本文へスキップ

ハクサイの育て方

ハクサイの育て方を野菜栽培士がレクチャーします。ハクサイのプランター栽培と露地栽培のコツやポイントは?

 はてなブックマークに追加


ハクサイの育て方


種まきをはじめ、間引き・水やり・追肥・収穫方法など、ハクサイ栽培の管理方法を画像を交えて分かりやすく解説します。

失敗なしで立派なハクサイを家庭菜園で育てましょう。

ハクサイ栽培の流れ

  1. ハクサイの育て方は?失敗しないハクサイ栽培のコツ
  2. 栽培時期
  3. おすすめの品種
  4. 栽培前の準備プランター栽培用土土作り畝作り
  5. 種まき
  6. 間引き
  7. 苗の植え付け
  8. 栽培管理土寄せ下葉かき冷害対策と霜対策水やり追肥
  9. 収穫
  10. ハクサイの育て方まとめ
  11. 害虫対策
  12. 病気対策


ハクサイの育て方は?失敗しないハクサイ栽培のコツ

ハクサイは害虫の被害が多く栽培管理が少し多めですが、害虫の対策をしっかり行えば初心者でも栽培は容易で簡単に育てることができます。

ハクサイ栽培の育て方と栽培管理のコツ


栽培難易度 ★★★☆☆

ハクサイはアブラナ科の大型の野菜ですが、大きなプランターや鉢を利用すれば家庭菜園でも育てることができます。

大型種のハクサイは難しいかもしれませんが、ミニ種ならベランダやバルコニーなど限られたスペースでも育てることができます。

春まきから育てるハクサイは害虫や病気の被害が多く結球させるのが難しいので、初心者の方は夏まきからがおすすめです。

ハクサイに含まれる栄養価はビタミンB・C、カルシウム・カリウムを多く含み浄血効果があると言われています。ハクサイは鍋の具はもちろん、煮物や炒め物・漬物にしたりと野菜が不足する冬場に重宝する野菜です。



ハクサイ栽培のポイント

  • 早生種を選ぶと栽培期間が短くて簡単です。
  • ハクサイの発芽適温は15~25℃、生育適温は15~20℃です。
  • 低温に合うと結球しないので種まき時期を守りましょう。
  • ハクサイは連作ができません。2~3年は間隔を空けましょう。
  • プランター栽培では苗を購入すると簡単で経済的です。
  • 水切れや肥料切れに注意しましょう。
  • ハクサイは根を浅く広く張るので堆肥などを混ぜ土壌を良く耕しておきます。
  • ハクサイは水はけの良い肥沃な土壌で育てましょう。

ハクサイには寄せ植えできる野菜(コンパニオンプランツ)があります。相性の良い野菜を組み合わせれば、同じ場所でたくさんの野菜を育てることができます。(もっと詳しく:ハクサイと相性の良いコンパニオンプランツは?



ハクサイの栽培時期

ハクサイは夏に植える野菜です。種まき時期は8月植え9月植えが可能です。品種にもよりますが、春まきもできます。収穫までは種まきから約2.5~3か月です。

ハクサイ栽培カレンダー

ハクサイの種まき時期・植え付け時期・収穫時期



おすすめの品種

ハクサイの育てやすい品種(種類)は?


ハクサイの育てやすい種類は、「お黄にいり」「黄味小町」「CR郷風」「満風」などです。

残った種は冷暗所に保管しておけば、2~3年は保存することが可能です。初心者は幼苗期の害虫被害を防ぐ意味で苗から購入することをおすすめします。


楽天市場の人気のハクサイの種一覧はこちら(クリック)
amazonの種一覧はこちら(クリック)



