本文へスキップ

ソラマメがうまく育たない原因と対策

 はてなブックマークに追加


ソラマメがうまく育たない原因と対策


ソラマメの苗が育たない・苗が大きくならない・苗が枯れてしまった・秋や冬なのに花が咲いた・ソラマメの実が小さい、などなど...

ソラマメ栽培で失敗しやすい問題やその解決方法を野菜栽培士が分かりやすく解説しています。

ソラマメ栽培で起こるトラブル例

ソラマメ栽培トラブル・疑問・悩み



Contents Menu

  1. ソラマメの種が発芽しない
  2. ソラマメの苗が育たない
  3. ソラマメの苗の成長が遅い原因
  4. ソラマメの苗が萎れた
  5. ソラマメの苗が枯れた
  6. ソラマメがうどんこ病になった
  7. ソラマメの葉が黄色くなった
  8. 冬越しのソラマメの株が倒れる
  9. 冬越しの苗が大きくなりすぎた

ソラマメが育たない原因

ソラマメの苗の成長が悪いときや遅いときの原因はいくつかあります。その失敗例を見ながら対策を考えてみましょう。

ソラマメが大きくならない


ソラマメは冬季(12月以降)の生長が遅いのは普通です。11月に種をまきますが、苗の大きさが10cm~20cm以下にして冬越しさせることがポイントです。

冬越しできる大きさになっていれば、生長が遅いとしても問題はありません。

2月後半になって暖かい日が続くと苗も一気に成長を始めます。この頃になって生長が悪いときは原因を探してしっかり対策しましょう。

栽培時期が合っていないと育たない

ソラマメは種まきの時期や苗の植え付け時期が合っていないと収穫までうまく辿り着けない原因になります。遅すぎても早すぎてもいけません。

種まきや苗の植え付け時期の気温が低すぎたり高すぎたりすると芽が出なかったり苗が大きくなりすぎて冬越しできない原因になるからです。

ソラマメの発芽適温は20℃前後なので、中間地以南は10月下旬から寒冷地では保温をして2月以降が種まきの時期になります。



ソラマメの苗の成長が遅い原因

ソラマメの苗の成長が遅いときや苗が大きくならない要因を分かりやすく解説します。

a.日当たりが悪い

ソラマメは日当たりの良い場所に苗を植え付けましょう。日当たりが悪いと生育が遅いだけでなく病気にかかるの原因にもなります。

冬季は霜や寒さに当たると枯れや萎れの原因になるので、日当たりの良い暖かな場所で栽培しましょう。

b.土壌が悪い

ソラマメは保水性がありながらも通気性の良い土壌を好みます。乾き過ぎず湿り過ぎずを心がけましょう。また土壌酸度にも注意が必要です。

一般的な野菜に比べて弱アルカリ性のPH6.5~7.0の範囲が適切な土壌酸度です。

c.植え付け時期が遅い

気温が低い時期に植えると発芽しなかったり苗の生育が遅くなります。気温が低い時期はトンネル掛けや黒色のマルチングを張るなど温度を上げる工夫をしましょう。

苗は大きすぎてもいけませんが小さすぎてもいけません。冬越し期間(12月~2月)に霜にあたって枯れてしまうことがあります。

d.水不足

ソラマメは冬の間も根は少しずつ生長しています。冬越しの期間の乾燥しすぎは春以降の苗の生長に影響します。水やりを定期的に行いましょう。

冬季の水やりは1週間に1度程度で大丈夫です。

タイミングは用土の表面が乾いたときで日中の暖かな時間帯に与えるのがポイントです。日が落ちるタイミングで与えると凍害にあってしまうからです。

e.連作障害

ソラマメには連作障害があります。毎年同じ場所に植えると生育が悪くなったり病気にかかりやすくなります。

同じ場所に植えるときは最低でも4年は間隔を空けるようにしましょう。



ソラマメの苗が萎れる

