本文へスキップ
ギャラリー

野菜室内栽培

野菜の室内栽培でおすすめの品種は?

  はてなブックマークに追加

室内でも簡単に育てられる野菜の種類と育て方を野菜栽培士がご紹介します!室内での野菜の作り方は簡単。室内向きの野菜を選べば簡単にすくすくと育てられます。


Contents Menu

室内で野菜を育てましょう
室内で野菜を育てるポイント!
室内で野菜を栽培するときのコツ
室内で育つ野菜の種類

室内で野菜は育てられるの?

室内でも育てられる野菜を果菜類・葉菜類・根菜類に分けて種まきから収穫まで手順を追って画像付きで詳しくレクチャーします。

室内で育てられる野菜の種類は?安全・安心・フレッシュな旬の野菜を欲しい時にさっと取り出せるのは室内栽培の楽しみの一つです。

マンションやアパートでもお部屋に植木鉢一つ置けるスペースさえあれば野菜作りは十分に楽しめます。

ここでは野菜の室内栽培のコツと室内で育てやすい野菜の種類と育て方を紹介しています!




室内で野菜を育てるポイント!

室内での野菜作りを成功させるにはいくつか抑えておきたいことがあります。野菜の室内栽培のコツとポイントを順を追って確認していきましょう!


室内の野菜を置く場所は?

室内栽培を始める前にチェックしておきたいのは育てる場所です。室内に野菜を置く場所次第で収穫量はぐっと上がります。窓の位置・日当たり・風通し・湿気のありなしをCheckしましょう。

室内で野菜を育てるコツとポイント忘れてはならないのは床が防水されているかです。防水性が悪い場合はトレーを敷くなど水漏れ対策をすることもポイントです。

南向きでないと野菜は育たないと思っている方がいるかもしれませんが方角は特に気にする必要はありません。

室内栽培の日当たりは?

日当たりは午前か午後のどちらかでも半日以上日差しが入るほうが望ましいですが、日差しが入らなくても日差しが入る反対側に白色の板を置くなど工夫すれば日当たりを倍にすることが出来ます。

季節によって日当たりが変わることがあるのでその点も考慮しましょう。

室内栽培の風通しは?

野菜の室内栽培では風通しが大切です。特に室内で野菜を育てるときに風通しが悪い場所だと湿気やすくなり病害虫の発生を助長します。風通しの目安は洗濯物が干せるかどうか。お部屋の中でも風通しの良い場所に野菜を置くようにしましょう。

最後は室温です。日当たりが良くても室温が高くなりすぎる場所は野菜の室内栽培には適していません。

夏野菜は15〜28℃、秋野菜は5〜25℃が最もよく育つ室温です。日中に締め切った室内で野菜を育てる場合は特に注意が必要です。

その他に気をつけたいポイントは「窓の開口部付近には置かない」ということです。これは草丈の高い野菜を植えていると室内に入り込む強風で室内が倒れてしまうことがあるからです。



室内で野菜を栽培するときのコツ

室内で野菜を育てる時は鉢の大きさに注意しましょう。 室内で野菜を育てるときに起きやすいトラブルは水やり時の漏水や泥跳ねによる床や壁の汚れです。鉢底には受け皿(トレー)を敷くようにしましょう。

失敗しない室内栽培日当たりの良いお部屋なら大きめの鉢を利用すれば室内栽培でも大型野菜を育てることは出来ますが、その場合は排水を考慮しておくことも忘れないようにしましょう。

大型の鉢は容量が大きいため水の量が予想以上に多くなります。用土の浸透した水が時間経つと鉢底から大量に流れ出しトレーから溢れることがあるからです。

野菜によっては日光を多く必要とする種類と反日蔭でも育つものがあります。例えばミニトマトオクラなどは日差しを多く必要としますがキュウリセロリなどは涼しいくらいがちょうど良い栽培環境です。

日光を多く必要とする野菜を育てる場合は時間帯によって鉢を移動させるなど工夫しましょう。

必ずしも日当たりが良い場所が野菜の室内栽培に向いているとは限りません。日当たり・風通し・温度の条件が整っているかどうかが大切です。

室内で育つ野菜の種類とおすすめの野菜室内で野菜の栽培をする場合は野菜の配置がポイントになります。限られたスペースで野菜を育てる時は野菜の配置を工夫することで多くの種類の野菜を育てることが可能です。

例えば草丈の高い野菜を奥にして低い野菜を手前に置くなどすれば日当たりの影響を受けにくくなります。

また手入れの少ない野菜は奥にして手入れが頻繁に必要になる野菜は手前に置けば野菜をわざわざ移動させる必要がなくなります。

室内で野菜を育てる場合はフラワースタンドやラティスなどを利用するのも良いでしょう。このように工夫することで限られたスペースでも野菜の種類を充実させることができます。



室内で育つ野菜の種類

室内で育てやすい野菜の種類(品種)をご紹介します!


