本文へスキップ

玉レタス育て方

玉レタスの育て方と栽培管理のコツ

 はてなブックマークに追加


野菜栽培士が玉レタスの育て方を画像を交えて詳しく解説します。失敗しない玉レタス栽培。種まきから収穫まで玉レタスの育て方のコツと栽培のポイントをレクチャー!

玉レタスの育て方と栽培管理のコツ


玉レタスの作り方はプランターでも露地でも簡単です!水やり・追肥・病気対策・害虫対策など。家庭菜園で立派な玉レタスを育てましょう!


Contents Menu

  1. 玉レタスの植え付け時期
  2. 玉レタス栽培コツとポイント
  3. 育てやすい品種
  4. プランターと土作り
  5. 種まき(種から育てる)
  6. 玉レタスが発芽しない原因と対策
  7. 間引き
  8. 苗の植え付け
  9. 玉レタスが育たない原因と対策
  10. 水やりの頻度と与える量
  11. 追肥の時期と与える量
  12. 玉レタスの収穫
  13. 玉レタス育て方まとめ
  14. 玉レタスが結球しない・葉が巻かない原因と対策
  15. 害虫対策
  16. 病気対策

玉レタスの育て方と栽培のコツ

玉レタスの育て方と栽培のコツ


玉レタス栽培
難易度★★★☆☆

玉レタスは結球レタスとも呼ばれています。玉レタスは冷涼な気候を好むので春と夏に栽培できますが、初心者は気温が下がっていく秋植えがおすすめです。

玉レタスの栄養価は含まれる量は少なめですが、様々な栄養素をバランス良く含んでいる野菜で、β-カロチン、ビタミンC、E、カルシウム、鉄、カリウム、食物繊維などが含まれています。

玉レタスは栽培が難しいイメージがあるかも知れませんが、実は非結球レタス同様に簡単に育てられる野菜です。秋まきなら結球させやすいので、初めて玉レタス栽培にチャレンジするなら秋からがおすすめです。




球レタスの植え付け時期


玉レタスは春に植える野菜です。(3月植え4月植え5月植え)と夏に植えることもできます。(8月植え9月植え)収穫までは種まきから約2か月です。


玉レタスの栽培カレンダー

玉レタス栽培カレンダー



玉レタス栽培のコツとポイント

  • 玉レタスの発芽適温は15~20℃前後、生育適温は15~20℃。涼しい気温を好みます。
  • 玉レタスは連作不可。同じ場所に植える時は2年以上空けましょう。
  • 栽培期間が短いため元肥を中心に育て、酸性土壌にならないよう苦土石灰で中和して育てます。
  • 害虫を防ぐために防虫ネットを利用しましょう。
  • 夏まきの場合は発芽をよくする催芽処理をしてから種まきを行う。
  • 肥料不足だと結球しないことがあるので元肥をしっかりと施す。


玉レタスの育てやすい品種

玉レタスの育てやすい品種


玉レタスは丸型の結球種(クリスプヘッド)、やや丸型の半結球種(バターヘッド、コスなど)に分かれます。

春どりは「サリナス」「グレイトレイクス」、夏秋どりは「サリナス」「フルトン」、冬どりは「サリナス」「グレイトレイクス」。

初心者は種まきから収穫期間が短く病気虫の心配が少ない早生品種を選ぶと良いでしょう。


楽天市場でおすすめの玉レタスをCheckする

Amazonでおすすめの玉レタスをCheckする



玉レタスのプランター栽培

玉レタスは露地以外でも、プランターや植木鉢で簡単に栽培することができます。

玉レタス栽培で使うプランターサイズ


玉レタス栽培に使うプランターサイズ

玉レタスを育てるときのプランターサイズは、小型(20㎝~40㎝)または、標準タイプ(60㎝~65㎝)以上を利用しましょう。

玉レタスは根を浅く張る性質をしているため、浅型のプランターでかまいません。


プランターに入れる用土

玉レタス栽培で使う用土は市販の培養土を利用すると袋から開けてすぐに使えて便利です。葉野菜用で肥料入りの用土がおすすめです。

玉レタスに使う用土(用土の配合)


自分で用土を配合する時は、赤玉土7:腐葉土2.5:バーミキュライト0.5、それに石灰を用土10ℓ当たり10~20gと化学肥料を用土10ℓ当たり10~20g混ぜ合わせた物を用意しましょう。

