本文へスキップ

ピーマンの実がならない

はてなブックマークに追加

ピーマンの実がならない、ピーマンの実が大きくならない(ピーマンの実が小さい)、このような悩みを抱えていませんか。

ピーマンの実がならない・ピーマンの実が小さい原因


ピーマンの実がならない・実が小さい原因と対策

ピーマンの実が小さい・実がならない原因とそれぞれの解決方法について、野菜栽培士が分かりやすく丁寧にご説明します。


実がならないときのCheckPoint1

ピーマンは肥料の与え方を間違えると実がならない

ピーマンの実がならないときは、与えている肥料の種類と与える量・与える時期が間違っていないかをCheckしてみましょう。

ピーマンの実がならないときの対処


まず、ピーマンの実を大きくするためには、成長期(苗を植えてから実がなるまで)と収穫期で与える肥料を使い分けることがポイントです。

成長期では茎葉を生長させる成分が多めに配合された肥料を使い、実がなり始めたら果実を大きくする成分が多めに配合された肥料を使います。

ピーマンは多肥性の野菜で、与える肥料の量によって果実の大きさや果実の収穫量に大きく影響します。

ただし、肥料をたくさん与えたからといって実が大きくなり数が増えるわけではありません。肥料はタイミングと量がポイントです。

特に水に溶けやすく即効性の化成肥料を使用しているときは要注意です。根の周りで肥料濃度が急激に高まると、根から水分が奪われて根を傷め株の生育が悪くなるからです。


肥料が原因で実がならないときの対策

ピーマンの実がならないときの対策


肥料が原因で実がならないときの対策ですが、成長期ではチッソ成分の比率の高いものを使い、収穫期後はリン酸の比率の高いものを使うようにするのがポイントです。

実がならないときや花が落花するときはリン酸が不足しているサインで、黄色い葉が増えたときはチッソ分が不足しているサインです。ピーマンは肥料が不足すると実が曲がったりしわが寄ったりします。

チッソは主に茎葉を育てる成分で、リン酸は糖質やたんぱく質を合成する働きがあり、根や葉も育てますが、主に果実を形成する成分になります。

茎葉は茂っているのに実がつかないときは、チッソ分を抑えたリン酸の比率の高いものに切りかえてみましょう。茎葉が弱々しいときは、即効性の液肥が有効です。

ピーマンの実を大きくする肥料


与える肥料の量や与える時期は、茎葉の状態を見て判断することがポイントになります。

根を傷める原因になるため、根から少し離れた位置に与え、根に触れないように浅く埋めることも大事です。

成分や比率が難しいと感じる方はホームセンターに「実野菜専用」の肥料が売られているので、そちらを利用するのが便利です。



実がならないときのCheckPoint2

ピーマンは日照不足になると実がならない

ピーマンの実がならないときは、栽培している場所の日照条件をCheckしてみましょう。

日照量が少ないと実が大きくならない


ピーマンは日光を好む野菜です。大きな果実を実らせるためには光合成が必要です。

光合成とは、根から吸収した水と空気中の二酸化炭素をもとに光エネルギーを使って茎葉が炭水化物を作る作用のことです。ちなみにピーマンの生育に十分な光量は4,000lux以上です。


