さに切り分けます
  3. プランターの6分目まで用土を入れます
  4. 5~10cm間隔でランナーを用土に挿します
  5. 用土の表面から2cmほどの高さまで水を入れます

挿し芽のコツとヒント

  • プランターは水抜き栓付きのものを使いましょう
  • 水が腐るのでミネラルウォーターではなく水道水を与えましょう
  • 適温内なら7~10日で発根します
  • スーパーなどで買った根付きのセリも同様に植え付けできます


セリの植え付け

セリは種ではなく苗から育てるのが一般的です。春になると園芸店などで売られる苗を購入して育てましょう。苗からだと収穫まで簡単に辿り着けます。

セリの苗の植え付け


セリの良い苗の選び方

セリは、節間が狭く茎が太く葉の緑の濃いもの、害虫や病害の被害に遭っていないものが良い苗です。本葉が2~3枚になったものが植え付けに適した苗の大きさです。


苗の植え付け時期は?

セリの苗の植え付け適期は4月中旬~6月中旬)で、中間地以西の温暖な地域では秋植え(9月)も可能です。

※植え付け適期は栽培地の気候などによって前後します。

セリの生育適温は?

セリは15℃~25℃が生育がもっとも良くなる温度です。

苗を植える間隔は?(株間)

セリの苗を植える間隔は5~10cmです。

セリの苗の植え方(手順)

  1. 容器に7分目まで用土を入れます
  2. 根鉢より一回り大きな植穴を開けます。
  3. 根鉢を壊さないように丁寧に苗を取り出します。
  4. 穴の中に苗を入れます。
  5. 子葉が埋まらない程度に用土を入れます。
  6. 用土の表面から2cmほどの高さまで水を入れます

セリの苗の植え方(手順)



セリの栽培管理

セリの冬季の保温栽培

セリは晩秋以降になると低温で茎葉が固くなって収穫は終わりになりますが、トンネル掛けをして保温すれば張るまで柔らかい茎葉を収穫を続けることができます。

セリの冬季の保温栽培


温暖な地域ではビニルのトンネル掛けをして温度管理をしましょう。プランター全体をビニールで覆っても大丈夫です。よく日の当たる場所で栽培を続けましょう。

11月以降から3月上旬までは低温で株の生育が悪くなり、また霜が降りると霜枯れの原因になるため、透明のビニール掛けに変更して霜対策と保温対策をしましょう。

収穫をしないときは何もしなくても冬越しできます。


セリの水やり(水替え)

セリは水を張って栽培しますが水替えが必要です。苗の植え付け後から約1ヶ月に1回の頻度で水替えをしましょう。

セリの水替え(水やり)方法は?


セリの水やり(水替え)の頻度は?

セリは水が古かったり腐ったりしていると食味が悪くなって病害が発生しやすくなります。

苗の植え付け後は水の腐敗防止を兼ねて、1ヶ月に1~2回、それまでの水を抜いて新しい水と入れ替えをしましょう。

水やりのコツとヒント

  • 温暖な地域で栽培するときや夏季は1ヶ月に2回が目安です。
  • 冬季は頻繁な水替えは不要で2か月に1回が目安です。
  • 古い水を抜いてから新しい水を足しましょう。


セリの追肥

セリの追肥は液肥を中心に与えましょう。季節や株の成長に合わせてタイミングよく適量与えるのがポイントです。

セリの追肥


セリの追肥のタイミングは?

セリの追肥時期は苗を植え付けて約2週間後からスタートさせます。その後は茎葉の状態を見ながら1ヶ月に2~3回の頻度で与えましょう。

葉が黄色くなったときや新葉が出なくなったときは肥料不足のサインです。

冬季に収穫を続ける場合は収穫の頻度に合わせて量を減らし、収穫をしない場合は月に1回程度(草勢を維持する程度)でかまいません。

与える肥料の種類は?

セリに与える肥料はチッソ分の割合が多めの液肥を与えて、株を大きく育てます。

1回あたりに与える量は?

