本文へスキップ

ゴボウ育て方

ゴボウの栽培方法と育て方のコツ

 はてなブックマークに追加


プランターや露地栽培で失敗なしのゴボウの作り方。ゴボウの育て方を初心者にも分かるように画像を交えて野菜栽培士が解説します!

ゴボウの栽培方法と育て方のコツ


ゴボウのプランター栽培、土作り、ゴボウの種まきと間引き、植え付け時期、追肥、水やり、病気の対策と害虫の対策、収穫の時期についてご紹介します。


Contents Menu

  1. ゴボウ栽培時期
  2. ゴボウ栽培のコツポイント
  3. ゴボウの種まき
  4. ゴボウの種が発芽しない原因と対策
  5. 間引きと土寄せのタイミング
  6. 水やりの頻度と与える量
  7. 追肥時期と与える量
  8. ゴボウの収穫
  9. ゴボウの育て方まとめ
  10. 害虫対策
  11. 病気対策

ゴボウをプランターや露地で育てましょう!

ゴボウ(牛蒡)の育て方・ゴボウ栽培


ゴボウ栽培 難易度★★★☆☆

ゴボウはキク科の野菜で、春と秋に種からまいて栽培する野菜。ゴボウは漢字では牛蒡と書きます。野生種はヨーロッパ・シベリア・中国などに見られます。

ゴボウは野菜の中でも地中深くに根を張るため、固くなった土の層を柔らかくしてくれます。輪作にはおすすめの野菜です。

春まきが育てやすく初心者にはおすすめの季節。ゴボウの作り方はコツさえ分かれば簡単です。

ゴボウは根を地中に50~100cmも伸ばす野菜ですが、短根品種(ミニゴボウ)と言われる30~50cmの小型の品種なら、大型のプランターや深型の植木鉢、土のう袋などでの栽培もできます。

家庭菜園では、根が40cm以下のサラダゴボウや若い葉と根を食べる葉ゴボウが人気です。

ゴボウには、カリウム・カルシウムなどのミネラルをはじめ、ポリフェノール、不溶性の食物繊維(セルロース)が豊富に含まれる栄養満点の根野菜です。


ゴボウの植え付け時期


ゴボウは春に植える野菜3月4月5月6月)です。温暖地では夏に植える9月10月)こともできます。収穫までは種まきから約3.5か月です。

ゴボウ栽培カレンダー

ゴボウの栽培カレンダー(種まき時期・植え付け時期・収穫時期)



ゴボウ栽培のコツとポイント


  • ゴボウの発芽適温は15~25℃、生育適温は20~25℃です。
  • 連作障害があるので3~4年は間隔を空けましょう。
  • ゴボウは移植ができません。種から育てましょう。
  • 一晩水に浸してから種をまくと発芽率が良くなります。
  • 好光性種子なので覆土し過ぎると発芽しません。
  • 用土は50cm以上耕して、土中の酸素濃度を高め、根を地中深くまで張り出せるようにしましょう。
  • 石灰不足やカリ不足ではス入りのゴボウになるので注意しましょう。



ゴボウの育てやすい品種

ゴボウの育てやすいおすすめの品種


プランター栽培の場合は短根種を選ぶようにしましょう。ホームセンターやネットでは、品種改良された育てやすい様々なミニ品種の種が販売されています。

ゴボウの露地栽培でおすすめの品種は「太浦田」「大作牛蒡」「魁白肌」密植ができる「柳川理想」などです。

プランター栽培でおすすめの品種は「サラダむすめ」「ダイエット」「百日一尺」などです。

春まき品種と秋まき品種があるので、栽培時期に合わせて品種を選ぶことが収穫まで辿り着くポイントです。


楽天市場でゴボウの種をCheckする

Amazonでゴボウの種をCheckする



ゴボウのプランター栽培

ゴボウ栽培のプランターサイズ


ゴボウ栽培に適したプランターサイズは、深型サイズ(50cm以上)です。ミニ種の場合は、深さ30cm以上のプランターや植木鉢での栽培が可能です。

ゴボウのプランター栽培


園芸店では底が50cm以上の深いプランターはあまり販売していません。

ゴボウ栽培ができるプランターサイズがない時は、大型の土嚢袋や用土の空袋などを代用して栽培する方法もおすすめです。


amazonの土嚢袋一覧はこちらから


楽天市場の土のう袋一覧はこちらから


ゴボウ栽培に使う用土

ゴボウの栽培に適した用土ですが、市販の培養土を利用すれば袋から空けてすぐ植え付けできて便利です。

ゴボウ栽培で使う用土


自分で用土を作る時は赤玉土6:砂1.5:バーミキュライト2.5、それに石灰を用土10ℓ当たり10gと化学肥料を用土10ℓ当たり10g混ぜ合わせたものを用意しましょう。

土作りは2週間前には済ませておきます。


土作りと畝作り(露地栽培)

