本文へスキップ

インゲンマメの育て方は?

インゲンマメは春から夏が栽培時期です。1か所あたり2~3粒深さ1cmで種をまき、発芽して本葉が2枚の頃に2本に間引きします。水やりと追肥・土寄せをしながら育てましょう。約2か月で収穫適期になります。

 はてなブックマークに追加


インゲンマメの育て方


インゲンマメ栽培の土作り、種まき、間引き、苗の植え付け、支柱立て、追肥、水やり、病気の対策と害虫の対策、収穫方法など初心者にも分かりやすくレクチャーします。

失敗なしで立派なインゲンマメを家庭菜園で育てましょう。

インゲンマメ栽培の流れ

  1. インゲンマメの難易度と栽培のポイント
  2. 栽培時期
  3. おすすめの品種
  4. 栽培前の準備プランター栽培用土土作り畝作り
  5. 種まき
  6. 間引き
  7. インゲンマメの植え付け
  8. 栽培管理土寄せ支柱立て水やり追肥
  9. インゲンマメの収穫
  10. 病気対策
  11. 害虫対策

インゲンマメの難易度と栽培のポイント

インゲンマメの難易度と栽培のポイント


栽培難易度 ★☆☆☆☆

インゲンマメ(大角豆)は中央アメリカ原産の野菜で、江戸時代に隠元ン禅師によって伝えられたとされています。明治以降に欧米から多くの品種が輸入されました。

病気虫に強く前作の野菜を育てた後なら、肥料がなしも育つほど丈夫で初心者向け。インゲンマメ栽培は簡単です。

インゲンマメはつる性の植物ですが、つるなし品種もあるのでプランターや植木鉢でも簡単に育てることができます。



インゲンマメ栽培で失敗しないポイント

  • 発芽適温は22~25℃、生育適温は20~25℃。10℃以下になると生育が悪くなります。
  • 土壌酸度は5.5~6.5で栽培しましょう。
  • 種まき後の鳥害に注意しましょう。
  • 開花から収穫までは7~14日です。
  • 高温になると落花が多くなるので種まき時期を守りましょう。
  • 乾燥が続くと短い鞘や小さな鞘が増えます。
  • 株元の葉が込み過ぎないように摘葉しましょう。
  • 連作はできません(2~3年以上空ける)

インゲンマメには寄せ植えできるコンパニオンプランツがあります。相性の良い野菜を組み合わせれば、同じ場所でたくさんの野菜を育てることができます。(もっと詳しく:インゲンマメと相性の良いコンパニオンプランツは?


インゲンマメの栽培時期は?

インゲンマメは春(3月~5月)が栽培時期です。種まきはポットまきは3月下旬以降で直まきは5月以降です。苗の植え付け時期は4月中旬以降です。

収穫時期は種まきから約2か月半、苗を植え付けてから約2か月です。

インゲンマメ栽培カレンダー

インゲンマメの栽培カレンダー


インゲンマメの育てやすい品種は?

インゲンマメは丈夫で育てやすい野菜です。どの品種を選んでも失敗は少なめです。

育てやすいインゲンマメの品種は?


インゲンは大きく分けると「有限型(わいせい種) 」というつるあり種と「無限型」という半つる性種・つる性種があります。

つるあり種のおすすめの品種は「モロッコ」「ケンタッキー101」「日光つるあり菜豆」などです。

つるなし種のおすすめの品種は「初みどり」「さつきみどり」「テンダーグリーン」などです。

その他、早生種(収穫までが短い)、晩生種(収穫までが長い)に分かれます。栽培する環境や場所に合わせて品種を選ぶと良いでしょう。

インゲンマメの種と苗を楽天市場で購入!

インゲンマメの種と苗をAmazonで購入!


インゲンマメの栽培方法は?

インゲンマメはプランター栽培でも露地栽培でも育てることができます。インゲンマメ栽培の準備から収穫までの流れを丁寧に解説します。

栽培前に準備することは?

インゲンマメの栽培を始める前にしておくことは、「道具と栽培用土の準備」栽培地の「土作り」「畝作り」などです。

インゲンマメ栽培用のプランターサイズは?


プランターの選び方は?

