本文へスキップ

ソラマメの育て方と栽培管理のコツ

 はてなブックマークに追加


ソラマメの育て方を野菜栽培士が分かりやすくレクチャー!ソラマメのプランターと露地のどちらの栽培方法も詳しくご紹介しています。

ソラマメの育て方


ソラマメの育て方と栽培のコツ、土作り、ソラマメの種まき、間引き、植え付ける時期、支柱立て、追肥、水やり、病気の対策と害虫の対策、収穫の時期についてご紹介します。

プランターや露地栽培で失敗なしで立派なソラマメを育てましょう。


Contents Menu

  1. ソラマメの植え付け時期
  2. ソラマメ栽培のコツとポイント
  3. 種まき
  4. ソラマメが発芽しない原因と対策
  5. 苗の植え付け
  6. 支柱の立て方
  7. 整枝と摘心
  8. 水やりの頻度と与える量
  9. 追肥の時期と与える量
  10. ソラマメの収穫
  11. ソラマメの育て方まとめ
  12. ソラマメがうまく育たない原因と対策
  13. 病気対策
  14. 害虫対策

ソラマメの特徴と栽培のポイント

ソラマメの育て方と栽培管理のコツ


ソラマメ栽培 難易度 ★★☆☆☆

ソラマメはさほど手間もかからない育てやすい初心者向けのお手軽に栽培できる人気の野菜です。

豆類はふつうは下向きに莢が付くのですが、このソラマメだけは何故か上向きに莢が付きます。さやが空を向いていることが「ソラマメ」という名前の由来です。

ソラマメ栽培コツ


ソラマメは旬の期間が短く鮮度が落ちるのが早いのですが、タイミングよく収穫した新鮮な味は格別です。

ソラマメに含まれる栄養は、良質のたんぱく質、ビタミンB1・B2、ビタミンC、銅やカリウムなどのミネラル類、とにかく栄養素が豊富な緑黄色野菜です。

ソラマメの皮には利尿作用があるためむくみにも効果的。春を感じる独特の味わいはお酒のおつまみとしても人気です。




ソラマメの植え付け時期

ソラマメは秋に植える野菜です。ソラマメの種まきは10月植え11月植えができます。苗の植え付けは11月以降です。収穫期間は種まきから約5.5か月~6か月です。


ソラマメ栽培カレンダー

ソラマメ栽培カレンダー


ソラマメ栽培のコツとポイント

  • ソラマメの種は必ずお歯黒を下向きにして植えましょう。
  • ソラマメは発芽しない事があるのでポット植えがおすすめ。
  • ソラマメには連作障害があるので4年以上は連作を避ける。
  • ソラマメは排水が良い日当たりの良い場所での栽培が適しています。
  • 寒冷地(福島県より北)では春播きから育てましょう。
  • 草丈が70㎝の頃、先端部を摘心すると収穫量が増えます。

ソラマメのおすすめの品種

育てやすいソラマメの品種は?


育てやすいソラマメの品種には「一寸ソラマメ」「伊豆早生」「河内一寸」「打越一寸」などがあります。

基本的にどの品種でもよく育ちますが、株数が少ない時やソラマメ栽培が初めての方は苗から購入するのも良いでしょう。

ソラマメの種を楽天市場で探す(クリック)

ソラマメの種をamazonで探す(クリック)