土作りと畝作り(ゴボウの露地栽培)


ゴボウを露地で育てる時は、種まきの2週間前に各1㎡あたり苦土石灰を150~200g施してよく耕しておきます。

植え付けの1週間前に堆肥を2kg・化成肥料(15:15:15)100gを散布して50cm以上までしっかりと耕しておくようにします。

畝は幅60~70cmの平畝でかまいませんが、用土が固い畑の場合は収穫のことも考えて30cmの高畝で栽培するとよいでしょう。

露地栽培は種まきの1週間前までには全ての土作りを完了させておきます。



ゴボウの種まき


ゴボウは種のまき方ですが、直まきが基本です。ポットからの移植はできないので、畑に直接種をまくようにしましょう。

ゴボウを種から育てる(種のまき方)


ゴボウを種から育てる

ゴボウ直根性なのでポットからの移植を嫌います。直まきで栽培するのが基本です。

ゴボウの種は固い殻に包まれていて発芽しにくいので、種まき後はしっかりと水やりを行って乾燥防止に努めましょう。(参考:ゴボウの種が発芽しない原因と対策

ゴボウの種まき時期

ゴボウの種まき時期は春から夏にかけて(3月下旬~9月上旬)です。収穫までは3か月以上かかるので、冬前に収穫が終わるように種をまきましょう。

ゴボウの発芽適温

ゴボウの発芽に適した温度は20~25℃です。

ゴボウの種まき


種のまき方

ゴボウを露地栽培で育てるときの種まきは、点まきと筋まきができます。

点まきするときは株間を10~15cmあけて瓶の底などで深さ5~10mmのまき穴を作り、1か所あたり3~4粒の種をまきます。

ゴボウは葉の直径は25~40cmほどになりますが、根は直根性でまっすぐ張るため、株間は10~15cm、列の間隔は約60cm確保すれば十分です。


ゴボウのプランター栽培の種まき


ゴボウは筋まきして間引き菜を収穫しながら栽培するのもおすすめです。

直径が1cmほどの細い棒などを使って深さ5~10mmのまき溝を作り、種を10mm間隔で条まきします。

大型のプランターなら、条間を20~30cm以上確保すれば2列に種をまくこともできます。

ゴボウの発芽日数

ゴボウの種は発芽適温内で10~14日で発芽します。

種まきのコツとポイント

ゴボウは発芽の初期に立ち枯れ病(苗立ち枯れ病)が発生することがあります。

病気の発生を防ぐ殺菌済の種が園芸店などで販売されているのでなるべくそちらを利用しましょう。

ゴボウの種まきのコツとポイント


ゴボウの種を植えるときに気を付けることは深く種をまかないことです。フルイなどを使えば上手に覆土することができます。

ゴボウの種は発芽するためにある程度の日光が必要な好光性種子なので、用土を被せすぎないように覆土しましょう。


ゴボウの種をまいた後にすること


種をまいた後は濡らした新聞紙や不織布などを被せておくと発芽までの水分の管理がしやすくなります。

水やりのときに種が流れ出たり乾燥したりを予防できるほか、風で種が飛ばされることや野鳥の被害を受けることも防げます。

発芽を確認したら、被せた新聞紙や不織布はすぐに取り除くようにしましょう。




ゴボウの間引き

ゴボウの間引きはいつやるの?間引きのタイミングと間引き方を解説します。

ゴボウの間引き


間引きのタイミング

ゴボウの間引きは点まきでは1~2回、筋まきでは2回行います。葉がきれいに整った生育の良い株を残すのが間引きのポイント。

1回目は双葉が出た頃に間引きを行って、2回目は葉が触れ合うようになったときに間引きます。

最終的に株間が7~8cmになるように成長を見て順次間引きましょう。間引いたついでに、株もとがぐらつかないよう土寄せを必ず行っておきます。

間引いた苗は柔らかく癖も少ないのでサラダなど生食で食べることができます。葉は、油炒めや天ぷら・酢味噌和えなどにするのがおすすめです。

ゴボウの間引きのタイミング


ゴボウの間引きのコツとポイント

ゴボウは苗を引き抜くときに、隣り合う株の根同士が絡まっていて、残したい株が一緒に抜けてしまうことがあります。

ゴボウの苗を間引きする時は、株の根元をしっかりと押さえて間引くか、ハサミやナイフを使って根元から切り取るようにしましょう。根は土中に残しても問題ありません。



ゴボウの水やり

ゴボウの水やり頻度(タイミング)と1回で与える水の量は?

ゴボウの水やり回数と与える水の量


水やりの頻度

ゴボウの種をまいた後は発芽するまでの間(1~2週間)、用土が乾かないよう十分に水やりをしましょう。

水やりは高い位置から激しく与えると、水の勢いで種や幼苗が表面に流れ出てしまいます。ハス口を上向きにして低い位置から水を与えるようにしましょう。

ある程度苗が大きくなったら、水やりは用土の表面が乾いたときのみに行います。プランターの場合は週に1~2回与える頻度でかまいません。

1回あたりの水やりの量

プランター栽培では鉢底から染み出るくらいたっぷりと与え、露地栽培では1株あたり2.5~3Lが目安です。表面だけでなく用土の深くまで染み込むまで与えましょう。



ゴボウの追肥

ゴボウの追肥のタイミング(時期)と1回で与える量は?

