本文へスキップ

シシトウの育て方は?

シシトウは春から秋が栽培時期で収穫まで約3か月です。1か所あたり3~4粒深さ5mmで種まきをして、発芽後したら本葉が1~2枚の頃に元気な苗を1本残して間引きます。収穫までの作業は、支柱立て・水やり・追肥・土寄せなどです。

 はてなブックマークに追加


シシトウの育て方


シシトウの種まきから、間引き方、苗の植え付け方、支柱立て、追肥、水やり、病害と害虫の対策、収穫まで、シシトウ栽培のコツを野菜栽培士が詳しくレクチャーします。

プランター栽培と露地栽培で上手に失敗なしでシシトウを育てましょう。

シシトウ栽培の流れ

  1. シシトウの育て方は?失敗しないシシトウ栽培のコツ
  2. シシトウの栽培時期は?
  3. 育てやすい品種は?
  4. 栽培前の準備プランター栽培用土土作り畝作り
  5. 種まき
  6. 間引き
  7. 苗の植え付け
  8. 栽培管理支柱立て仕立て脇芽取り摘果水やり追肥
  9. 収穫
  10. 病気対策
  11. 害虫対策
  12. シシトウの育て方まとめ

シシトウの育て方は?失敗しないシシトウ栽培のコツ

シシトウ育て方と栽培のコツ


栽培難易度 ★☆☆☆☆

シシトウはシシトウ科の野菜で、果実の先端部分を上から見ると獅子の頭に似ていることから獅子唐辛子と言います。一般的な呼び名はトウガラシを略して「シシトウ」です。

シシトウはトウガラシが赤くなる前の未熟果でピーマンの仲間。シシトウは品種改良された辛みが少ないトウガラシの甘味種で、丈夫で育てやすい品種です。

シシトウの原産地は南アフリカで高温に強い野菜です。

シシトウについて


どの品種でも基本的なシシトウの育て方は同じですが、環境や天候(雨)などによって辛さが変わることがあります。辛みが苦手な方は甘長などの辛みが少ない品種がおすすめです。

シシトウはビタミンCやカロチン・ビタミンEなど抗酸化作用の強い栄養素多く含む健康野菜。匂いの成分であるピラジンは血液をサラサラにし、脳梗塞や心筋梗塞の予防に良いとされています。

シシトウ栽培で失敗しないポイント

  • 生育適温は22~30℃で低温に弱く高温にかなり強い。
  • シシトウには連作障害があります。最低でも3年は間隔を空けましょう。
  • シシトウの根は浅く張るため、土壌が乾燥しやすいので水やりはしっかりと。
  • 果実に養分を取られて株が疲れないように早期収穫を心掛けましょう。
  • 水不足や肥料切れになると辛みが出るので注意しましょう。
  • シシトウの花は雨に当たると落花してしまうため、軒下などの雨に当たらない場所で育てるのがポイントです。

シシトウには寄せ植えできるコンパニオンプランツがあります。相性の良い野菜を組み合わせれば、同じ場所でたくさんの野菜を育てることができます。(参考:シシトウと相性の良いコンパニオンプランツは?


シシトウの栽培時期は?

シシトウは春に植える野菜です。シシトウの種まきはハウスまきで2月から。シシトウの苗の植え付けは4月~6月です。収穫時期は種まきから約4か月で、6月下旬~10月中旬頃まで。


シシトウ栽培カレンダー

シシトウ植え付け収穫カレンダー



シシトウの育てやすい品種は?

シシトウは病害虫に強く丈夫な野菜なので、どの品種でも比較的簡単に育てることができます。

シシトウ品種おすすめ


シシトウにはいくつも種類があって、それぞれ特徴が違っています。

シシトウの小果で育てやすく味が良いとされるのは「翠光」「翠臣」など、長果では「伏見甘長」「万願寺トウガラシ」などです。

ただし、シシトウを種から育てる時は育苗期間がかなり長いので、初心者は苗から購入して育てると収穫まで上手く辿りつけます。

楽天市場でおすすめのシシトウをCheckする

amazonでおすすめのシシトウをCheckする


シシトウの栽培方法

シシトウはプランター栽培でも露地栽培でも育てることができます。シシトウ栽培の準備から収穫までの流れを丁寧に解説します。

栽培前に準備しておくことは?

シシトウの栽培を始める前にしておくことは、「道具と栽培用土の準備」栽培地の「土作り」「畝作り」などです。

シシトウに合ったプランターの大きさ

プランターの選び方は?

シシトウを栽培するときのプランターサイズは標準タイプ以上(60㎝~)を利用しましょう。

シシトウは深型のプランターがおすすめです。大型で深型の植木鉢でも栽培できます。浅型のプランターでは根詰まりするので注意しましょう。


シシトウは多湿を嫌います。プランター栽培ではメッシュ付きのプランターか網に入れた発泡スチロールを底が見えない程度まで敷き詰めて水はけをよくしておきましょう。


栽培で使う用土の種類は?