土壌酸度

玉レタス栽培に適した土壌酸度(pH値)は、6.0~6.5です。

苦土石灰をを入れて酸度調整をしておきましょう。pHを1.0上げるには石灰が1㎡あたり400g(60cmのプランターで約50g)が目安です。

植え付けの直前に石灰を入れると根を傷めてしまうので、最低でも約2週間前には酸度調整を完了させておきましょう。


プランターに入れる用土の量

玉レタスの土作り


玉レタスは多湿を嫌いますのでプランター底には水はけを良くするために、赤玉土を底が見えない程度敷き詰めてやります。

その上はウォータースペースを残してプランターの8分目まで用土を入れましょう。



玉レタスの種まき

玉レタスの種まきは、直まきとポットまきができます。気温が低い時期や高い時期は、直まきよりもポットまきがおすすめです。

玉レタスの種まき


玉レタスを種から育てる

玉レタスを種から育てるときは温度管理と水やりがポイントです。玉レタスは気温が高すぎるとうまく発芽しません。

水切れに注意して、高温期は涼しい場所で、低温期はハウス内などで発芽させましょう。

種まき時期

玉レタスの種まき適期は2~3月と8~9月です。

発芽適温

玉レタスの発芽適温は15~20℃です。

種をまく深さ

玉レタスの種をまく深さは5mm以下です。好光性種子なので発芽には光が必要です。


種をまいた後にすること


種のまき方

玉レタスは間引き菜を収穫しながら育てるので筋まきがおすすめです。

条間を20cm以上あけて1cm間隔ですじ状に種をまきましょう。長い棒などを押し付けて溝をつけると上手に種をまくことができます。

種をまいた後は用土を上から軽く手で押さえて、種と土と密着させておきましょう。


点まきするときは、種を1か所あたり4~5粒まいて薄く土を被せます。瓶の底を押し当てて深さを均一にすると発芽が上手く揃います。

直まきでは発芽が始まるまでは乾燥と気温の上昇を抑えるために新聞紙などで覆っておきましょう。

芽が出て本葉1~2枚の頃に成長の良い苗以外は間引いて一本立とします。間引いた苗もベビーリーフとして利用することができます。

種まきのコツとポイント

玉レタスの種は吸水させてから、ポリ容器などに湿らせたペーパータオルを敷き、2~3日間ほど冷蔵庫に入れておくと発芽が促進されます。



間引き

玉レタスの間引きいつやるの?間引きのタイミングと間引き方を解説します。

玉レタスの間引きのタイミング


間引きのタイミング

玉レタスを直まきした時は成長に合わせて間引き作業を行って葉が込み合わないようにしましょう。

1回目の間引きのタイミングは発芽が揃って葉と葉が触れ合ったときです。

2回目以降は苗の成長に合わせて1回目と同様に葉と葉が触れ合うタイミングで定期的に間引きます。間引いた苗は間引き菜として食べることができます。

玉レタスの間引き方


ポットまきでは発芽が揃ったときが1回目の間引きのタイミング。1か所あたり3~4本に間引きます。

双葉のバランスが良く緑の濃い元気の良い苗を残しましょう。最終の間引きは本葉が3~4枚になった頃です。

間引きのヒント

株間が狭いと株が小さく育ってしまうので、隣同士の株の葉が触れ合うようになったらその都度間引きを行うのが苗を大きくするポイントです。



玉レタス苗の植え付け

玉レタスを種から育てるのが難しいと感じたら、園芸店などで売られている苗から育ててみましょう。


苗の植え付け時期

玉レタスの苗の植え付け時期は春植えは3~4月、秋植えは9~10月です。本葉が4~5枚になった頃が植え付けのタイミングです。

苗を植える間隔(株間)

玉レタスは外葉が大きく広がるので、プランターでは25㎝以上、露地栽培では35㎝以上株間を取って植え付けましょう。

苗を植える時間帯

玉レタスの苗の植え付けは、気温が低い季節は午前中、夏場の高温期は午後の涼しくなりはじめる時間帯がおすすめです。夏場の気温が高くなるときに植えると萎れの原因になるので注意しましょう。