ハクサイの栽培方法

ハクサイはプランター栽培でも露地栽培でも育てることができます。ハクサイ栽培の準備から収穫までの流れを丁寧に解説します。

栽培前の準備

ハクサイの栽培を始める前にしておくことは、「道具と栽培用土の準備」栽培地の「土作り」「畝作り」などです。

ハクサイの育て方


プランターサイズ

ハクサイは根を広く張るため栽培するときのプランターサイズは大型タイプ(60㎝以上)のものを利用しましょう。

ミニ種の場合は、標準サイズのプランターでも2株は十分に育てる事ができます。

ハクサイ栽培に使う用土


栽培用土の種類

ハクサイの栽培用土は排水性が良く肥沃な土を利用するのがポイントです。市販の葉野菜戦勝の用土を利用すれば、袋を開けてすぐに植え付けできて便利です。

自分で用土を配合する時は、赤玉土7:腐葉土2:バーミキュライト1、それに石灰を用土10ℓ当たり10~20gと化学肥料を用土10ℓ当たり10~20gを混ぜ合わせた物を使います。

プランターに入れる用土の量


プランターに入れる用土は、ウォータースペースが残る程度、鉢の縁から5cm以上低くしておきましょう。この理由は栽培の途中でまし土(用土を足す)をするからです。

用土を入れ過ぎると、株よせをする時にプランターの縁より用土が流れて、水やり時や降雨時にベランダが汚れる原因となります。

土作り

ハクサイを露地栽培で育てる時は、植え付けの10日以上前に、石灰を150g/m2・堆肥を2kg/m2・化成肥料を(15:15:15)100g/m2を施して十分に耕しておきます。

畝作り

ハクサイに適した畝ですが、畝幅は1条植えで60㎝、2条植えで120cm、畝の高さは10~15cmの平畝です。



種まき

ハクサイの種まき時期・発芽温度・種のまき方・種まき後の管理など種から育てる方法を詳しく解説します。

ハクサイの種のまき方


ハクサイを種から育てる

ハクサイは直まきとポットまきができます。

直まきはポットまきよりも収穫までは短くなりますが、発芽を揃えるのが難しいうえ、幼苗期は害虫の被害に遭いやすいのでポットまきの方が簡単でおすすめです。

種をまく時期

ハクサイの種まきは夏(8月~9月)です。春まきもできますが、高温に弱いのでミニ品種や早生種を選ぶようにしましょう。

発芽適温

ハクサイの種の発芽に適した温度は20~25℃です。

発芽日数

ハクサイは種をまいてから条件が整っていれば2~3日で発芽が始まります。気温が低かったり高かったりすると日数は前後します。(参考:ハクサイが発芽しない原因と対策

種のまき方

9㎝ポットに種を子葉(双葉)が触れ合わない間隔で1か所あたり2~3粒まきます。ハクサイの種は好光性種子なので種は浅くまきます。

発芽には光が必要なので、種に被せる用土の厚みは5~10mmにしましょう。

本葉が4~5枚になるまでそのままポットで育てます。

ハクサイを畑に直まきするときは、1箇所あたり種を4~5粒点まきしましょう。直まきは発芽が揃いにくいので、ポットまきよりも種を多めにまいておくようにします。



間引き

ハクサイの苗を間引く時期(タイミング)と苗の間引き方について詳しく解説します。

間引き方(間引きのタイミング)


間引きの時期(タイミング)

夏まきのハクサイは、種をまいてから3~4日で発芽が始まります。(栽培環境によって日数は前後します。)

ポットまきでは本葉が出る頃に、元気な苗を1本だけ残して他は全て間引いてしまいましょう。

直まきしたときは本葉が触れ合うタイミングで間引きをして、5~6枚になる頃に1本立てにします。

ハクサイの間引きのタイミング


間引きのコツとポイント

・ハクサイの幼苗の子葉が落ちてしまうことが良くありますが、これは水切れと肥料切れが十分でない時に起きる現象です。

・種まきや育苗で使う用土は新しいものを使って、種まき後は水切れを起こさないようにしましょう。

・早い時期に苗を間引くと、途中で枯れたり害虫の被害にあったときに苗がなくて困ることになります。生育の様子を見ながら適度なタイミングで間引きをするのがポイントです。