ソラマメの苗が萎れてしまう原因はいくつかありますが、代表的な要因は以下になります。

a.病気に掛かっている

ソラマメの苗が枯れる病気は「立ち枯れ病」「褐斑病」「赤色斑点病」「えそモザイク病」「菌核病」などです。

葉っぱや茎が萎れたり縮んだり茶色くなったりしたときは病気の可能性があります。早期に判断して治療を行って生育環境の改善を行いましょう。

b.害虫の被害にあっている

ソラマメには「アブラムシ類」「ヨトウムシ」「ナモグリバエ」などの害虫が発生します。

中でも「ヨトウムシ」はソラマメの苗を根元から食い荒らす厄介な害虫です。発芽直後に被害にあうと苗がなくなるほど食害を受けてしまうことがあるので注意しましょう。

c.多湿・肥料不足

水やりが多いと多湿になり細菌が原因の「立ち枯れ病」の原因に。また肥料が不足すると生育不良の原因になるので、少量を回数を多めに与えるようにしましょう。

c.凍害にあっている

ソラマメは凍害に遭うと茎葉が萎れて最後は枯れてしまいます。寒冷地など気温が低い場所で栽培するときは、凍害対策をしっかりと行っておきましょう。



ソラマメの苗が枯れる

ソラマメは凍害にあうと枯れてしまいます。凍害対策として冬越しするときの草丈を10cm~20cm以下にしておくことがポイントです。

ソラマメが大きくならない


凍害にあって枯れてしまったら

凍害や霜害にあって枯れてしまった苗は残念ですが、苗は大きくなならずに実を付けない可能性が高くなります。早めに抜き取ってしまいましょう。

2月上旬に新たに種をまくか、2本立ちした苗を1本抜き取って補植します。ソラマメは低温に当たることで花芽を浸ける性質のため気温が低い時期に種をまくようにしましょう。


秋や冬なのに花が咲いた

暖冬や暖かい日が続く年など例年より気温が高い年は、苗が大きくなりすぎて季節外れに花が咲くことがあります。

冬前に花が咲いてもそのまま実を着けることはありません。

ソラマメに秋や冬に花が咲いた


秋や冬は花や蕾をつけたままにしておくと苗の生長が悪くなるだけなので蕾のうちに摘み取ってしましょう。

ソラマメの苗が大きすぎるときは?

ソラマメの苗は20cm以下で冬越しさせます。暖冬で生長が早い年は種まき時期を遅らせたり、元肥を入れずに育てたり、苗が大きくなりすぎないように工夫しましょう。



ソラマメの葉が黄色くなった

ソラマメが冬越し中に葉が黄色くなって枯れたときは立ち枯れ病が原因かもしれません。

立ち枯れ病は土中のカビが原因で起こる病気です。立ち枯れ病が起こる一番の原因は連作障害で、同じ場所でソラマメを栽培したときによく発生します。



ソラマメの株が倒れる

ソラマメの株が倒れる


ソラマメは3月に入り気温が高くなると生長が一気に進み、草丈が高くなってそのうち株が倒れてしまいます。

草丈が腰よりも高く成長した段階で1m程度の支柱を立てて倒伏対策をしておきましょう。

草丈が40cmになったときと80cmになったときに、株全体にビーニール紐などを回し張りしておきます。



冬越しの苗が大きくなりすぎた

ソラマメの苗を切っても大丈夫なのか


ソラマメは寒さに当たると花芽をつける性質をしています。

そのため、秋に植え付けて冬越しさせますが苗の大きさが20cmを超えると凍害や霜害にあいやすくなります。

ソラマメの苗は切っても大丈夫なの?

大きくなりすぎた冬越しの苗は切ってはいけません。苗がまっすぐに育たなくなるからです。

冬越し前にソラマメの株が倒れるときは切らずにそのまま育て、不織布のトンネル掛けをして霜に当たらないようにしながら冬越しさせましょう。



 はてなブックマークに追加


ソラマメの育て方と栽培のコツへ戻る

果菜類の育て方一覧へ戻る