本文へスキップ

トウモロコシ育て方

トウモロコシの栽培方法と育て方のコツ

 はてなブックマークに追加


トウモロコシの育て方を野菜栽培士が分かりやすくレクチャー!トウモロコシのプランターと露地のどちらの栽培方法も詳しくご紹介しています。

トウモロコシの育て方


トウモロコシの、土作り、トウモロコシの種まき、間引き、植え付け時期、支柱の立て方、脇芽取り、追肥、水やり、病気の対策と害虫の対策、収穫の時期についてご紹介します。

プランターや露地栽培で失敗なしで立派なトウモロコシを育てましょう。


Contents Menu

  1. トウモロコシの植え付け時期
  2. トウモロコシ栽培のコツとポイント
  3. 土作り
  4. トウモロコシの種まき
  5. 間引き
  6. トウモロコシの植え付け
  7. 支柱の立て方
  8. 脇芽取り
  9. 人工授粉
  10. 鳥獣対策
  11. 水やりの頻度と与える量
  12. 追肥の時期と与える量
  13. 収穫
  14. 病気対策
  15. 害虫対策
  16. トウモロコシの育て方まとめ

トウモロコシの育て方と栽培のコツ

トウモロコシの育て方と栽培のコツ


トウモロコシ栽培 難易度 ★☆☆☆☆

トウモロコシは南アメリカ北部~メキシコ減殺のイネ科の野菜です。トウモロコシの栽培は難しそうに思えますが、実は荒れ地でも育つほど丈夫で初心者向けの野菜です。

トウモロコシは収穫後から鮮度がすぐに落ちるので、収穫した直後に食べるのが一番美味しい瞬間です。家庭菜園なら新鮮な状態で食べられるのでおすすめ。


トウモロコシは日当たりの良いベランダなら、プランターや大型の植木鉢でもぐんぐん育ちますし、種からでも簡単に育てられます。

トウモロコシは多肥性の野菜で、養分を吸い上げる力が強い野菜です。土壌の過剰な養分を吸い上げ、根が深く張って固い土に穴を開けて透水をよくするので、土壌を改善するために利用できます。

高温を好むので日当たりの良い場所で育てるのが上手に収穫までたどり着くための重要ポイントになります。


トウモロコシの栽培時期

トウモロコシは春に植える野菜です。種まき時期は3月中旬以降、苗の植え付けは、4月植え5月植えができます。収穫時期は種まきから約3か月(6月中旬以降)です。


トウモロコシ栽培カレンダー

トウモロコシ栽培カレンダー


トウモロコシ栽培のコツとポイント

  • トウモロコシは根を深くまっすぐ張るので、土は深めに耕して元肥は深い位置に施しましょう。
  • トウモロコシは雌雄異花なので、受粉を確実に行うために同じ場所に同種のものを複数本植えるようにしましょう。
  • 飼料用のトウモロコシと交雑すると甘味の無い実がなるので付近に飼料用のトウモロコシが植えていないか確認しましょう。
  • プランターやコンテナで栽培する時は支柱立てと人工授粉が必要です。
  • プランターやコンテナで栽培する時は最上部の雌穂1本だけにしましょう。