苗の植え付け

ハクサイの苗の植え付ける時期や苗の植え付け方について詳しく解説します。

ハクサイの苗の植え付け方


良い苗の選び方

ハクサイは育てる株数が少ない場合は、ホームセンターなどで購入した苗から育てるのも良いでしょう。

お店で苗を買う時にチェックするポイントは本葉の枚数です。本葉が多すぎる苗は植えてからの根付きが悪いので、本葉は4~5枚までの苗を選びましょう。

ハクサイを苗から育てる


ホームセンターで売っているハクサイの幼苗には、害虫(アオムシ類)の卵や小さな幼虫が付いていることも多いので、しっかりチェックしておきます。

ハクサイ栽培が難しいと言われるのは害虫が発生しやすい事が理由の一つです。特に幼苗時期は害虫の被害に遭いやすいので害虫対策は必須です。

害虫を放っておくと一晩で苗が全滅してしまう事もあるので注意しましょう。

苗を植える時期

ハクサイを苗から育てるときは8月下旬~9月末までに植え付けを終わらせましょう。

ハクサイは植え付け時期がとても大切です。植え付け時期が遅かったり根を傷めて活着が悪かったりすると葉数が少なくなってしまいます。(参考:ハクサイが育たない原因と対策

苗を植える間隔

ハクサイは結球が始まるまでに葉を大きく育てること大切です。株を大きくするために日当たりと風通しがよくなるように植え付け間隔をしっかりと確保してやりましょう。

プランター栽培では株と株の間隔を40㎝以上、露地栽培の場合は最低でも50㎝以上は株間を確保しておきます。

ハクサイは株の間隔が狭いと養分と水分を奪い合って葉数が少なくなったり結球しなかったりすることがあります。株間をしっかりと確保しましょう。(参考:ハクサイが結球しない・葉が巻かない原因

ハクサイの植え付け時期


苗の植え方

苗の植え付け方ですが、ポリポットより一回り大きい植え穴を掘っておきます。

植え穴の用土は根が張りやすいようにほぐしておく、底を平らにして根鉢と用土の間に隙間ができないようにしておくのが早く根付かせるポイントです。

根鉢を壊さないように丁寧にポリポットから取り出して穴の中に丁寧置きます。

ハクサイの苗の植え方


ハクサイの苗を植え付けた後は、株元に土寄を行って周囲の土を軽く手で押さえて根と土を密着させておきます。

ハクサイの苗を植え付けた後は根付くまでたっぷりと水を与えましょう。

ハクサイの苗が根付いたサインは葉が急激に育ち始めた時。そこで根付いたかどうかの判断をします。日数で言えば、植え付けから約1~2週間程度で根付きます。

苗の植え付けのコツとポイント

ハクサイの根は切れてしまうと新根が出にくい性質なので根鉢を壊さないように注意しましょう。

葉数が十分揃っていない状態で低温にさらされてしまうと結球しない原因になります。




栽培管理

土寄せ(まし土)

ハクサイは土寄せをしないと苗が倒れてしまいます。雨が降った後や水やり後に土が流れてしまった時は土寄せをしっかりと行うようにしましょう。

ハクサイの土寄せ


土寄せの時期(タイミング)

ハクサイの土寄せ(プランターではまし土)は株元の茎の部分が長くなってきたときや追肥のタイミングに合わせて、収穫までに2~3回ほど行いましょう。

土寄せのやり方

土寄せのやり方ですが、株周囲の用土の表面を軽くほぐして株元に寄せて手のひらで軽く押さえておきます。プランター栽培では新しい用土を足しておきます。

土寄せのコツとポイント

・ハクサイは株元の土寄せをしっかり行う事で、結球期以降の株をより安定させることができます。

・ハクサイは結球が始まってから用土の表面に伸びる細根を傷つけると生育不良の原因になるので、自信がない方は土寄せは行わないようにしましょう。



下葉かき(摘葉)

