本文へスキップ

2月に植える野菜

2月に植える野菜一覧。2月植え野菜(22品種)を紹介します!2月に種をまく野菜と苗を植える野菜はたくさんありますが、外気温と地温が低いので温度を確保して栽培環境を整えてやることが大事です。

2月に植える野菜の種類

2月に植える野菜の種類は?

2月に種をまく野菜と苗を植える野菜にはどんな品種があるのでしょう。2月から育てる野菜をリスト化して難易度も紹介しているので、初心者の方でも栽培できる2月植え野菜が簡単に見つかります。

Contents Menu

  1. 2月の種まき野菜と2月に苗を植える野菜
  2. 2月に植える野菜一覧
  3. 2月植えの葉野菜
  4. 2月植えの実野菜
  5. 苗作りをする実野菜
  6. 2月植えの根野菜

動画で解説「2月に植える野菜」

YouTubeでも「2月に植える野菜」を解説しています。テキストを手元に置いて動画を一緒に見ると、より理解が深まります。チャンネル登録おすすめです。


2月に種をまく野菜と苗を植える野菜

2月に植える野菜は気温が低い時期に種をまくので、発芽するまでと育苗期間の温度管理をしっかりと行いましょう。

2月に植える野菜


2月は年間を通して最も気温が低い厳寒期です。野菜を育てるには厳しい環境ですが、夏野菜の苗作りなどがある忙しい時期になります。

2月は、育てる野菜の発芽適温と生育適温を維持できる環境を作ってやることが上手に育てるポイントです。

2月に育てる野菜は温暖な地域ではハウス無しで育つ野菜もいくつかありますが、基本は保温しながらの栽培が中心になります。(もっと詳しく:野菜の保温栽培の基本

12月に植える野菜おすすめ


春野菜の中でも結球する葉野菜や大型の葉野菜は、収穫まで2~3か月以上かかります。

4月後半の夏野菜の植え付け時期までに収穫が終わるように保温された環境下でポットに種をまき 苗が植え付けに適した大きさになるまで育てるのが一般的です。


多くの夏野菜の植え付けのリミットは5月前半なので 収穫から逆算して2月後半から、遅くても3月上旬までに苗を植え付けましょう。

このページでは、2月に種をまく野菜と苗を植える野菜がひと目で分かるように一覧にしてあります。ぜひご活用下さい。

極寒の2月ですが、寒さに負けずに家庭菜園を思いっきり楽しみましょう!


2月に植える野菜一覧

2月に種をまく野菜と2月に苗を植える野菜一覧です。難易度を見ながら自分に合ったレベルの野菜を見つけてチャレンジしてみましょう!


2月に植える野菜一覧

実野菜一覧

2月に植える実野菜は、ナス・ピーマン・シシトウ・ソラマメです

サヤエンドウの育て方 ソラマメの育て方
サヤエンドウの育て方は?失敗しないサヤエンドウ栽培のコツ ソラマメの育て方は?失敗しないソラマメ栽培のコツ
マメ科 マメ科
難易度 ★★☆ 難易度 ★★☆
種まき:1月下旬以降
育苗期間:約1か月
種まき:1月下旬以降
育苗期間:約1か月
温度:10℃以上 温度:10℃以上
連作年限:4年 連作年限:4年
保温されたに種をまいて1ヶ月ほど育苗してから移植します。1月下旬以降に種をまいて、本葉が3~4枚になったら植え付けます。苗を寒さに当てると実がよく着きます。春まき品種を選ぶのがポイントです。 保温された場所で1ヶ月ほど育苗してから移植します。1月下旬以降に種をまいて、本葉が3~4枚になったら植え付けましょう。小さな苗を寒さに当てると実がよく着きます。春まき品種を選ぶのがポイントです。

2月に苗作りをする実野菜

寒い2月から夏野菜の苗作りが始まると聞くと、少し驚いたかもしれません 育苗に時間がかかる品種は、この時期から苗作りをするのが一般的です。

2月に苗作りをする野菜


すべての夏野菜の苗を作るわけではなく 育苗に時間がかかるナス科の野菜が中心になります。

ナス科の野菜の多くは、種をまいてから植え付けできる大きさに育つまでに2か月以上かかります。

苗の植え付け適期の4月後半に間に合うように、2月から苗を育てておくというわけです。

3月後半になれば気温もじゅうぶんに上がっているので、直まきでも育てられますが 苗を早めに育てておくことで、収穫期間が長くなって収量を増やすことができます。

同じ実野菜でも、キュウリやカボチャなどウリ科の野菜は収穫期間が短いので 基本的に苗作りは3月下旬以降に行います

ナスの育て方 ピーマンの育て方
ナスの育て方 ピーマンの育て方
ナス科 ナス科
難易度 ★☆☆ 難易度 ★☆☆
種まき:2月 種まき:2月
植え付け:3月
収穫まで:4か月 収穫まで:4か月
輪作年限:3~4年 輪作年限:3~4年
ナスは2月から種まきができます。種まきは2月中旬から。ポットで育苗する期間は約1ヶ月。植え付けは気温が上がってから。秋まで収穫を楽しめます。 ピーマンは2月から種まきできます。種まきは2月中旬から。ポットまきで保温しながら育苗します。期間は約1ヶ月。植え付けは気温が高くなってから。
シシトウの育て方 ミニトマトの育て方
シシトウの育て方 ミニトマトの育て方(4月植える野菜)
ナス科 ナス科
難易度 ★☆☆ 難易度 ★ ★
種まき:2月 種まき:2月
収穫まで:4か月 収穫まで:4か月
輪作年限:3~4年 輪作年限:3~4年
シシトウは2月から種まきできます。ポットまきで育苗期間は約1ヶ月かかります。苗の植え付けは2月下旬から。1株から100個以上の果実が収穫できるお得な野菜です。 ミニトマトは2月にポットに種をまいて保温ハウスなどで加温しながら植え付け適期の4月頃まで育苗します。2月の育苗は難しいので、初心者方は苗からがおすすめです。