インゲンマメを栽培するときのプランターは標準~大型サイズを使用しましょう。プランターの代わりに大型の植木鉢でも育てることも可能です。

インゲンマメは大株に育てるなら大型のプランターを利用して1株植えにしましょう。

狭いスペースに苗をたくさん植えると、1株あたりの収穫量が減ってしまうだけでなく実も小さくなってしまいます。

栽培に使う用土の種類は?

インゲンマメ栽培で使う用土は市販の培養土を利用すると袋から開けてすぐに使えて便利です。葉野菜用で肥料入りの用土がおすすめです。

インゲンマメ栽培で使う土の種類は?


自分で用土を配合するときは、赤玉土7:腐葉土2:バーミキュライト1、それに石灰を用土10ℓ当たり10~20gと化学肥料を用土10ℓ当たり10~20gを混ぜ合わせたものを用意しましょう。

プランターに入れる土の量は?


インゲンマメは多湿を嫌うので、プランターの底には鉢底石などを入れて水はけを良くしておきます。

入れる用土の量は、プランターの淵からウォータースペースを残して、鉢の8分目程度(淵から2~3cm)です。

露地栽培(土作りと畝作り)

畑(菜園)でインゲンマメを育てるときは、植え付けの2週間前までに酸度調整を終わらせておきましょう。

インゲンマメの土作り(露地栽培)


土作りのやり方は?

インゲンマメを露地で育てるときの土作りですが、種まきの約2週間前になったら、石灰を150g/㎡・堆肥を2kg/㎡・化成肥料を(15:15:15)150g/㎡を畑に施してよく耕しておきます。

畝作りのやり方は?

インゲンマメに適した畝は、2条植え(2列)は畝幅が70~90cm、畝の高さは15cmの平畝です。


インゲンマメの種まき

インゲンマメは直まきとポットまきのどちらも可能です。気温が低い地域での春まき栽培や早採り栽培するとき、鳥害が心配な地域ではポットまきします。

インゲンマメの種まき


インゲンマメを種から育てる

インゲンマメは苗の移植を嫌うので、基本的には直まきで育てる野菜です。ポットまきするときは本葉が3~4枚になる頃に畑に植え付けましょう。

インゲンマメの種まき時期は?

インゲンマメの種まきは、ポットまきは3月下旬以降、直まきは5月以降です。(温暖地は4月以降・寒冷地は5月中旬以降)

発芽適温は?

インゲンマメ高温を好み、発芽適温は22~25℃です。直まきでは日中の気温が20℃を超えるようになったら種まきをスタートしましょう。

インゲンマメの種は温度が高すぎても発芽しません。気温が25℃を超えるときは、日よけや反日蔭になる場所で種まきをするなどの高温対策がおすすめです。

インゲンマメの植え付け間隔は?(株間)

露地栽培では株間を30cm以上、畝間120cm以上空けしょう。プランター栽培の場合はプランター1つに多くても2株まで、株と株の間隔は20cm以上確保しておきます。