ソラマメ栽培に使うプランターサイズ

ソラマメに適したプランターサイズ


ソラマメを育てるときのプランターサイズは大型サイズ(60㎝~)または、大型の深底タイプを利用します。

ソラマメは株間は最低で15㎝程度なので、大型サイズのプランターなら3株程度は植えることは可能です。

ソラマメに適した用土


ソラマメ栽培に適した用土は市販の培養土を 市販の野菜の土を利用すると簡単ですが、自分で作る時は

赤玉土7:腐葉土2:バーミキュライト1を混ぜ合わせた物を使います。

それに石灰を用土10ℓ当たり10gと化成肥料を用土10ℓ当たり10~30g混ぜ合わせたものを使います。

ソラマメ栽培の用土の量


植え付け前の準備として、市販のプランターに2~3㎝ほどウォータースペースを残して培養土を入れておくようにします。

植え付ける1か月前までに土作りを済ませておき、植え付けの2週間前に元肥を施しておくようにしましょう。


ソラマメの種まき

種まき時期と種のまき方

ソラマメ播種時期


ソラマメは発芽率が悪いのでポットに種をまく方が確実です。ポットは9㎝径の物を利用して10月中旬頃に種をまきましょう。

ポットに種をまく時はお歯黒と言われる黒い筋の入った部分を斜め下に向けて押し込んでやります。

種は半分見えるくらい浅めにして植えます。

ソラマメはポット播きが良いの?


1つのポットに種は2~3粒ほどまいて、種をまいた後は発芽するまで水をたっぷり与えてやりましょう。

ソラマメは種をまいてから1週間~10日ほどで発芽します。本葉が出揃ったら生育の良い苗を残して1本にして、本葉が3~4枚になるまでポットで育てましょう。

プランターで栽培する時は、そのままポットで育てても春に植え付けても構いません。


ソラマメの苗の選び方

良苗の選び方


ソラマメの良い苗の選び方ですが、背丈が高く節間が広いものよりも、草丈の低い節間が詰まった「ずんぐり」型が良い苗の特徴です。

本葉は3~4枚のものを選び、育ち過ぎのものは避けるようにしましょう。

この理由は、寒冷期までに苗が必要以上に育ち過ぎてしまうと凍害を受けやすくなるからです。


 ソラマメの植え付け

苗の植え付け時期と植え付け方

ソラマメ苗の植え付け方


ソラマメの苗の植え方ですが、プランターで育てる時は15~20㎝程度の株間を確保してやりましょう。株間をしっかりと取ることが収穫量を増やすポイントです。

苗を植え付ける時は、根鉢よりも少し大きめの穴を掘って根鉢を崩さないよう丁寧に穴の中に苗を入れてあげましょう。あらかじめ土を6割程度入れてポットを置いた後周りに土を入れても構いません。

苗を植え付けた後は株元を押さえる


苗を植え付けた後は周辺の土を株元に寄せて苗の根元を軽く押さえましょう。

完全に根付くまではたっぷりと水やりを行います。根付くと葉の生育が旺盛になります。


 ソラマメの苗の植え方(露地栽培)

畝の作り方


畑で育てる時は、幅60㎝高さが10㎝の畝を作り、株間は40~50㎝とします。植え付け方はプランターと同様で構いません。

植え付けの2週間ほど前にそれぞれ1㎡あたり、石灰を150gと堆肥2kg、化成肥料(15:15:15)50gを深さ30㎝に、元肥として施しておきましょう。


ソラマメの支柱立て

ソラマメの支柱立て


ソラマメの茎は弱く風の影響を受けやすいため、草丈が60㎝ほどになったら株が倒れないように周囲を紐で囲ってやりましょう。

支柱の立て方ですが、用土から1.5m程度の支柱を苗の両側に立ててやり30cm間隔でひもを3~4段張りましょう。

ソラマメのプランターの支柱の立て方


プランターの場合は、春になって側枝が一気に伸び始める前に支柱を立てます。

支柱は直立式でも大丈夫ですが、市販されている「あんどん型の支柱」を立てても良いでしょう。


ソラマメの整枝と摘心

整枝(摘心)のやり方とタイミング

ソラマメの整枝と摘心の方法と時期は?


春になって草丈が40~50㎝ほどになったら光量不足にならないように太く生育の良い枝を6~7本だけ残して、不要な側枝はすべて整枝してしまいましょう。

ソラマメは上部の花が咲いても実が入りません。草丈が60㎝以上になったら先端を摘み取って摘心します。

側枝をそのまま伸ばしてしまうと養分が葉に無駄に吸い取られてしまうだけです。養分が葉に取られすぎてしまうと、収穫量が減ったり莢の実なりが悪くなったりします。必要以上の葉は忘れずに摘み取ってしまいましょう。


ソラマメの水やり

水やりのタイミングと与える量

水やりの回数と与える量は?