トウモロコシの育てやすい品種

トウモロコシの育てやすい品種


トウモロコシは種からでも苗からでもとても簡単に育てられます。

トウモロコシの育てやすい品種は、おひさまコーン・ハニーバンタム・ピーターコーン・みわくのコーンなどがあります。

比較的どの品種でも丈夫に育ってくれますので、好みで選びましょう。


楽天市場でおすすめのトウモロコシをCheckする

amazonでおすすめのトウモロコシをCheckする


トウモロコシ栽培で使うプランターサイズ

トウモロコシを育てるときに適したプランターサイズですが、深型で大型サイズ(60cm以上)のものを必ず利用するようにしましょう。

トウモロコシに適したプランターサイズ


トウモロコシは直根性のため根が深くまで張りだします。浅型のプランターやコンテナだと、根詰まりするのでおすすめしません。


トウモロコシの土作り

トウモロコシは種まきや苗の植え付けの2週間前には土づくりを終わらせておきましょう。

トウモロコシに適した用土


プランター栽培では市販の培養土を利用すると袋から開けてすぐに植え付けできるので簡単です。トウモロコシ栽培には実野菜用の用土がおすすめです。

自分で用土を配合するときは、赤玉土7:腐葉土2:バーミキュライト1を混ぜ合わせましょう。

そこに石灰を用土10ℓ当たり10gと化成肥料を用土10ℓ当たり10~30gを加えます。

トウモロコシ栽培の用土の量


植え付け前の準備として、市販のプランターに2~3cmほどウォータースペースを残して培養土を入れておくようにします。

用土は植え付けの1か月前までに土作りを済ませておき、植え付けの2週間前に元肥を施しておくようにしましょう。

畝作り

トウモロコシの露地栽培の土作りは、種まき(苗の植え付け)の2週間前までに酸度調整を終わらせましょう。

トウモロコシの元肥


トウモロコシに適した土壌酸度はpH6.0~6.5です。苦土石灰をを入れて酸度調整をしましょう。(pHを1.0上げるには石灰が1㎡あたり400g必要になります。)