玉レタスの苗の選び方

玉レタスの良い苗


玉レタスの良い苗は、本葉が4~5枚で葉の艶が良く葉先が萎れていない元気なものです。アオムシなどの幼虫や卵が付いている苗や害虫の食害跡がある苗も避けましょう。

苗の植え方

玉レタスの苗の植え方


玉レタスの苗の植え方ですが、プランターに入れる用土の量は根鉢の高さより少し低い位置まで入れておきます。

根鉢を壊さないようにポットから苗を取り出して、用土の上に苗を置いたあと、周りに用土を入れます。プランターをゆすり土を落ち着かせ株元を軽く押さえておきます。

玉レタスの植え付け方


植え付けた後は用土と根鉢の間に隙間ができないように株元を手で軽く押さえておきましょう。

植え穴を掘るやり方もありますが、根鉢の底に隙間ができると根付くのに時間がかかります。

苗の植え付けのコツとポイント

玉レタスは苗を深植えすると球が大きくならないので根鉢の肩が少し出るくらいに植えましょう。

隣接して植えすぎると日当たりが悪くなったり害虫の棲家になったりしてしまいます。



 玉レタスの水やり

玉レタスは水やりが多く多湿環境が続くと病気の原因となります。回数は少なめにして1回の水やりの量を多くするのがポイントです。

玉レタスの水やり


水やりの頻度

種をまいてから発芽が揃うまでと苗を植えて根付くまでの間は用土の表面が乾くタイミングで水やりをしましょう。

それ以降は少し乾燥気味で育てた方が味の良い玉レタスが育てられます。結球が始まってからの水やりは、用土の表面が乾いた時に与える程度でかまいせん。

1回あたりの水やりの量

プランター栽培では鉢底から染み出るくらいたっぷりと与え、露地栽培では1株あたり1.5~2Lが目安です。表面だけでなく用土の中に染み込むまで与えましょう。

水やりのコツとポイント

苗が小さいうちは、苗が倒れないように丁寧に水やりをしましょう。ジョウロの水を手に受けて株と株の間に水をかけるのが玉レタスを上手に育てるポイント。



玉レタスの追肥

結球レタスは非結球レタスに比べると生育期間が長いので、元肥(堆肥か化成肥料)をしっかり与えて、タイミングよく追肥を行うことで大きな玉レタスを収穫できます。

玉レタスの追肥の時期と与える量


追肥の時期

追肥は苗を植えて約2週間経った頃から追肥を開始します。種から育てる場合は、2回目と3回目の間引きのタイミングで与えます。以降の追肥は2週間おきに与えましょう。

1回あたりの追肥の量

玉レタスの1回あたりの追肥の量ですが、化成肥料を約10gが目安です。株元から少し離れた場所に化成肥料をパラパラとまいて、表面の用土と軽く混ぜ合わせて株元に寄せておきます。

結球が始まる頃は最も肥料を必要とする時期です。この時期は忘れずに追肥を施しておきましょう。



玉レタスの収穫

玉レタスの収穫


収穫時期

玉レタスは苗を植え付けてから50~60日(種まきからは70~80日)で収穫適期になります。

見た目で収穫時期を判断する

収穫適期の判断の仕方ですが、結球した玉を手で押してみて固く締まっていたら収穫のタイミングです。

完全に結球してしまうと苦みが出てしまいますので、8割程度結球した頃に収穫するようにしましょう。

玉レタスの収穫時期と収穫方法


収穫方法

玉レタスは、外葉を広げて球の部分出して、地際付近の茎をナイフで切り取って収穫しましょう。

収穫の際に切り口が濡れるとレタスが腐りやすくなるので、雨の日の収穫は避けるようにしましょう。

ちなみに玉レタスの切り口から出る白い汁は新鮮さの証。鮮度が落ちた玉レタスは切り口が茶色くなっていきます。



玉レタスの育て方まとめ

玉レタスの育て方まとめ


玉レタスは日当たりのよい場所で育てると早く収穫できますが、夜間の照明が当たりすぎるトウ立ちしてしまい結球しにくくなります。

ベランダで育てる時は室内の照明や外灯の光が当たらない場所に移動させましょう。

水やりは土が乾いた時にやる程度で十分です。肥料は元肥の堆肥や化成肥料だけでも十分育ちますが、結球を大きく丸くするには2週間おきに追肥を与えると上手に育てられます。

玉レタス栽培のコツとポイント


幼苗の時代に外葉を大きくできるかが球を大きくするポイントです。苗が小さな時期に即効性の追肥をしっかりと与えるようにしましょう。

玉レタスは肥料不足になると結球しない(葉が巻かない)ことがあります。元肥もしっかりと施しておきましょう。

レタスは高原野菜と呼ばれるほど、冷涼な気候を好む野菜です。気温が25度以上になると発芽率が一気に下がるので、種まきの時期を間違えないことが収穫まで辿り着くポイントです。

玉レタスは春まきと夏まきができますが、夏まきの時は休眠している種を冷蔵庫で冷やして休眠打破して発芽を促しましょう。

玉レタスには連作障害があります。同じ場所に連続して植えると途中で病気になったり萎れたりします。最低でも2年以上は間隔をあけましょう。



玉レタスの病気対策

レタスの病気の種類は、べと病、菌核病、軟腐病、灰色かび病などがあります。


玉レタスは冷涼な気候を好み多湿を嫌う性質があります。根を浅く張るので排水をよくすることが病気にかからないための最大のポイントです。

高温多湿の環境が続くと腐敗することが多くなります。連作すると障害が発生しやすくなるため、キク科以外の野菜と輪作しましょう。(参考:野菜の病気対策




玉レタスの害虫対策

玉レタスに発生しやすい害虫は「オオタバコガ」「カブラヤガ」「センチュウ類」「ネキリムシ」「ヨトウムシ」などです。

球レタスの病気虫対策


特にネキリムシ類の被害は甚大です。発見したら被害を受けた株付近の土を掘って害虫を早期に駆除するようにしましょう。

春まきは外注の被害を受けやすいため、マルチ栽培を行うと害虫を防ぐことができます。(参考:野菜の害虫対策



 はてなブックマークに追加


葉菜類(葉野菜)の種類と育て方

家庭菜園で簡単野菜作りVegetableBeginnersguide