苗を植え付けた後は、根元を軽く押さえて水をたっぷりと与えてやります。

その後の水やりのタイミングですが冬は乾燥気味にして育てます。ソラマメは多湿を嫌うので冬の間の水やりは回数を減らし日中の暖かい時間に与えましょう。

春になって生育が良くなったら用土の表面が乾いた時にたっぷり水やりを行います。


ソラマメの追肥

追肥のタイミングと与える量

ソラマメの追肥回数とタイミングは?


ソラマメは草丈が20㎝程度になる2月中旬頃に1回目の追肥を施します。

株から少し離れたところに化成肥料を1株当たり5gほどばら撒いて周辺の用土と軽く混ぜ合わせるようにして与えましょう。

花が咲いて生育が早くなってきたら実が成熟するまでに2~3回程度の追肥してやります。この時期に肥料切れを起こさないように注意しましょう。


ソラマメの収穫

収穫時期と収穫の方法を解説します。適期を逃さずソラマメをもっとも美味しいタイミングで収穫しましょう。

ソラマメの収穫適期・タイミング


ソラマメの収穫適期

ソラマメの収穫のタイミングは開花後から約35~40日が収穫適期です。

収穫時期を見た目で判断する

空を見上げていた莢がふくらみ重みで下を向いて莢の背筋が黒くなって来たら収穫のタイミング。

美味しい頃合いを逃さないようにしましょう。

収穫する時間帯

ソラマメを収穫する時間帯は朝方がおすすめ。野菜は朝から夕方にかけて光合成を行って糖分(甘み)を作りだし、夕方から夜間にかけて養分を果実に送ります。

気温が上がってからではみずみずしさが失くなってしまいます。また気温が高くなってから収穫したものは傷みも早くなります。

ソラマメの収穫方法


収穫方法

収穫する時はハサミを使って実の根元付近から切り取って収穫していきます。

ソラマメの旬は短いので収穫適期を見逃さないようにしましょう。

収穫後はサヤごとビニール袋に入れ冷蔵庫の野菜室で保存し、調理の直前に鞘から出して早めに食べきるのがおすすめ。


ソラマメの育て方まとめ

ソラマメ栽培まとめ


ソラマメは苗の植え付けが早いと大きく育ちすぎるので、種から撒くときは適正な時期に植えることが上手に育てるポイントです。

苗を早く植えすぎて育ち過ぎて(本葉が7~8枚以上)になると、寒害にあいやすくなるので植え付け時期に注意しましょう。

ソラマメは酸性度に弱いので、石灰などで用土のPHを6.5程度にしておくのが上手く育てるコツです。また、湿度にも弱い野菜なので、土壌の排水は良くしてやりましょう。


ソラマメの病気対策

ソラマメが掛かりやすい病気は、モザイク病・褐斑病・赤色斑点病があります。病気が発生したら早めに対策しましょう。

ソラマメに多い被害には冷害があります。寒さ対策として12月~2月下旬ごろまでの間は苗の周辺に敷き藁を施してやりましょう。


ソラマメの害虫対策

ソラマメの病気対策と害虫対策


ソラマメに付く害虫で一番の問題はアブラムシ類です。アブラムシは様々な病気を運んでくるので特に注意が必要です。

生育初期は寒冷紗を掛けて防除出来ますが、生育が進んで草丈が高くなると防除は難しくなります。被害が拡大する前に薬剤を散布しましょう。

ソラマメの葉に白い筋が入る時がありますが、この正体はハモグリバエやナモグリバエの幼虫に食害されたものです。これらの害虫は葉の裏に住んでいるので見つけ次第、食害された葉を取り除いてやりましょう。

 はてなブックマークに追加


果菜類(実野菜)の種類と育て方

家庭菜園で簡単野菜作りVegetablesBeginnersGuide!