本文へスキップ

カリフラワーが発芽しない

 はてなブックマークに追加

カリフラワーの発芽率を上げるには?カリフラワーの芽が出ない時の対処法は?カリフラワーが発芽しない原因と対策を野菜栽培士が分かりやすく解説します。

カリフラワーが発芽しない


カリフラワーが発芽しない原因と対策

  1. カリフラワーが発芽しない原因
  2. 種が発芽しないときの対策
  3. カリフラワーの発芽率を上げる方法
  4. カリフラワーの芽出しのやり方


カリフラワーが発芽しない原因

カリフラワーの発芽しないときは?種をまいても芽が出ない時のチェックポイントは?

カリフラワーが発芽しない原因と対策


発芽しない原因その1

種まきの時期が間違っていると芽が出ない

カリフラワーは冷涼な気候を好む野菜で、気温が15~30℃が発芽に適した気温です。条件が整っていれば種まきから発芽までは3~5日です。

種まき時期の気温が適正範囲内でも、発芽してから収穫までの気温が適正温度(生育適温は15~20℃)から外れていると発芽してから苗が萎れることがあります。

発芽しない原因その2

用土が乾燥すると芽が出ない

カリフラワーは種まきから発芽するまでの間は、用土が乾燥しすぎないように水やりをこまめに行いましょう。種まき後に一度吸水してから、乾燥状態が長く続くと種がだめになってしまいます。

発芽しない原因その3

直まきすると発芽が揃いにくい

カリフラワーは直まきもできますが、温度や水分の管理が難しく、発芽直後は害虫の被害に遭いやすいので、ポットで苗を大きくしてから植え替える方法がおすすめです。

特に夏植えの場合は、気温が高く乾燥しやすい時期の種まきなので、発芽しないことや芽が出ないことが多くなります。

発芽しない原因その4

種をまく深さが、浅いまたは深いと芽が出ない

種に用土を被せすぎたり、種を深くまいたりしていませんか。カリフラワーは深まきでも浅まきでも発芽が揃いにくくなります。種をまく深さは5mm~10mm以下(種の3~5倍)が目安です。

種を浅くまくと種が乾燥しやすくなり、種を深くまいたり、種まき後に上から用土を強く抑えすぎたりすると、酸素不足で種が死んでしまいます。

種が発芽しない原因その5

種の寿命がきている

カリフラワーの種はやや短命で通常で約2~3年、最長でも約4~5年です。年数が経つにつれ発芽率が下がります。(種の保存状態が悪いと1年持ちません。)



種が発芽しないときの対策

カリフラワーの種まき後の乾燥が苦手です。気温が高く乾燥しやすい時期に種まきするときは、温度や水の管理がしやすいポットまきをしてみましょう。



まいた種が乾燥すると発芽しない

カリフラワーは種を乾燥させないことが上手く発芽させるポイントです。発芽するまでの水切れに注意しましょう。

カリフラワーの種まき時期は2月からと8月末からになりますが、雨が少なく乾燥しやすい時期です。

種まき前には用土にたっぷりと吸水させておくのが発芽不良を減らすコツです。

こまめな水やりができないときは、濡れた不織布や・キッチンペーパーなどを被せておく方法もおすすめです。

カリフラワーの発芽率を上げる

カリフラワーの種を水に浸けて、根を出してから種をまくと発芽が揃いやすくなります。

カリフラワーが発芽しない原因


カリフラワーの芽出しのやり方

トレーに濡れたティッシュペーパーやガーゼを敷いてその上に種を置きます。2~3日すると発芽が始まります。根を出してから種をまくと失敗が少なくなります。

高温期(夏まき)は発芽後も直射日光や高温に当てると苗が萎れることがあります。発芽しても本葉が出るまでは反日蔭の涼しい場所で育苗するようにしましょう。

発芽後~植え付けまでの間は、日当たりが悪いと苗が徒長してしまい、太陽光が強すぎると軸が曲がったままになってしまいます。

 はてなブックマークに追加


ひとつ前のページに戻る

カリフラワーの育て方と栽培管理のコツ

家庭菜園で簡単野菜作りVegetableBeginnersGuide