植え付けの直前に石灰を入れると根を傷めてしまうので注意が必要です。

苗の植え付けの1週間前になったら元肥を入れて平畝を作っておきます。

元肥は全面施肥で、1㎡あたり堆肥を2kg、化成肥料(15:15:15)を100g、苦土石灰を100gを施しておきましょう。


畝は用土をよく耕してから作りましょう。畝は高畝で、畝幅は1条植えで40~50cm、2条植えで70~80cm、畝の高さは10~15cmとします。


トウモロコシの種まき

トウモロコシは種からでも簡単に育てられます。気温が高くなったら直まき。気温が低い時期はポットで苗を育てて移植する方法がおすすめ。

トウモロコシの種まき


トウモロコシを種から育てる

トウモロコシは種を蒔く前に一晩水に浸しておくと発芽時期が揃いやすくなります。発芽を揃えると発芽後の栽培管理がしやすくなります。

種まき時期

トウモロコシの種をまく時期は、直まきは4月中旬以降の日中の気温が20℃を超えるようになってから。

トウモロコシの種まきは、ポットまきは3月下旬から、直まきは5月上旬からです。7月上旬までなら種をまいても収穫まで間に合います。


発芽適温

トウモロコシの発芽適温は25~30℃です。トウモロコシの種は時期外れにまいてもうまく発芽しません。発芽には最低でも15℃以上が必要です。

種のまき方

トウモロコシの種をまく深さ


種を埋める深さは種の大きさの2~3倍が目安です。トウモロコシは好光性でも嫌光性でもない野菜ですが、深くまきすぎると発芽が遅れる原因になります。

ポットまき

ポリポットで育てる時は9cmポットに種を2~3粒まいて本葉が2~3枚になるまで育てましょう。

種は指の第1関節まで用土に押し込んで、表面の土を平らにならしておきます。

トウモロコシの直まき


直まき

トウモロコシを直まきするときは、プランター栽培の場合は株間を30cm程度あけて種をまきます。露地栽培では株間30cm、2条植えの条間は40~50cmとします。

直まきでは、1か所あたり種を3~4粒まきます。

種は指の第1関節まで用土に押し込んで、表面の土を平らにならしておきましょう。

気温が低い時期は、トンネル掛けやプラスチック製のドームキャップなどを被せて保温しておくと発芽が早まります。

発芽日数

トウモロコシは発芽適温内(25~30℃)で、7~10日で発芽します。気温が低いと発芽の日数が遅れます。

トウモロコシの発芽日数


種をまいた後にすること

種をまいた後は水をたっぷりと与えましょう。種まき後から発芽するまでの間は、土の表面が乾いていたらこまめに水やりを続けましょう。

種まきのヒント

種をまいた後に敷き藁やマルチングを行うと種の乾燥を防止することができます。

直まきでは、種まき直後に野鳥(ハト)に種を食べられることがあります。野鳥が多い地域では、防鳥ネットなどをベタがけしておきましょう。

トウモロコシの間引き

トウモロコシは種をまいてから約1ヶ月ほどで、本葉3~4枚までに株が成長します。タイミングよく苗を間引きましょう。

トウモロコシの間引き


間引きのタイミング

苗の草丈が15~20cmになり本葉が5~6枚になったタイミングで、育ちの良い株を1本だけ残して、他の苗はすべて間引きしてしまいます。

植え付け前の育苗ポットで間引いても問題ありませんが、なるべく早い段階で畑に植え付けましょう。

トウモロコシの間引き方


苗の間引き方

トウモロコシの苗を間引きをするときの注意点は、地上の茎の部分を切らずに、ハサミを地中に入れて根の部分から切り取ることです。

手で苗を間引くと、残す株の根を切ったり動かしてしまって、株の成長が遅れる原因となってしまうからです。


トウモロコシの植え付け

トウモロコシを種から育てるのが難しいと感じる方は、ホームセンターや園芸店で販売している苗から植え付けるのと失敗が少なくおすすめです。

トウモロコシの苗の植え方


トウモロコシを苗から育てる

トウモロコシの苗は、草丈が15~20cm程度になったら植え付けができます。

苗の植え付け時期

トウモロコシは4月下旬が苗の植え付け適期です。5月上旬頃までなら苗を植え付けても収穫時期に間に合います。

植え付け時の気温

日中の気温が20℃を超えるようになったら植え付けができます。トウモロコシの生育適温は20℃~30℃です。

トウモロコシの苗の選び方

トウモロコシの良い苗の選び方


トウモロコシを苗から植える場合は本葉が3~4枚で、茎が太く緑色の濃い苗を選ぶようにしましょう。育ち過ぎの苗は、植え付けたあとに枯れてしまうことがあります。

ポットに苗が2本以上生えているものは、生育の良い苗だけを残して他を間引いてから植え付けましょう。

枯れた葉も植え付ける前に除去しておきます。


苗の植え付け方

トウモロコシの植え方ですが、根鉢より少し大きめの植え穴を予め堀っておきます。根鉢を壊さないように丁寧にポリポットから取り出し、掘った穴に置きます。

周辺の用土を株元に寄せて、手のひらで上から軽く押さえて用土と根を密着させましょう。

苗を植える前に、ポットごと水か薄めた液肥につけて吸水しておくと根の活着がよくなります。

トウモロコシの定植方法


プランター栽培では株間を15~20cmあけ、露地栽培では株間を30cm以上あけて植えます。


トウモロコシの支柱立て

トウモロコシは草丈が高くなります。強風によって株が折れないように支柱を立ててやりましょう。

トウモロコシのわき芽取り


支柱を立てるタイミング

トウモロコシの支柱は、1回目の追肥を行った頃に行いましょう。本葉が6~7枚になる頃です。

その頃を過ぎると生育が旺盛になって風に煽られやすくなります。支柱を立てるタイミングが遅れないようにしましょう。

支柱立てのヒント

トウモロコシの収穫時期は台風やスコールが増えてくる時期と重なります。草丈の高いトウモロコシは風の影響をまともに受けやすく、根元から折れたり倒れたりすることがよくあります。


トウモロコシの脇芽取り

トウモロコシのわき芽は「分げつ」とも呼ばれています。わき芽は基本的には取らずに残しましょう。

トウモロコシの支柱立て


トウモロコシには画像の黄丸の様なわき芽が何本も生えてきますが、切り取らずにそのまま伸ばしましょう。

わき芽を残すと株が倒れにくくなるだけでなく、光合成が活発となって実の太りも良くなります。

地際の茎から生える根は?

またトウモロコシの地際の茎から「不定根」と呼ばれる根っこが生えてきます。これはトウモロコシ自身が株を倒れにくくするために生やす根っこです。


追肥をする際に土寄せ(プランターではまし土)して、土を被せましょう。

こうすることで不定根が増えて株が安定しやすくなります。


トウモロコシの人工授粉

プランター栽培や栽培本数が少ないときは、受粉が十分に行われずに実入りが少なくなることがあります。人工受粉を行って確実に着果させましょう。

トウモロコシの人工授粉


トウモロコシの授粉は、通常は虫ではなく風によって花粉が運ばれて行われます。主枝の先端部分に、上の画像のような雄穂(雄花)ができます。

植えている株の数が少ないときは人工授粉を行います。

人工授粉のやり方

トウモロコシの人工授粉のやり方ですが、まず雄花(上画像)を写真の黄色線の位置で切り取ります。


トウモロコシの人工授粉のやり方


株元のふさふさした毛のような部分が雌穂(上画像の赤丸)でトウモロコシの雌花になります。

先ほど切り取った雄花を雌花の上で、揺り落としたりこすりつけたりして受粉させましょう。

雌花の先には毛のようなものが生えていますが、これは絹糸や毛と呼ばれるものです。この伸びた毛の数だけ、中に実がなります。

すべての絹糸に花粉がつくように、まんべんなく授粉させましょう。


トウモロコシの摘果(実の数の調整)