シシトウ栽培に使う用土は、市販の野菜の土「実野菜用」を利用すれば、袋から開けてすぐに植え付け出来るのでおすすめです。

シシトウ栽培に使う用土


シシトウの栽培用土を自分で配合するときは、赤玉土6:腐葉土3:バーミキュライト1、それに石灰を用土10ℓ当たり10gと、化学肥料を用土10ℓ当たり10~30gを混ぜ合わせましょう。


プランターにはウォータースペースを残すために、土を入れる量は全体の8分目程度までにしておきます。

この理由は、まし土のときや水やりのときに水や泥があふれるのを防止するためです。

露地栽培の土作りと畝作り

シシトウの露地栽培の土作りは、種まき(苗の植え付け)の2週間前までに酸度調整を終わらせましょう。

ピーマンの元肥


土作りのやり方は?

シシトウを露地で育てるときの土作りですが、種まき(植え付け)の約2週間前に、1㎡あたり堆肥を3kg、化成肥料(15:15:15)を150gを施してよく耕しておきます。

土壌の酸度調整

シシトウにに適した土壌酸度はpH6.0~6.5です。苦土石灰をを入れて酸度調整をしましょう。(pHを1.0上げるには石灰が1㎡あたり400g必要になります。)

植え付けの直前に石灰を入れると根を傷めてしまうので注意が必要です。

畝作りのやり方は?


畝は用土をよく耕してから作りましょう。畝は高畝で、畝幅は50~60cm、畝の高さは10~15cmとします。


シシトウの種まき

シシトウは種からも育てられます。気温が高くなったら直まき。気温が低い時期はポットに種をまき、保温して苗を育ててから移植する方法がおすすめ。

シシトウを直まきする時のコツ


シシトウを種から育てる

シシトウの種まきで注意するのは温度の管理です。3月はまだまだ気温が低いので日当たりのよい風の当たらない場所や、ビニルハウスなどで保温しながら発芽させましょう。

シシトウの種まき時期は?

シシトウの種をまく時期は、直まきは4月中旬以降の日中の気温が20℃を超えるようになってから。

ポットまきは2月中旬以降です。苗を植え付ける日から逆算して60~70日前に種をまきましょう。

発芽適温は?

シシトウの発芽適温は25~30℃です。シシトウの種を直まきするときは温度管理が難しいため、時期外れにまいてもうまく発芽しません。発芽には最低でも20℃以上が理想です。(もっと詳しく:シシトウが発芽しない原因と対策

発芽日数は?

シシトウは発芽適温内(25~30℃)で、5~7日で発芽します。気温が低すぎると発芽の日数は遅れます。

種のまき方


種を埋める深さは種の大きさの2~3倍が目安です。シシトウは嫌光性種子といって太陽光が強いと発芽しにくい種ですが、深くまきすぎても発芽不良の原因になります。

ポットまき

ポットまきは、1か所あたり2~3粒まきます。種を埋める深さは5~10mmです。

ポットまきでは苗の植え付けまでに2か月以上かかるため、保温をしっかり行って、用土の湿度と温度管理をしっかりと行ってください。

本葉が7~8枚になるまでポットで育苗しましょう。


直まき

直まきする場合は、1か所あたり種を3~4粒まきます。種を埋める深さは約10mmです。

気温が低い時期は、トンネル掛けやプラスチック製のドームキャップなどを被せて保温しておくと発芽が早まります。

シシトウの発芽日数


種まきのコツとヒント

種をまいた後は水をしっかりと与えましょう。

種まき後から発芽するまでの間は、土の表面が乾いたタイミングでこまめに水やりをすることが発芽を揃えるコツです。


シシトウの間引き

シシトウは本葉が出たら、元気の良い苗を1本残して他の株をすべて間引きます。

シシトウは種をまいてから約1ヶ月ほどで、本葉3枚までに株が成長します。

シシトウの間引き


発芽した苗が寒さに当たると枯れてしまうことがあるので注意しましょう。



シシトウの苗の植え付け

シシトウを種から育てるのが難しいと感じる方は、ホームセンターや園芸店で販売している苗から植え付けるのと失敗が少なくおすすめです。

シシトウの苗の植え付け


シシトウの植え付け時期は?

シシトウは4月下旬以降が苗の植え付け適期です。6月上旬頃までなら苗を植え付けても収穫までに間に合います。

生育適温は?

日中の気温が20℃を超えるようになったら。シシトウの生育適温は25℃~30℃です。

良い苗の選び方は?