ハクサイの葉が傷んだ時はどうすればいいのでしょうか。ハクサイの摘葉のやり方やタイミングなどを解説します。

ハクサイの摘葉


ハクサイの傷んだ葉を切り取らずにそのまま放置してしまうと、その部分から病気が発生する原因となり、病気が他の株に蔓延してする原因になります。

ハクサイは外葉が黄色くなって萎れたものや害虫の被害にひどく遭った葉は早いうちに摘み取ってしまいます。

ただし、結球が始まるまでに葉数が少ないと大きな球が出来なくなってしまいます。葉を摘み取り過ぎないようにしましょう。トンネル掛けなどで害虫の被害を予防することが大切です。



冷害対策と霜対策

ハクサイの霜対策と冷害対策


ハクサイは低温に強く、寧ろ寒さが厳しくなって霜が降りるようになるほど甘味が増していきます。

ハクサイは寒さに強い野菜とは言え、極寒期にそのままにしておくと冷害に遭って結球部が傷んでしまうので簡単な冷害対策を行いましょう。

ハクサイの外葉を1枚取って結球部分の上に被せて残りの外葉で包むようにして紐で縛っておけば、寒さや霜からの被害を防ぐことができます。この状態だと植え付けたまま2月頃まで畑に置いておくことができます。

害虫の被害に遭って外葉を摘み取ってしまった時は代わりに新聞紙で覆ってやりましょう。



水やり

ハクサイは水やりのタイミングと与える量・回数が球を大きくするためのポイントです。ハクサイの水やりについて詳しく解説します。

ハクサイの水やりの頻度


水やりの頻度

ハクサイは種をまいたあとから発芽するまでの間と苗を植え付けてから根付くまでの間は、用土の表面が乾かないようにこまめに水やりを行いましょう。

それ以降の水やりですが、毎日水やりをする必要はなく土の表面がしっかり乾いてから行いましょう。ハクサイは乾燥を嫌いますが、多湿すぎても軟腐病にかかりやすくなります。

水やりの時間帯

朝の水やりは、気温が上がり始める前に与えます。日中の気温の高い時間に与えると、太陽光で根を傷めたり、水滴がレンズ代わりになって茎葉を傷めてしまいます。

夕方の水やりは気温が下がってから。ただし、気温が下がる秋以降は、夕方から夜間にかけての水やりは病気が発生しやすくなるので控えるようにしましょう。

水やりの量と与える頻度


1回あたりに与える水の量

プランター栽培の場合は、鉢底から水が染み出るまで水やりをします。露地栽培では1株あたり約1.5~2L与えます。

雨の日や曇りの日は多湿になりやすく病気の発生を助長するので水やりをする必要はありません。

ただし、マンションのベランダなどの雨が当たらない場所で栽培しているときは、雨が続いていても、用土の表面が乾いてたら水やりをしましょう。そのときは、いつもより量を少なめにします。



追肥

ハクサイは追肥の量と与えるタイミングが葉を大きく美味しくするためのポイントになります。

ハクサイの追肥のタイミングと与える量


追肥の時期

ハクサイは元肥を十分に与えておくようにしますが、結球を始める時期にもう1度だけ速攻性肥料を畝の肩に与えると更に結球しやすくなります。

肥料の種類

追肥に使う肥料の種類は即効性(効きが早い)のもので、チッソ比率の高いものがおすすめです。成分が分からないときは園芸店などで葉もの野菜専用の肥料を使うと簡単です。

1回あたりの追肥の量

キャベツの追肥の量ですが、1株あたり化成肥料を約10g、葉の広がりに沿ってまき、表面の用土と軽く混ぜ合わせておきましょう。

株元付近で混ぜ合わせると表面の根を傷めてしまう事があるので、少し離れたところで混ぜ合わせるのがポイントです。

追肥のコツとヒント

ハクサイをプランターや鉢などの弱い土壌で育てる時は、植え付け2週間後から結球するまでの間、水やりを兼ねて週に1回、液肥を与えましょう。化成肥料の場合は2週間に1回程度与えます。

肥料不足を起こすとハクサイは結球しないので軟弱土壌で育てる時の肥料切れには注意が必要です。



収穫

ハクサイの収穫時期(収穫のタイミング)と収穫の方法について詳しく解説します。

ハクサイの収穫


収穫時期(タイミング)