日照不足が原因で実がならないときの対策

ピーマンは日当たりのよい場所に植えることが多収穫につながります。

ピーマンの実が大きくならない理由


ピーマンが最も光合成を行う時間帯は主に昼間から夕方から数時間とされ、夜間に栄養を果実に送り届けるからです。

ピーマンの果実を大きくするためには、直射日光が1日に最低でも4時間ほど当てて育てるのがベストです。

ベランダなどで栽培している時は日の当たり方を観察しておき、少しでも日が長く当たる位置に鉢を移動させましょう。

第一花房から下の脇芽や上部の傷んだ葉っぱを間引いて株元や果実への日当たりと風通しをよくすることも効果的です。



実がならないときのCheckPoint3

ピーマンは水やり方法を間違えると実がならない

ピーマンの実がならないときは、水を与える量・水の与え方が間違っていないかをCheckしてみましょう。

実が小さい理由と実を大きくするコツ


ピーマンは水分が足りないと株にストレスがかかって実が大きくならなかったり、形が悪くなったりします。

水分が不足すると、実が大きくならないだけでなく落花の原因にも繋がります。乾燥が長く続かないように注意しましょう。

水やりが原因で実がならないときの対策

ピーマンは実がなりだしたら水切れを起こさないようにするのが大切です。

ピーマンは乾燥しすぎは果実が大きくならない


夏場から初秋にかけての高温期は水切れがおきやすい時期です。乾燥予防として敷き藁などを敷くことも有効な手段です。

水をやりの時間にも注意しましょう。夏場は日照が強いため、日中の水やりは要注意です。水滴がレンズのかわりなって茎葉を傷めてしまうからです。

夕方から夜間にかけての水やりはピーマンが病気にかかりやすくなるので注意しましょう。実を大きくするためには気温が下がり始めてから2~3時間過ぎた頃がベストです。



実がならないときのCheckPoint4

ピーマンの花が落ちる、実がならないのは気温が原因

ピーマンの花が落ちるときや実がつかないときは、生育適温から外れていないかをCheckしてみましょう。

ピーマンの花が落ちる原因


ピーマンの生育適温(最も実がなる気温)は夜間は18℃以上、日中で30℃と高温を好みます。気温が合っていないと花が落ちて実がつかない原因になります。

また夜間の高温もピーマンの実が大きくならない原因となります。夜間の気温が高いと、昼間の光合成で作られた栄養分を果実に回せなくなるからです。

気温が原因で実がならないときの対策

ピーマンの日照量を確保しつつ気温を適正な範囲に管理して実を大きくする方法をいくつかご紹介します。

ピーマンの実がならない原因


ピーマン収穫量を大幅に増やせる可能性があるので、ぜひ試してみましょう。

気温が上がる初夏から初秋にかけては風通しの良い場所で育てることです。風通しのよい場所は気温を下げることができます。

地温を下げることも有効な方法です。地面に当たる太陽光を遮ることで温度を下げることができます。

最後は遮光です。黒色の寒冷紗などで日陰を作り、直射日光を当てないようにすることでも気温を下げることができます。



実がならないときのCheckPoint5

ピーマンの実がならないその他の原因

ピーマンの実がならない原因は他にもいくつかあるのでCheckしましょう。

ピーマンの実の数が少ない原因


整枝は適正にできていますか。放任で育てる枝が無数に増えてしまって果実が増えすぎてしまいます。一番果の下の脇芽2本だけを伸ばしましょう。

実が大きくなりすぎていませんか。実を大きくし過ぎると、株が弱ってしまう原因になります。収穫適期になったら早めに収穫して株疲れを予防しましょう。

茎葉が茂り過ぎていませんか。茎葉が必要以上に茂っていると養分が果実に回らなくなって、実が小さくなったり実のなる数が減ってしまう原因になります。

茎葉が込み合って来たら、その2本の先に出る側枝は風通しと日当たりをよくするために適当に摘み取ってしまいます。

ピーマンの実が小さくなる原因


狭いスペースにたくさんの株を植えていませんか。

地上部分は重なっていなくても、地中の根が干渉し合って、お互いの株の養分や水分を奪い合ってしまうことがよくあります。

害虫に茎葉を食べられていませんか。茎葉が食害に合って穴があいたり萎れたりすると光合成がうまく行われずに実がならなかったり大きくならなかったりの原因になります。

病気になっていませんか。病気になると茎葉の生長が悪くなって実がならない原因になります。



ピーマンの実を大きくする・実をたくさんつけるコツ

ピーマンの実を大きくする・収穫量を増やすには苗が小さなうちに管理を丁寧に行って大きな株に育てることが最大のポイントになります。

ピーマンの実がならない原因


栽培初期に栄養不足や水分不足で小さく弱い苗に育ててしまうと、収穫期に入ってから対策をしても手遅れになってしまうことが大半です。

株の成長が止まってから手入れをしても収穫量を増やすことは難しくなります。ピーマンは生長が活発な時期に実がたくさんなる様に手入れをしっかりと行いましょう。

はてなブックマークに追加



ピーマンの育て方と栽培管理のコツ

家庭菜園で簡単野菜作りVegetableBeginnersGuide