インゲンマメの種から育てる


種のまき方

直まき

インゲンマメを直まきするときは、1か所あたり3~4粒の種をまきましょう。

種をまく深さは、種の長さの2~3倍(約10mm)が目安です。インゲンマメの種は鳥害に遭いやすいので、不織布などをべた掛けしておくと対策になります。


ポットまき

インゲンマメをポットまきでは、1つのポットに対して2~3粒の種をまきます。

種をまく深さは、種の長さの2~3倍(5~10mm)が目安です。

種まきのコツとヒント

・種をまく前の用土にたっぷりと水やりをしておきましょう。種まき後に水やりをすると、種が用土の上に露出することがあります。

・種をまいたあとは細かな用土を被せて、手のひらで軽く押さえて種と用土を密着させておきましょう。

・種を深まきすると発芽不良の原因になります。(もっと詳しく:インゲンマメが発芽しない原因と対策

インゲンマメの間引き

インゲンマメは本葉が2枚になったら、生育の良いものを2本残してすべて間引いてしまいます。

間引いたあとは日当たりの良い15℃以上をキープできる場所で、植え付けに適した大きさ(本葉が3~4枚)になるまで育苗しましょう。

間引きのコツとヒント

・インゲンマメは間引きの時期が遅れると、苗が大きくなりすぎて間引きのときに絡まった根が切れる原因になります。

・あまり早く苗を間引いてしまうと、育苗途中で苗が枯れたり萎れたりしたときに苗不足で困ることになります。


インゲンマメの植え付け

植える株数が少ない方や初心者の方は園芸店で販売されているポット苗から育てましょう。失敗が少なくなります。

インゲンマメの苗の植え付け


インゲンマメを苗から育てる

インゲンマメの良い苗の選び方ですが、背丈が高いものよりは背丈が低くて節間の詰まったものが良い苗です。

インゲンマメは移植を嫌うので、本葉が3~4枚までの大きさの苗を選ぶのがポイントです。

大きすぎる苗、葉が縮れていない苗、葉の萎れや枯れがなく青々とした苗、害虫の被害に合っていない苗を選びましょう。

苗を植える時期は?

4月下旬~5月(温暖地は約1ヶ月早め、寒冷地は約1ヶ月遅めになります。)日中の気温が20℃を超える頃です。

株間

苗と苗の間隔(株間)を30cm以上(プランターは20cm以上)確保して植え付けましょう。

インゲンマメの苗の植え付け


苗の植え方

インゲンマメの苗の植え方ですが、まず苗を植える場所にポットの円の2~3倍の大きさの穴を掘ります。深さはポットの高さより少し低めです。

プランターの場合は穴を掘りにくいので、最初から用土の量をポットの高さ分だけ減らしておいて、苗を置いたあとにあとから用土を足します。

インゲンマメの苗の植え方


穴の底を平らにすることがポイントです。凸凹していると根と用土が密着しにくくなって、苗が根付くまで時間がかかってしまうからです。

苗を植え付けたら株元を手のひらで軽く押さえておきましょう。苗は2本のまま植え付けます。


インゲンマメの苗を定植する時のコツ


ポットからインゲンマメの苗を取り出すときは、根鉢が崩れないように株の根元を指で挟み優しく扱いましょう。

苗の植え付けのコツとヒント

・植え付けは晴れ日の午前中を選ぶと、根がうまく活着(根付くこと)します。

・苗を植え付けたら株元を手のひらで軽く押さえて用土と根を密着させておくと活着がよくなります。

苗を植え付けた後は根付く(定着)までの間(約1週間)は毎日土の中にしみ込むように水分をたっぷりと与えて下さい。


インゲンマメの栽培管理

インゲンマメの土寄せ

苗の生育が盛んになる時期に、露出した根に太陽光が直接当たると株の生育を弱める原因になります。

インゲンマメの土寄せ(まし土)


土寄せの時期は?(タイミング)

間引きや追肥のタイミングで株周辺の用土の表面を軽く耕して株元に土を寄せておきましょう。プランターの場合は水やりで用土が減りやすいので、定期的に用土を足します。

インゲンマメの支柱立て

インゲンマメは茎が細く柔らかいため、風や強い雨によって株が倒れてしまいます。タイミングよく支柱を立ててやりましょう。

インゲンマメの支柱の立て方


インゲンマメはつるが伸びてきたら数本の支柱を垂直に立てて、つる先を麻紐などを使って誘引してやります。つるあり種は網目10cm角以上のネットを張っておくとより安定します。

つるなし種は基本的に支柱がなくても大丈夫ですが、草丈が高くなったら支柱を立てておくと、収穫がしやすくなり病気のリスクも減るので安心です。

実がたくさん着くと株が倒れてしまうため、高さがあり太くて丈夫な支柱を立てるのがポイントです。


インゲンマメの水やり

インゲンマメは正しい水やりを行うと健康な苗に育ち、立派な果実を実らせることができます。

水やり頻度と与える量は?


水やりのタイミングは?

用土の表面が乾いたタイミングで水やりを行います。プランターや植木鉢で育てる時は露地栽培に比べて用土が乾燥しやすいので注意してください。

水やりの時間帯は?

真夏の水やりは朝または夕方の涼しい時間帯に、春先の寒い時期は気温が上がり始める時間帯に水やりを行いましょう。

1回あたりの水やり量は?

開花が始まるまでの水やりは、回数を少なめにして一回の水やりで量を多めに与えと効果的です。

果実がなり始めたら水切れにならないように水やり量を多めにしましょう。(もっと詳しく:インゲンマメの正しい水やり方法


インゲンマメの追肥

インゲンマメは収穫期の途中で肥料切れを起こしてしまうと鞘が小さくなったり実入りが少なくなってしまいます。追肥の時期と与える量を調整しながらしっかりと行いましょう。

インゲンマメの元肥と追肥の頻度と与える量は?


