本文へスキップ

ニンニク発芽しない

ニンニクが発芽しない原因と対策

 はてなブックマークに追加

ニンニクの発芽率を上げるには?ニンニクの芽が出ない時の対処法は?ニンニクが発芽しない原因と対策を野菜栽培士が分かりやすく解説します。

ニンニクが発芽しない・芽が出ない原因と対策


Contents Menu

  1. ニンニクが発芽しない原因
  2. ニンニクが発芽しないときの対策
  3. ニンニクの芽出し
  4. ニンニクの発芽率を上げる方法

ニンニクが発芽しない原因

通常なら植えつけてから約2週間ほどで発芽します。ニンニクが発芽しないときやニンニクの芽が出ないときのチェックポイントをご紹介します。

ニンニクが発芽しない原因は?


ニンニクの芽が出ない原因その1

植え付けの時期が間違っている

ニンニクは秋(9月中旬~10月下旬)から育てる野菜で、18~20℃が発芽に適した気温です。

種まき時期の気温が適正範囲内でも、発芽してから収穫までの気温が適正温度(生育適温は18~20℃)から外れていると発芽してから苗の生育も悪くなります。

ニンニクは冷涼な気候を好むので、温暖地で栽培するときは暖地系の品種を選ぶようにしましょう。

ニンニクの芽が出ない原因その2

極度の乾燥状態では芽が出ない

ニンニクは種まきから発芽するまでの間は、用土が極度に乾燥しないように水やりをタイミングよく行いましょう。長期間乾燥した状態が続くと種球が死んでしまいます。

ニンニクは多湿を嫌うため毎日する必要はなく、用土の表面が乾いたときにたっぷりと与えます。

気温が高い時期に水分量が多く多湿環境になると、種球が土の中で腐って芽が出ない原因になるので注意しましょう。

ニンニクの芽が出ない原因その3

種球のりん片が折れていると発芽しない

植え付けた種球のりん片の芽(尖っている方)が傷付いていたりり折れていたりすると芽が出ない(発芽しない)ことがあります。

ニンニクの芽が出ない原因その4

種球を深く植えすぎると発芽しない

種球を深く埋めすぎていませんか。ニンニクは深植えすると発芽が揃いにくくなります。種球は用土に隠れる程度の浅く植え付けましょう。

種球を深上しすぎたり上から強く抑えすぎたりすると、酸素不足で種球が死んでしまいます。

ニンニクの芽が出ない原因その5

種球の寿命がきていると発芽しない

ニンニクの種球は保存状態が悪いと腐ったり傷んだりして発芽率が悪くなります。(種の保存状態が悪いと1年持ちません。)

ニンニクの芽が出ないときの対策

ニンニクが発芽しないときや芽が出ないときは、芽出しをしてから植え付ける方法がおすすめです。


ニンニクが発芽しないときは芽出しがおすすめ


ニンニクの芽出しのやり方

ニンニクの植え付け時期は9月以降ですが、地域によってはまだまだ気温が高い時期です。畑に直接植えると温度や水分の管理が難しいため、ポ入りポットなどで芽出しをしてから植える方法があります。

やり方は簡単で、ポットにりん片の1/3がつかる程度の水を張って水耕栽培のように発芽させるだけです。用土は入れても入れなくてもかまいません。

種球は日の当たらない涼しい場所に置いておきます。数日経つと根が出てくるので、少し深め(2~3cm)に種球を上向きにして埋めてやります。

気温が高いうちは直射日光や高温に当たると種球がだめになってしまいます。根が出ても本葉が出るまで反日蔭の涼しい場所で育苗してから植えても大丈夫です。

ニンニクの発芽率を上げる

りん片は薄皮をつけたまま植えますが、皮を剥いてから植えると発芽までの日数が短くなります。

ニンニクが発芽しない原因


ニンニクの薄皮には撥水性があるため、そのまま植えると萌芽が遅れてしまいます。

萌芽が遅れると厳寒期の葉数が少なくなり収穫量が減ってしまいます。ニンニクは葉数を増やして越冬させると養分の貯蔵量が増えてりん片が大きく育つからです。

ニンニクは12月~翌年の3月にかけて葉で作られた養分(炭水化物)を根に蓄えます。葉数に違いは根の大きさに影響するので要注意です。



 はてなブックマークに追加




ニンニクの栽培方法と育て方のコツ

家庭菜園で簡単野菜作りVegetableBeginnersGuide