ミニゴボウの追肥


追肥の時期

ゴボウのプランター栽培の追肥は間引きと同じタイミングで与えるのが基本になります。

1回目は双葉が2枚出て1回目の間引きを行った頃になります。

1回あたりの追肥の量

1回あたりに与える肥料の量は、化成肥料を1株あたり10gです。株周辺に肥料をパラパラと撒いて周辺の土と混ぜて株元に寄せてやりましょう。(露地栽培は20~30g/1㎡)


ゴボウの追肥の回数


ゴボウの2回目の追肥は、2回目の間引きのタイミング(本葉が2~3枚になった頃)に与えましょう。追肥の量は1回目同様に化成肥料を1株あたり10gほど与えます。(露地栽培は20~30g/1㎡)

2回目の間引きのときにも、根の色が青くなることを防ぐためと株が倒れるのを防ぐために、周辺の土を株もとに寄せておきましょう。


ゴボウの追肥のタイミング


ゴボウの2回目以降の追肥時期は、本葉の茂りが活発になる頃(種まきから約2か月後)から開始し、2週間に1回程度の頻度で施します。

畝の脇に20~30g/1㎡を施し周辺の土と混ぜて株元に寄せてやりましょう。

追肥のコツとポイント

ゴボウは与える肥料の量が多くすぐに雑草が生えて放置しておくと苗の成長が阻害されてしまいます。雑草は早めに引き抜きましょう。



ゴボウの収穫

ゴボウの収穫時期(タイミング)と収穫の方法は?

ゴボウの収穫時期(収穫のタイミング)


ゴボウの収穫時期

ゴボウの収穫のタイミングは品種によりますが、種をまいてから100~130日、短根種で70~100日が目安です。

見た目で収穫時期を判断する

ゴボウは直径が2cmを超えたら、ミニ品種は直径が1cmを超えたときが収穫のベストタイミングです。取り遅れるとス入りになるので収穫時期を逃さないように注意しましょう。

早めに収穫した若いゴボウは生でも食べられるほど柔らかく上品な香りと風味でサラダや和え物・かき揚げにぴったり。

ゴボウの収穫時期


ゴボウの収穫方法

ミニ品種のゴボウやプランター栽培の場合は、葉柄を掴んで引き抜いて収穫します。

露地栽培や大型の品種は、葉を先に切り落としてから根に沿って穴を手前掘り進め穴に倒しながら途中で折れないように丁寧に引き抜きましょう。

ゴボウの保存方法

ゴボウは収穫してもそのまま畑に埋めておけばしばらくの間は保存が効きます。また厳寒期は根の成長が止まり葉や茎が枯れますが、畑にそのまま放置して保存することができます。



ゴボウの育て方まとめ

ゴボウは気温が30℃を超えても耐えることができます。厳寒期も葉や茎は枯れてしまいますが、根が枯れることはありません。とても強い野菜です。

ゴボウの育て方まとめ


ゴボウを育てるコツは、種まきから発芽までの間にこまめに水やりを行い用土を乾燥させないこと。根が深く育つので用土の排水性と通気性を良くすることが上手に育てるポイントです。

ゴボウ病気虫に強い野菜ですが、連作では土壌病気が必ず発生するので連作は避けましょう。


ゴボウの害虫対策

ゴボウに発生する害虫はアブラムシや根コブセンチュウです。

ゴボウの病気対策


特にアブラムシが、雨の少ない年や土壌中の窒素分が多い条件下で発生する傾向があります。

発芽した後の害虫の飛来を防ぐために、寒冷紗掛けや防虫ネットを張っておくと効果的です。

また300~500倍に薄めた木酢液を散布すると害虫予防に効果があり、100倍に薄めた牛乳をかけるとアブラムシを防除できます。

根コブセンチュウは連作を避けて落花性やトウモロコシを輪作すると被害を軽減できます。


ゴボウの病気対策

ゴボウが掛かりやすい病気は、うどんこ病・黒斑細菌病などです。

ゴボウの病気対策


うどんこ病は土壌の乾燥が続いた時や窒素分が多い時に、葉に白い粉を吹いたようなカビが発生する病気です。黒斑病は連作や密植、肥料不足で発生しやすくなります。

病気の発生を防ぐには連作を避ける・肥料は適量を与える・密植を避ける・茂りすぎた葉を早めに摘み取る(間引きする)ことが大事です。


 はてなブックマークに追加


根野菜の種類と育て方

家庭菜園で簡単野菜作りVegetablesBeginnersGuide!