ハクサイは種をまいてから75日~100日(苗からだと60日~80日)で収穫適期になります。ミニ種の場合は種を植えてから約40日で収穫適期です。

栽培環境や品種によっても収穫までの日数が変わります。

見た目で収穫適期を判断する

ハクサイの収穫適期を判断する方法ですが、結球した頭の部分を手で押さえてみましょう。株の先端部分が固く締まっていれば収穫のタイミングです。


ハクサイの収穫までの日数、収穫適期の見極め方


収穫方法

ハクサイを収穫方法ですが、結球部を手で斜めに倒して株の根元付近をナイフで切り取って収穫します。このときは外葉も一緒にざっくり切り取ってもかまいません。

外の固い葉は株を切り取ったあとに処分するのが楽に収穫するコツです。きれいに球だけを収穫する必要はありません。

保存方法

収穫したハクサイはそのまま常温に置いておくとすぐに傷んでしまいますが、新聞紙などに包み温度変化の少ない冷暗所で保管しておくと鮮度は長持ちします。

ハクサイは防寒対策をしておけば畑で保存することが可能です。使う量だけ収穫して使わない株は抜かずにそのまま畑に置いておくと良いでしょう。

万が一、ハクサイが結球しなかった場合は、そのまま育てると春にトウ立ちしていずれ花が咲きます。

ハクサイの花はお浸しや辛し和えにすると大変おいしいので、結球が上手く行かなくても抜き取らずにそのまま育てるのもいいかも知れません。



ハクサイの育て方まとめ

ハクサイはとにもかくにも十分に元肥を与えておくことです。ハクサイが結球しない原因の大半は肥料切れと水切れによるものです。

ハクサイの育て方まとめ


ハクサイ栽培のコツは、植え付ける畑をしっかりと耕しておくこと、腐葉土や堆肥などを混ぜてふかふかの土作りをしておくことです。

ハクサイは植え付け時期が遅いと結球に必要な葉数が足りないまま冬越しすることになるので植え付け適期を守りましょう。

ハクサイは日当たりのよい場所を好みます。根を浅く張る性質をしているので、株間をしっかりと確保することが球を大きくするポイントです。



害虫対策

ハクサイに発生しやすい害虫は、アオムシ・ヨトウムシ・アブラムシ類・ハイマダラノメイガ・ダイコンハムシ・タマナンキンウワバ・コナガです。

ハクサイの害虫対策


育苗期と植え付けてからしばらくの間は、寒冷紗などをトンネル掛けして害虫被害から守るように対策しておきましょう。

成長点が食害されると生育が止まり、結球しなくなるので、結球が始まった頃の害虫チェックは毎日忘れずに行うようにします。

ハクサイは害虫に成長点を食べられないようにすることも大切。ハクサイの生育初期は害虫被害に遭いやすいので特に注意しましょう。

毎日苗を観察することが大切です。「葉に穴があいていないか」「食いちぎられた葉がないか」を、こまめにチェックしましょう。早期発見を心掛れば被害を最小限に食い止めることが可能です。



病気対策

ハクサイに発生しやすい病気は、菌核病・尻腐病・軟腐病・黄化病・根こぶ病などです。


発生原因は高温多湿によるものが大半です。水やりは回数を少なめにして1回あたりの量を多くするのがポイントです。

気温が高いと病気が発生しやすくなるので、夏まきでは植え付け時期をできる限り遅くすることも有効な手段です。

毎日水やりをする必要はなく、土の表面が乾いたタイミングで与えるようにしましょう。

プランターや大鉢でハクサイを育てる時は、プランターの底に鉢底石や発泡スチロールを敷き詰めるなどして、水はけをよくすることが病気の抑制に繋がります。

また、ハクサイと同じアブラナ科の野菜を連作することも病気に掛かる原因になります。同じ場所にアブラナ科の野菜を栽培しないように栽培計画を立てましょう。

 はてなブックマークに追加


ひとつ前のページに戻る

葉菜類(葉野菜)の種類と育て方

家庭菜園で簡単野菜作りVegetablesBeginnersGuide!