追肥の時期は?(タイミング)

インゲンマメは苗を植え付けて約1ヶ月経った頃が1回目の追肥のタイミングです。2回目以降の追肥は2週間に1回の頻度で行います。

1回あたりの追肥の量は?

プランター栽培では、1株あたりに化成肥料を5~10g株の周辺にパラパラとまいて用土とまぜておきます。露地栽培では化成肥料を20~30g畝の肩に施しましょう。

追肥のコツとヒント

・インゲンマメは前作の野菜の後なら、元肥と追肥がなくても育てられます。元肥を入れる場合は、窒素分の少ないものを選ぶようにしましょう。

肥料が多すぎるとつるボケの原因となって実なりが悪くなるので与えすぎに注意しましょう。(参考:インゲンマメの実がならない・インゲンマメの実が小さい原因と対策

・果実がなり始めたら、水やりを兼ねて週に1回薄めの液肥を与えるのも効果的です。


インゲンマメの収穫

インゲンマメの収穫


インゲンマメの収穫時期は?

インゲンマメは品種にもよりますが、開花してから約10~15日で収穫適期になります。

見た目で収穫適期を判断する

インゲンマメは鞘の長さが12cmを超えたら、中の豆が膨らまないうちに収穫しましょう。

青鞘の時に収穫すればインゲンマメのように皮ごと食べることが出来ます。開花数日後の小さな若鞘を軽く茹でてサラダにするのもおすすめです。

赤飯やぜんざいなどに使う場合は、鞘が茶色く枯れた時が収穫適期になります。タイミングを逃すと鞘が割れて、中の豆が畑にこぼれ落ちるので注意しましょう。

収穫後のインゲンマメは瓶などに入れておけば長期間の保存が可能です。


インゲンマメの収穫時期


インゲンマメの収穫方法は?

鞘の根元からハサミで切り取って収穫します。株が小さいときは株ごと抜き取ってあとから実をハサミで切ってもかませいません。

赤飯やぜんざいなどに使う場合は、株ごと抜き取って新聞紙などの上に広げて十分に乾燥させてから鞘から取り出しましょう。

収穫のコツとヒント

・インゲンマメは株を疲れさせないようにするため、熟した実を早めに収穫するように心掛けましょう。軽く塩ゆでしておけば冷凍保存が可能です。


インゲンマメの病気対策は?

インゲンマメの病気を予防するには「高温多湿」「多肥」「日照不足」を避け、早期発見と早期対策がポイントです。

インゲンマメの病気対策


インゲンマメ栽培で発生する病気

インゲンマメは他のマメ科の野菜に比べて病気には強い野菜ですが、稀に「モザイク病」「苗立ち枯れ病」「菌核病」「さび病」「角斑病」などが発生します。

病気の予防と対策

病気を防ぐためには、日当たりと風通しのよい場所で育て高温多湿の環境にならないようにする・カメムシなどの吸汁害虫を早めに駆除するなどの対策をしっかりと行いましょう。

病気で黄色くなってしまった茎葉は枯れてしまう前に切り取り、被害が株全体に広がってしまったときは株ごと抜き取って必ず場外で処分しましょう。

茎葉が枯れてカラカラになると、風や雨(水やり)で菌やウイルスが他の株へ飛散したり土壌中に落ちて被害が拡大する原因となります。


インゲンマメの害虫対策は?

インゲンマメの害虫対策は早期発見と早期駆除が大切です。数が増える前にしっかりと対策しましょう。

インゲンマメの害虫対策


インゲンマメ栽培で見かける害虫の種類

インゲンマメに発生しやすい害虫は「アブラムシ」と「カメムシ」です。

害虫の対策と予防

成虫は他の畑や雑草地から飛来してくるため完全な予防は困難です。数が増えて手に負えなくなったら薬剤の散布を検討しましょう。

トンネル掛けや根元の葉が込み合わないように摘葉する、住処になる畑周辺の雑草を抜く・落ち葉や枯れた葉を畑に放置しないなどが基本的な対策になります。

 はてなブックマークに追加


ひとつ前のページに戻る

果菜類(実野菜)の種類と育て方

簡単野菜作りVegetablesBeginnersGuide