摘果(ヤングコーンの収穫)

通常トウモロコシの雌花は1つの株から2~3個ほど咲きますが、雌花に絹糸が出始めた頃に、最上部の雌花だけを残して他の雌花は全て切り取ってしまいましょう。

トウモロコシは実をたくさん着けると、未成熟で食べる部分の少ない果実ができてしまいます。

摘果した雌花の皮の中には小さなトウモロコシがあります。これは「ヤングコーン」と呼ばれるもので、茹でてサラダにしたり塩ゆでにしたり、美味しく食べることができます。


トウモロコシの鳥獣対策

トウモロコシ栽培では、種まき時と収穫間際に鳥獣の被害を受けやすいので注意しましょう。

トウモロコシの鳥対策


種まき後の鳥対策

種まき直後に鳥から種を守る方法にはマルチングがあります。種をまいた上から白色の不織布をかけて鳥が種を食べないようにします。

マルチングは種が発芽したら早めに撤去しましょう。

着果後の鳥獣対策

収穫時期が近づくと鳥だけでなく栽培地によっては獣の対策も必須です。


トウモロコシを栽培している場所が広いときは、画像のように支柱を立ててネットを畝の周囲に張り巡らせます。

鳥の中でもカラスやハトが大きな被害を出すので、ネットの網目の大きさは10cm角以下がおすすめです。

プランター栽培や栽培している株数が少ないときは果実にネットを被せる方法がおすすめです。


着果を確認したら収穫時の大きさを想定して長めの不織布ネットなどで覆っておきます。獣からの被害は防げませんが、鳥の被害はかなり軽減できます。


トウモロコシの水やり

トウモロコシの水やりは、株の成長具合を見ながら与える量とタイミングを調整しましょう。

トウモロコシの水やり頻度(回数)と量


水やりのタイミング

種をまいあと発芽が揃うまでの間と、苗から植え付けて根着くまでの間はたっぷりと水を与えましょう。

トウモロコシは乾燥に弱い面があるので、栽培期間中は用土の表面が乾いたら水やりを忘れずにおこないます。

特に開花前後と成熟前後に水やりが不足すると実成りに影響が出るので、用土が乾燥しすぎないように注意しましょう。

水やりの量

過度の水やりは根の発達に影響が出るので水やりは多過ぎてもいけません。

回数を増やすのではなく一度に与える量を増やすようにすると良いでしょう。

水やりをする時間帯

トウモロコシの水やりのタイミングは、朝と夕方の涼しい時間帯に与えるのが基本です。

日差しが強い時間帯に与えると水がお湯のようになって 根を傷めたり、水がレンズのようになって茎葉を傷めてたりするからです。

トウモロコシの追肥

トウモロコシ栽培では、追肥をタイミングよく適量を施してやることが大きな果実を収穫するポイントになります。

トウモロコシの追肥時期


追肥を与える時期

トウモロコシの追肥は合計2回行います。

1回目の追肥は本葉が6~8枚になった時期で、2回目の追肥は雄穂が出る時期です。


トウモロコシの追肥の量


1回あたりに与える追肥の量

プランター栽培では、1株あたり化成肥料5~10gをコンテナの淵に沿ってパラパラとまき、そのあと軽く土に混ぜ込むように施しましょう。

露地栽培では、地力のあれば元肥だけでも育ちますが、草丈が50~60cmになる時期に追肥を施しておきます。畝の肩に20~30g(ひと掴み)追肥を与えておきましょう。