葉野菜一覧

2月に植える葉野菜は、カリフラワー・スティックセニョール・キャベツ・アイスプランツ・リーフレタス・球レタス・ミョウガ・カリフラワーです

カリフラワーの育て方 スティックセニョールの育て方
カリフラワーの育て方 スティックセニョールの育て方(2月に植える野菜)
アブラナ科 アブラナ科
難易度 ★★☆ 難易度 ★★☆
種まき:2月 種まき:2月
収穫まで:3か月 収穫まで:2.5か月
連作年限:1年 連作年限:2年
カリフラワーは2月に植える野菜です。種まきは2月中旬以降が適期です。苗の植え付けはは2月下旬から。霜が降りる時期はトンネル掛けで対策しましょう。 スティックセニョールは2月に植える野菜です。種まき適期は2月上旬以降。苗の植え付けは3月以降です。1つの株から小さな花蕾がたくさん収穫できます。
キャベツの育て方 コマツナの育て方
キャベツの育て方 コマツナの育て方
アブラナ科 アブラナ科
難易度 ★★★ 難易度 ★☆☆
種まき:2月 種まき:2月
収穫まで:3か月 収穫まで:2か月
連作年限:2年 連作年限:1年
キャベツは2月に植える野菜です。種まきは2月上旬です。気温が低い時期は害虫が少なく栽培は容易です。霜に当たると葉が傷むのでトンネル掛けをしましょう。 コマツナの種まきは2月から。ビニルハウスやトンネル、室内など暖かく日当たりのよい場所で育てましょう。寒さに強く栽培期間も短いのでおすすめです。
リーフレタスの育て方 玉レタスの育て方
リーフレタスの育て方 スティックセニョールの育て方
キク科 キク科
難易度 ★☆☆ 難易度 ★★☆
種まき:2月 種まき:2月
収穫まで:2か月 収穫まで:2.5か月
連作年限:2年 連作年限:2年
リーフレタスは2月から種まきできます。種まきは2月上旬から、苗の植え付けは2月下旬以降です。追肥をしながら育てると、外葉から必要な分を摘み取って長く収穫が楽しめます。 玉レタスは2月から種まきできます。種まきは2月上旬から、植え付け2月下旬以降です。葉レタスに比べ栽培期間が長く難易度は中級レベル。気温が高くなると結球しにくくなります。
ミョウガの育て方 カリフラワーの育て方
ミョウガの育て方 カリフラワーの育て方
ショウガ科 アブラナ科
難易度:★☆☆ 難易度:★★☆
植付:2月
収穫:約4か月
種まき:2月
収穫:約3か月
連作年限:1~2年 連作年限:1~2年
冬に植え付けできます。日本原産の香味野菜で高温多湿で反日蔭を好み栽培は容易です。冬になると地上部は枯れてしまいますが、翌年の春にはふたたび芽を出して収穫を続けられます。 2月以降に種をまいて保温しながら育苗しましょう。気温が高くなる前に収穫が終わるように品種は早生種(春どり)を選ぶのが成功のポイントです。種まきが遅れないように注意しましょう。
ルッコラの育て方 ホウレンソウの育て方
ルッコラの育て方 ホウレンソウの育て方
アブラナ科 アカザ科
難易度 ★☆☆ 難易度 ★☆☆
種まき:2月 種まき:2月
収穫まで:2か月 収穫まで:2か月
連作年限:1年 連作年限:1年
ルッコラの種まきは2月です。暖かく日当たりのよい場所で発芽させしょう。香りと歯ごたえのよい西洋野菜です。 ホウレンソウの種まきは2月です。気温が低い日が続くときはトンネル掛けやハウス内で保温しながら育てましょう。


根野菜一覧

2月に植える根野菜は、ジャガイモ・ニンジン・ダイコン・カブです

ジャガイモ ニンジン
ジャガイモの育て方 ニンジンの育て方
ナス科 セリ科
難易度 ★★☆ 難易度 ★★★
植え付け:2月 種まき:2月
収穫まで:2.5か月 収穫まで:4か月
連作年限:2年以上 連作年限:1年
ジャガイモは2月から植え付けできます。苗の植え付けは2月下旬が適期です。イモは種イモより上に付くのでプランターでも育てられます。初心者向けです。 ニンジンは2月から種まきできます。種まきは2月下旬から。発芽させるのが難しいので難易度は高め。種まきから発芽までを乗り越えられるかが成功の鍵です。
ダイコン カブの育て方
ダイコンの育て方 カブの育て方は?失敗しないカブの栽培方法
アブラナ科 アブラナ科
難易度 ★☆☆ 難易度 ★
種まき:2月 種まき:2月以降
収穫まで:2か月 収穫まで:1~2か月
連作年限:1年 連作年限:1年
ダイコンは2月に植える野菜です。種まきは2月下旬から。移植を嫌うので直まきしましょう。プランターで育てるなら小型のダイコンがおすすめです。 ラディッシュやコカブなど育てやすい品種が多いのが特徴です。春の高温下では生育が悪くなるので種まき時期がが遅れないように注意しましょう。

 はてなブックマークに追加


ひとつ前のページに戻る

家庭菜園の野菜栽培カレンダー

家庭菜園で簡単野菜作りVegetablesBeginnersGuide!


YouTube公式チャンネル

YouTubeの動画でも野菜の育て方や野菜作りのコツなどを分かりやすくご紹介しています。チャンネル登録おすすめです。