シシトウを苗から育てるときは丈夫な苗を選ぶことがポイントです。葉は濃い緑色をしていて艶が良いもの、本葉が10枚程度の節間が詰まっているもの、全体ががっちりしていて茎が太いものが良い苗です。

シシトウ良い苗の選び方


苗を購入するときは、一番花が咲いているものを選ぶのがポイントです。

早くに売り出されている苗は一番花が咲いていない事があるので、すぐには植え付けず1廻り大きなポットで一番花が咲くまで育ててから植え付けましょう。

苗の植え方

シシトウの苗の植え方ですが、植える場所にポットより少し大きめの植え穴を空けておきます。

シシトウは根を垂直に深く張るので根鉢の肩が周辺の用土より少し高くなる程度に浅植えにしましょう。

シシトウの苗の植え方


苗の株元を指で挟んで根鉢が崩れないように取り出します。

穴の中に根鉢を入れ手周辺の土を寄せて手のひらで軽く植えから押さえて土と根の間に空気の層ができないようにしっかり密着しておきましょう。

苗と苗の株間はプランターでは約30cm以上、露地では40cm以上間隔をあけて植え付けます。

苗の植え付けのコツとヒント

・シシトウを植え付けるときは、晴れた日の午前中に行うと根が上手く根付きます。植え付け直後の苗は弱いので、根付くまでの間は仮支柱を立てて支えておきましょう。

・シシトウは他の野菜と混植が可能です。限られたスペースを有効に使って栽培を楽しみましょう。(もっと詳しく:シシトウと相性の良いコンパニオンプランツは?


シシトウの栽培管理

シシトウの支柱立て

シシトウは支柱を立てて株のぐらつきをおさえます。支柱を立てないと強い風で茎が折れてしまうことがあります。

シシトウの支柱の立て方


シシトウの苗は茎が弱いので、支柱立ては植え付け時に行います。長さは1m程度の支柱を垂直または合掌式にして立てます。

支柱を立てた後は、麻ひもなどで茎を軽く支柱に結んでやりましょう。支柱と茎を結ぶときに注意することは、結び目を支柱側にすることです。


シシトウの仕立て方

株間がせまいプランター栽培では主枝1本と一番花の下の枝を2本残して3本仕立てとします。地力のある露地では3~5本残しても大丈夫です。

3本の枝の先には次々と脇芽が増えていきますが、茎葉が込み合ってきたら定期的に摘葉しますが、日当たりと風通しが良ければ基本的には放任栽培でかまいません。

シシトウの摘心と仕立て方


シシトウの脇芽取り

株が小さいうちは、一番花が咲いたところ(仕立てた3本の枝)から下に伸びるわき芽はこまめに摘み取るようにしましょう。株が大きくなったらあとは放任で大丈夫です。

苗が小さい段階で不要な脇芽を伸ばすと、株が大きくならなかったり、風通しが悪くなって病気や害虫の発生の原因となります。


シシトウの摘果(摘花)

苗が小さいうちに着く1番果を摘みとることで、株の負担を大きく減らすことができます。

シシトウの摘果(一番果)


生育初期に株を大きくすることが収穫量を増やすポイントです。1番花は実を着けさせずに摘み取りましょう。

株の勢いが弱い(株の生長が遅い)と感じたときは、2~3番果まで摘み取ってもかまいません。収穫することよりも、いかに株を大きくできるかを優先しましょう。


シシトウの水やり

シシトウは正しく水やりを行うと健康な苗に育ち、立派な果実を実らせることができます。

シシトウの水やり頻度(灌水)と与える量



シシトウは土壌の乾燥に弱く水分を多く必要とする野菜です。用土の表面が乾いていたらたっぷりと水を与えるようにしましょう。

シシトウは実がなりだしてからの水やり量が少ないと実が辛くなる原因になります。

高温期は日中の気温が上がる前、夕方は気温が下がり始めた頃に与えましょう。

水やりの回数を増やすよりも、用土の表面をしっかりと乾燥させてからたっぷりと与える方が効果的です。(もっと詳しく:シシトウの正しい水やり方法


シシトウの追肥

シシトウは収穫期の途中で肥料切れを起こしてしまうと辛みが増してしまいます。追肥の時期と与える量を調整しながらしっかりと行いましょう。

シシトウの追肥


追肥の時期は?

シシトウは1番果が付いたときが1回目の追肥のタイミングです。2回目以降の追肥は2週間に1回の頻度で行います。

追肥の量は?