追肥の際には株が倒れないように、土寄せを同時に行っておきます。


トウモロコシの収穫

トウモロコシは品種ごとに収穫までの日数が違います。収穫の目安は種袋などに記載されているので確認しておきましょう。気象や栽培条件でも収穫までの日数が変わります。

トウモロコシの収穫


トウモロコシの収穫適期

トウモロコシは受粉してから、20日~30日で収穫適期を迎えます。(7月中旬~8月下旬頃)トウモロコシは収穫時期が早すぎても遅すぎても品質が落ちてしまいます。

収穫が早い時は実の詰りが悪く身の色も白色で、逆に収穫が遅れると粒の表面に凹みやしわが生じてしまいます。

トウモロコシの収穫適期はとても短いため、収穫のタイミングを逃すと糖分がみるみる減少して甘味が無くなってしまいます。

収穫適期を逃さないようにしましょう。

見た目で収穫適期を判断する

トウモロコシは収穫適期になると絹糸が茶色になって枯れてきます。果実全体を掴んでみて、先の方まで十分に膨らんでいるかでも収穫適期を判断できます。

絹糸が茶色になったら試し取りをしてみましょう。頭の部分を少しだけめくって実入りを確かめます。

トウモロコシの収穫時期を見た目で判断する方法


トウモロコシは茎元から果実が充実していきます。皮をめくって先端の粒が丸みを帯びていたら収穫適期です。

収穫する時間帯

トウモロコシを収穫する時間帯は朝方がおすすめ。野菜は朝から夕方にかけて光合成を行って糖分(甘み)を作りだし、夕方から夜間にかけて養分を果実に送ります。

気温が上がってからではみずみずしさが失くなってしまいます。また気温が高くなってから収穫したものは傷みも早くなります。

トウモロコシの収穫方法


トウモロコシの収穫方法ですが、手でしっかりと実を握り下へ折りって豪快にもぎ取ります。

トウモロコシは収穫後から糖分があっという間に減少していくので、収穫した後はすぐに茹でて、甘味を逃がさないようにしましょう。


トウモロコシの育て方まとめ

トウモロコシは草丈があるため、風や雨などで倒れやすいので支柱をしっかりと埋め込み、株元の用土が減った時は土寄せを行って倒伏対策を万全にしておきましょう。

トウモロコシ栽培


基本的にわき芽はそのまま残しても問題ありませんが、光の通りが悪くなった時や雌穂が着床し始めるころになったら除去してもかまいません。

トウモロコシは葉茎が大きく収穫後に抜き取った株が邪魔に思うかも知れませんが、実は堆肥の材料にしたり敷き藁の代わりにしたり、いろいろなことに使えるので有効に活用しましょう。



トウモロコシの病気対策

トウモロコシに良く発生する病気は、モザイク病・苗立ち枯れ病・すじ萎縮病・倒伏細菌病・ごま葉枯病や斑点病、黒穂病などがあります。

トウモロコシの病気対策


トウモロコシに発生しやすい病気

トウモロコシ栽培では、株が大きくなってからは収穫に影響が出るような病気はあまり発生しません。

ただし、苗が小さいときは、苗立ち枯れ病やモザイク病がはっせいすることがあります。苗が枯れたり成長が悪くなったりしたときは注意しましょう。

病気対策のヒント

トウモロコシは丈夫な野菜です。病気が発生するということは、畑の環境が相当悪いといえるかもしれません。排水性や通気性・用土の状態などを見直してみましょう。



トウモロコシの害虫対策

トウモロコシは害虫の対策だけでなく害鳥の対策も必須です。しっかりと対策を行いましょう。

トウモロコシの害虫駆除と害虫対策


トウモロコシに集まる害虫の種類

トウモロコシに発生しやすい害虫は、アワノメイガ、イネヨトウ、アブラムシ類・カブラヤガ・コガ類・カメムシ類です。

アワノメイガ、イネヨトウなどのイモムシ類は身の中に入り込む厄介な害虫です。幼虫を見つけ次第、早急に処分して下さい。

万が一被害を受けてしまった株は早めに薬剤で害虫駆除するか他の株に害虫被害が拡がらないように株を抜き取るなどして対策しましょう。

 はてなブックマークに追加


果菜類(実野菜)の種類と育て方

家庭菜園で簡単野菜作りVegetablesBeginnersGuide!