プランターに水を張った状態で、水の表面全体にバランスよく液肥をまき、軽く水と混ぜ合わせておきます。

使用する商品の使用基準を見て適量を与えましょう。

追肥のコツとヒント

  • 水替えで水を抜いたタイミングで追肥すると、肥料が効果的に土にしみこんで吸肥の効率がよくなります。
  • 肥料の与えすぎは株が軟弱に育ってしまいます。適量を心掛けましょう。


セリの収穫

セリの収穫のタイミングや収穫の目安を知って、もっとも美味しい頃合いに収穫しましょう。


セリの収穫時期は?(タイミング)

セリは苗の植え付けから約2か月で収穫適期を迎えます。親株の茎葉は固いので、次々と伸びるランナーを収穫します。

収穫に適した大きさは?(見た目)

セリの収穫時期を見た目で判断するときは、親株の草丈が30cm以上になり、ランナーが伸びて20cm以上になったときが収穫のタイミングです。

セリの収穫方法は?

セリは摘み取り収穫と株採り収穫ができます。

摘み取り収穫はランナーを掻き取りながら収穫します。ランナーの根元付近をハサミやナイフで切り取って収穫しましょう。手で摘み取ってもかまいません。

夏以降はランナーを挿し芽すれば株採り収穫ができます。10cmの長さに切ったランナーを用土に挿しておき、草丈が20cmを超えたら株ごと抜き取って収穫しましょう。

セリの収穫時期と収穫方法は?


セリはいつ頃まで収穫できるの?

秋以降になって気温が下がり、親株から新しいランナーが伸びなくなったら、その年の収穫は終わりです。

温暖な地域なら保温をすれば秋以降も収穫を続けられます。


セリの病気対策は?

セリは病害に強い野菜ですが、まれに発生することがあります。病害の前兆を早く見つけることが大きな被害を防ぐことにつながります。早期の治療と再発防止対策をしっかりと行いましょう。

セリの病気対策は?


セリに発生しやすい病気の種類は?

セリ栽培でよく見かける病気は「ウイルス病」「葉枯れ病」「さび病」「萎黄病」「菌核病」「白絹病」などです。

病気の予防は?

セリが病気に掛かる主な原因は、日当たりが悪い、日当たりが良すぎる、株元の葉が込み合って風通しが悪い、張った水が腐っているなどです。

セリの病気の発生を予防するためには、夏場は反日蔭で育て、冬場は日当たりのよい場所で育てる、適正な株間の確保を行う、株元の葉が込み合ったら摘葉して風通しを良くすることを心掛けましょう。

対策しても何度も同じ症状が出るときは、用土中に原因となる最近やウイルスが残存している可能性があります。

露地栽培では太陽熱消毒や水張りなど土壌消毒をする、プランター栽培では容器を消毒してから用土と水を新しいものに入れ替えてみましょう。


セリの害虫対策は?

収穫前に害虫の被害に遭うと収量に大きく影響します。害虫を見かけたら早期に駆除することが被害を最小限に抑えるポイントです。害虫対策をしっかりと行って、害虫の集まりにくい環境を目指しましょう。

セリの害虫対策は?


セリ栽培で見かける害虫の種類は?

セリに発生しやすい害虫は、「アブラムシ類」「キアゲハ」「ハモグリバエ」「メイガ類」などです。

害虫の予防と対策は?

害虫は大きくなる前や数が増える前に早期に駆除することが大切です。葉の裏もよく観察して卵や幼虫を見つけたらすぐに捕殺しましょう。

株元が込み合ったら摘葉して風通しを良くすることで、害虫の住処を減らすことができます。

セリの苗が小さい時期のトンネル掛けは、害虫の飛来を予防する上でかなり有効な方法です。

害虫の数が増えて自力で駆除できなくなる前に、人体への影響が少ない薬剤を使うことも検討しましょう。

ただし、セリは収穫のサイクルが短いので、薬剤の使用は慎重に検討して下さい。

 はてなブックマークに追加



ひとつ前のページに戻る

葉野菜(葉菜類)の育て方一覧

家庭菜園で簡単野菜作りVegetablesBeginnersGuide!