プランター栽培では、1株あたりに化成肥料を5~10g株の周辺にパラパラとまいて用土とまぜておきます。露地栽培では化成肥料を20~30g畝の肩に施しましょう。

果実がなり始めたら、水やりを兼ねて週に1回薄めの液肥を与えるのも効果的です。

シシトウの肥料のタイミングと与える量


シシトウの収穫期間は6月~10月までと長く、途中で肥料切れを起こすと辛みが増してしまうため、肥料切れにならない様にしっかりと追肥を行いましょう。

窒素分が多い肥料を追肥で与えると草勢が強くなり過ぎてしまって葉が必要以上に茂ってしまいます。実がなりだしたら窒素分の少ないぼかし肥料を使うようにしましょう。


シシトウの収穫

シシトウは果数が多く収穫までが短いので、株を弱らせないように収穫適期を逃さないように次々しましょう。

シシトウの収穫適期


シシトウの収穫時期は?

シシトウの収穫時期は種まきから約3か月後、苗を植え付けてから約1か月後、開花してからは約2週間です。気温や栽培条件によって日数は前後します。

収穫時期を見た目で判断する

実の大きさが小果で5~7cm、長果は10~15cmが収穫のタイミングです。

シシトウは株を疲れさせないようにするため、早めに収穫するように心掛けましょう。(もっと詳しく:シシトウの実がならない・シシトウの実が小さい原因と対策

収穫する時間帯


収穫する時間帯は?

シシトウを収穫する時間帯は朝方がおすすめ。野菜は朝から夕方にかけて光合成を行って糖分(甘み)を作りだし、夕方から夜間にかけて養分を果実に送ります。

気温が上がってからではみずみずしさが失くなってしまいます。また気温が高くなってから収穫したものは傷みも早くなります。

シシトウの収穫方法は?

シシトウは手でもぎ取ると枝が折れやすいので、ヘタの部分をハサミで切って収穫します。

シシトウの収穫時期・収穫のタイミング


収穫のコツとヒント

シシトウは株が小さいうちは3~4cmで収穫して、株の充実させましょう。大きな実をつけると養分と水分が果実に取られて株が大きくなりません。

果実が曲がったりしわが寄ったりするときは、肥料や水分が不足して株にストレスが掛かっている状態です。すべての果実を摘み取って追肥と水やりをして株の勢いを回復させましょう。


シシトウの病気対策は?

シシトウは病害に強い野菜ですが、茎葉が茂り過ぎないよう摘葉を行って風通しをよくすることが病害の対策になります。

シシトウの病気対策と治療方法


シシトウに発生しやすい病気は?

シシトウに発生しやすい病気は、青枯れ病・疫病・うどんこ病・疫病・軟腐病・灰色カビ病・斑点細菌病・モザイク病です。

シシトウがかかる病気の中でも、ウイルス病の一種「モザイク病」は野菜の不治の病で感染すると治療法がありません。

モザイク病はアブラムシが菌を運んでくるためアブラムシを見つけたら早めに駆除しましょう。

シシトウの連作障害は?

シシトウは連作障害が起こります。ウリ科、シシトウ科を植えた畑に3~4年は空けるようにしましょう。

連作すると病気にかかりやすくなるので注意が必要です。


シシトウの害虫対策は?

シシトウは害虫を見かけたら早めに駆除することが大切です。シルバーマルチなどを設置して飛来を防ぐのも有効です。

シシトウの害虫対策と駆除方法


シシトウに発生しやすい害虫は?

シシトウに発生しやすい害虫はタバコガ・ハスモンヨトウ・カメムシ・アザミウマ・ハダニなどです。

ハダニはシシトウの葉の裏に住み着き葉の養分を吸ってしまうため、葉に白い斑点が現れます。そのまま放っておくと繁殖し全体に広がってしまいます。

シシトウの害虫対策ですが、定植時に駆除粒剤を施したり、発生初期に薬剤を散布して早急に駆除します。マルチなどを設置して飛来を防ぐのも有効です。

薬剤を使うのが嫌な方は害虫の動きの遅い早朝に手でつかみ取って駆除しましょう。

アブラムシは、牛乳に少量の食用油または片栗粉を混ぜた液を、シュッと吹きかけると窒息します。


シシトウの育て方まとめ

シシトウは高温性の野菜です。気温が十分に上がってから植える方が簡単に育てられます。

シシトウの育て方まとめ


苗を購入するときは、すぐに植え付けできる1番花が咲いている苗を購入するのがベストです。

シシトウは日当たりの良い場所で育てると実がたくさんつきます。

シシトウの育て方は?失敗しないシシトウ栽培のコツまとめ


シシトウは辛みを抑えるために、収穫が始まったら水切れと肥料切れを起こさないようにしましょう。

株元の枝葉が込み合うと、病気が発生しやすくなったり害虫の住処になったりします。定期的に摘葉して、風通しと日当たりを良くしておきましょう。

 はてなブックマークに追加


ひとつ前のページに戻る

果菜類(実野菜)の種類と育て方

家庭菜園で簡単野菜作りVegetablesBeginnersGuide!