エダマメ

シシトウ

枝豆の育て方!枝豆栽培のコツ シシトウの育て方!シシトウ栽培のコツ
マメ科 ナス科
室内栽培難易度 ★★★ 室内栽培難易度 ★ ☆
種まき:4月下旬〜
植え付け:5月上旬〜
種まき:2月中旬〜
植え付け:4月下旬〜
収穫までがやや長いので難易度は高めです。種から育てられますが鳥害が多いため、初心者は苗から育てるのがおすすめです。 育苗はハウスなどで温度管理が必要です。初心者は苗から育てましょう。栽培期間は長いのですが病害虫に強く難易度は普通です。

ナス

ピーマン

ナスの育て方!ナス栽培のコツ ピーマンの育て方!ピーマン栽培のコツ
ナス科 ナス科
室内栽培難易度 ★ ☆ 室内栽培難易度 ★ ☆
種まき:2月上旬〜
植え付け:4月中旬〜
種まき:2月中旬〜
植え付け:4月下旬〜
高温多湿を好むので作りやすい野菜です。栽培期間は長めですが難易度は高くありません。収穫期間が長いので追肥をを忘れずに。 栽培は容易で難易度は低め。夏の暑さに強く秋の涼しさにも強い野菜です。植え付けから4・5か月は収穫が楽しめるお得な野菜です。

ミニトマト

リーフレタス

ミニトマトの育て方!ミニトマト栽培のコツ リーフレタスの育て方!リーフレタス栽培のコツ
ナス科 キク科
室内栽培難易度 ★★☆ 室内栽培難易度 ★
 種まき:2月上旬〜
植え付け:4月中旬〜
種まき:3月・8月
植え付け:4月・9月
育苗は温度管理が難しいのですが、苗から育てる場合は室内栽培難易度は普通です。高温多湿を嫌うため乾燥気味に育てるのがコツ。 種まきから収穫までが約2か月と短いため難易度は低め。外葉をかき取って収穫すれば長期間の収穫が楽しめるプランター向きの野菜。

アイスプランツ

セロリ

アイスプランツの育て方!アイスプランツ栽培のコツ セロリの育て方!セロリ栽培のコツ
ハマミズナ科 セリ科
室内栽培難易度 ★ ☆ 室内栽培難易度 ★★★
種まき:2月・8月
植え付け:4月・9月
種まき:3月・6月
植え付け:5月・7月
肉厚の葉の表面にプチプチとした食感の粒があって薄い塩味がする変わった野菜。プランター菜園向きの健康野菜です。 加織が良く歯ごたえがよい西洋野菜です。気温や湿度の影響を受けやすいため難易度は高め。幼苗をしっかり育てるのが成功のコツです。

キョウナ(ミズナ)

コマツナ

ラッカセイの育て方!ラッカセイ栽培のコツ コマツナの育て方!コマツナ栽培のコツ
アブラナ科 アブラナ科
室内栽培難易度 ★ 室内栽培難易度 ★ ☆
種まき:8月
植え付け:9月
種まき:2月〜10月
水だけでも育つと言われるほど育てやすい難易度の低い野菜です。種からでも簡単に育てられるの初心者向きの菜園野菜です。 真夏を除いて何十栽培が出来る暑さと寒さに強い野菜。栽培期間が短く短期間で収穫できるので他の野菜の間作にも便利です。

チンゲンサイ

玉レタス

チンゲンサイの育て方!チンゲンサイ栽培のコツ スティックセニョールの育て方!茎ブロッコリー栽培のコツ
アブラナ科 キク科
室内栽培難易度 ★ 室内栽培難易度 ★★☆
種まき:春と夏
植え付け春と夏
種まき:春と夏
植え付け:春と夏
葉から軸までが緑のものをチンゲンサイ、軸が白いものをパクチョイと言います。土壌を選ばないため室内栽培難易度は低め。 葉がまくタイプの冷涼な気候を好むレタス歯切れの良さと甘みが強いのが特徴です。細かな管理が必要で肥料不足だと結球が小さくなります。

チンゲンサイ

ミツバ

チンゲンサイの育て方!チンゲンサイ栽培のコツ ミツバの育て方!ミツバ栽培のコツ
アブラナ科 セリ科
室内栽培難易度 ★ 室内栽培難易度 ★
種まき:春と夏
植え付け:春と夏
種まき:春と秋
植え付け:春と秋
葉から軸までが緑のものをチンゲンサイ、軸が白いものをパクチョイと言います。土壌を選ばないため室内栽培難易度は低め。 日本原産の葉野菜。反日蔭でも育ち栽培の手間もあまりかからず室内栽培が可能です。新葉を摘み取れば長期間収穫ができます。

葉ネギ

フダンソウ

葉ネギの育て方!葉ネギ栽培のコツ フダンソウの育て方!フダンソウ栽培のコツ
ユリ科 ヒユ科
室内栽培難易度 ★ 室内栽培難易度 ★
種まき:春 種まき:春から夏
葉ネギの春の種蒔きは4月以降。気温が15℃を超える頃に種を蒔いて育てます。料理の薬味に使える葉ネギはベランダ菜園であると便利です。 暑さ寒さに強く年間を通して収穫ができます。サラダ・炒めもの・和えものなどホウレンソウと同じように使える便利な野菜です。

ホウレンソウ

カブ

ホウレンソウの育て方!ホウレンソウ栽培のコツ カブの育て方!カブ栽培のコツ
アカザ科 アブラナ科
室内栽培難易度 ★ 室内栽培難易度 ★
種まき:春から秋 種まき:春と秋
栽培は簡単なので難易度は低め。春まきはトウ立ちすることが多く害虫の被害にも遭いやすいので、初心者は秋まきがおすすめです。 栽培期間が短く失敗が少ないため難易度は低め。収穫までが早いのでプランターで育てるのが楽しい菜園野菜です。

テーブルビート

ニンジン

テーブルビートの育て方!テーブルビート栽培のコツ ニンジンの育て方!ニンジン栽培のコツ
アカザ科 セリ科
室内栽培難易度 ★ ☆ 室内栽培難易度 ★ ★
種まき:春と秋 種まき:春と夏
冷涼な気候を好み暑さには弱い。栽培期間が長いので難易度は普通です。テーブルビートの味はほんのりと甘いのが特徴。 発芽させるのが難しく栽培期間が長いので難易度は普通です。耐寒性は高めですが暑さには弱いので、夏まきよりも春まきがおすすめ。



  はてなブックマークに追加


家庭菜園の野菜の種類と選び方